『松原』地名コレクション


地名コレクション
『松原』
編集者:EMM


「○○松原」コレクションです。
日本国内には無数の松林が見られますが、その中でも海岸、河岸にある松林のなかには「○○松原」という名で呼ばれているところが各地で見られます。
海岸の松原は防砂・防風、河岸の松原は治水の役割を果たしており、先人が長い年月をかけて植林し、育て、守ってきたものです。
景観的にも見事なものが多く、日本の原風景として広く親しまれてきました。
現在でも昔ながらの状態のまま残っているところもありますが、多くは周辺の都市化・開発が進められており、ごくわずかな区域を残すのみであったり、ほぼ消失してしまったりしたところもあります。
そのため、ここでは次に当てはまるものをリストアップしています。

1.必ず○○松原という名称であること。
2.海岸、または河岸にあり、防風・防砂・治水目的で植えられた、または手を加えられたと見なされること。
(内陸に位置していても、元々は海岸にあったが埋め立て等により内陸部になってしまった事が明らかな場合は可)
3.今でも何らかの形で○○松原由来の松林・松並木が残っていること、または松原再生を目指した植樹活動が行われていること。


コレクション数:59 件
青森県所在地現状備考
淀の松原よどのまつばら八戸市現存(一部被災)関連記事[65243]
種差海岸の景勝地で、遊歩道が整備されている。大正時代に地元の青年団により植栽されたものとのこと。
種差海岸全体が日本の白砂青松100選に選定されている。
岩手県所在地現状備考
高田松原たかだまつばら陸前高田市被災江戸時代に地元の豪商と仙台藩により砂州上に松が植栽されたのが始まりで、7万本の松が防潮林だけで無く景勝地として親しまれてきた。長年、陸前高田の町を津波の害から護ってきたが、平成23年に発生した東日本大震災の際に10mを越える大津波によってほぼすべての松がなぎ倒され、松原のあった砂州も大きくえぐられてしまい壊滅状態となった。しかし、松原西側に生えていた1本の松の木が奇跡的に倒れずに耐え、後に「奇跡の一本松」と呼ばれ復興のシンボルとなった。地盤沈下による塩害などにより一本松は枯死したが、伐採後防腐処理を施され、元の場所にほぼ元の姿で復元されている。なお、高田松原の跡地やその周辺は「高田松原津波復興祈念公園」として整備される計画があり、松原も復元される見込みである。
国指定名勝(東日本大震災被災後も継続)、日本百景、日本の白砂青松100選、日本の渚百選。
宮城県所在地現状備考
余景の松原よげのまつばら東松島市被災松島に連なる名勝地でることから、仙台藩4代藩主伊達綱村により「余景の松原」と命名された。平成23年に発生した東日本大震災の際に大津波で大きな被害を受けたが、道路沿いなどに津波に耐えた松が残っている。
名取の松原なとりのまつばら名取市被災参考サイト
平成23年に発生した東日本大震災の際に大津波や火災でで大きな被害を受けた。地元の方により植林が進められているとのこと。
秋田県所在地現状備考
風の松原かぜのまつばら能代市現存日本最大の松林、と言われている(参考記事[44760])。その歴史は藩政時代にまでさかのぼることができるが長らく特定の名称は無く、昭和62年に公募により「風の松原」と命名された。(参考サイト
日本の白砂青松100選。
夕日の松原ゆうひのまつばら潟上市〜秋田市現存関連記事[36904]
天王町の出戸浜から秋田市飯島にかけて広がる海岸松林。秋田県秋田総合農林事務所(現・秋田県秋田地域振興局農林部)によって愛称の公募が行われ、平成13年に命名された。防砂林としての歴史は藩政時代にさかのぼるようである。
山形県所在地現状備考
