都道府県市区町村 > データベース検索 >このページの最後へ ▼

データベース検索■対象範囲(千葉県■表示順序(自治体コード順) ■対象自治体(市)


2017年1月1日現在の自治体構成 (最新) 検索条件を変更する


【検索数】市=37 合計=37

#自治体名等ふりがな推計人口国調人口面 積人口密度施行日
1千葉市ちば・し973,549971,882271.763,582.391921.1.1
2銚子市ちょうし・し63,21564,41584.19750.861933.2.11
3市川市いちかわ・し486,017481,73257.458,459.831934.11.3
4船橋市ふなばし・し627,073622,89085.627,323.911937.4.1
5館山市たてやま・し47,09447,464110.15427.541939.11.3
6木更津市きさらづ・し134,733134,141138.95969.651942.11.3
7松戸市まつど・し486,045483,48061.387,918.621943.4.1
8野田市のだ・し153,339153,583103.551,480.821950.5.3
9茂原市もばら・し89,26689,68899.92893.371972.5.1
10成田市なりた・し131,573131,190213.84615.291954.3.31
11佐倉市さくら・し172,463172,739103.691,663.261954.3.31
12東金市とうがね・し60,34360,65289.12677.101954.4.1
13旭市あさひ・し66,18666,586130.45507.372005.7.1
14習志野市ならしの・し171,212167,90920.978,164.621954.8.1
15柏市かしわ・し417,294413,954114.743,636.871954.9.1
16勝浦市かつうら・し18,66219,24893.96198.621958.10.1
17市原市いちはら・し273,753274,656368.17743.551963.5.1
18流山市ながれやま・し179,083174,37335.325,070.301967.1.1
19八千代市やちよ・し193,855193,15251.393,772.231967.1.1
20我孫子市あびこ・し131,351131,60643.153,044.061970.7.1
21鴨川市かもがわ・し33,47633,932191.14175.142005.2.11
22鎌ケ谷市かまがや・し108,948108,91721.085,168.311971.9.1
23君津市きみつ・し85,26786,033318.81267.451971.9.1
24富津市ふっつ・し45,11445,601205.53219.501971.9.1
25浦安市うらやす・し166,347164,02417.309,615.431981.4.1
26四街道市よつかいどう・し89,93989,24534.522,605.421981.4.1
27袖ケ浦市そでがうら・し61,15160,95294.93644.171991.4.1
28八街市やちまた・し70,06670,73474.94934.961992.4.1
29印西市いんざい・し94,67292,670123.79764.781996.4.1
30白井市しろい・し61,86761,67435.481,743.712001.4.1
31富里市とみさと・し49,77849,63653.88923.872002.4.1
32南房総市みなみぼうそう・し38,43039,033230.14166.992006.3.20
33匝瑳市そうさ・し36,77737,261101.52362.262006.1.23
34香取市かとり・し76,47477,499262.35291.502006.3.27
35山武市さんむ・し51,52552,222146.77351.062006.3.27
36いすみ市いすみ・し37,99738,594157.44241.342005.12.5
37大網白里市おおあみしらさと・し48,94449,18458.08842.702013.1.1

推計人口は2016年10月1日の推計人口による。国調人口は2015年10月1日の国勢調査による。面積は2015年10月1日の国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」による(単位:km2)。人口密度は小数点以下第3位を四捨五入(単位:人/km2)。


2017年1月1日現在の自治体構成 (最新) 検索条件を変更する


都道府県市区町村 > データベース検索 >このページのトップへ ▲

Copyright(C) 2017 M.Higashide