万里の松原ばんりのまつばら酒田市現存都市化が進んでおり、残った部分の一部が光が丘公園として整備されている。
万里の松原を含む庄内海岸砂防林が日本の白砂青松100選に選定されている。
福島県所在地現状備考
舟戸松原ふなとまつばら南相馬市被災鹿島区北海老字釜舟戸付近の海岸に広がる松原。マルシャリンバイの群生地がある事でも知られていた。平成23年に発生した東日本大震災の際に大津波で大きな被害を受け、集落南部の高台に松が残るのみとなった。
埼玉県所在地現状備考
草加松原そうかまつばら草加市現存札場河岸公園旭町2丁目南側間の旧日光街道沿いに広がる松並木。国指定名勝「おくのほそ道の風景地」の1つとして指定されている。
茨城県所在地現状備考
童子女の松原おとめのまつばら神栖市現存(一部被災)愛し合う男女が松の木に変身したと言う常陸国風土記中の伝説が名前の由来。図示した付近は公園として整備されている。(参考サイト
千葉県所在地現状備考
磯の松原いそのまつばら千葉市現存この近隣はかつて遠浅の砂浜と松原が広がっていたが、相次ぐ開発と海岸埋立により昭和30年代にほぼ無くなってしまった。昭和56年、千葉市制60周年を記念して「磯の松原造成事業」が計画され、人工砂浜「いなげの浜」に市民の手によって6万本の松が植栽された。(参考サイト)また、かつての海岸松原の名残の松は稲毛公園に残っている。
日本の白砂青松100選。
東京都所在地現状備考
式根松原しきねまつばら新島村(式根島)現存参考サイト
石白川海水浴場付近のみでなく、島の広範囲に広がる松林全体を指すのかもしれない。
新潟県所在地現状備考
越の松原こしのまつばら佐渡市現存Yahoo!地図 関連記事[33213]
富山県所在地現状備考
古志の松原こしのまつばら富山市現存富山市岩瀬〜浜黒崎間に連なる松並木。加賀藩主前田利長が北陸道の美観を保ち、かつ積雪時の目印とするために植えたものと伝わる。
日本の白砂青松100選。
福井県所在地現状備考
気比の松原けひのまつばら敦賀市現存一夜にして松原が出現し異賊の侵入を防いだという伝説があり、この伝説から「一夜の松原」と呼ばれることもある。関連記事[58771]参考サイト
国指定名勝、日本の白砂青松100選。
青の松原あおのまつばら大飯郡高浜町参考サイト
静岡県所在地現状備考
千本松原せんぼんまつばら沼津市現存日本百景、日本の白砂青松100選。
三保松原みほのまつばら静岡市現存天の羽衣伝説で知られる。かつては三保半島全域が松原であったらしい。
世界文化遺産「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の構成遺産、国指定名勝、日本の白砂青松100選。
岐阜県所在地現状備考
千本松原せんぼんまつばら海津市現存宝暦治水工事の際、薩摩藩士によって植えられた松原。油島千本松原とも。
油島千本松締切堤が国指定史跡に選定。
三重県所在地現状備考
阿児の松原あごのまつばら志摩市現存
滋賀県所在地現状備考
千々の松原ちぢのまつばら彦根市現存
京都府所在地現状備考
日間の松原ひまのまつばら京丹後市現存関連記事[41964]
久美の浜海岸(海岸コレクション)/丹後砂丘(砂丘コレクション)に広がる松原。松原が広がる砂嘴は天橋立に習い「小天橋」とも呼ばれる。
大阪府所在地現状備考
黒崎の松原くろさきのまつばら泉南郡岬町痕跡平安時代、紀貫之が土佐日記の中に書き記した松原。岬町淡輪の黒崎付近から東側には現在も松原が残っている。ただし、現在では「黒崎の松原」と呼ばれることは無いようである?
兵庫県所在地現状備考
雀の松原すずめのまつばら神戸市痕跡関連記事[59088]
かつて魚崎の浜辺一体に広がっていた松原。仁徳天皇の御名代部を率いた雀部朝臣(ささべのあそん)がこの地に勢力を張っていたことが由来とされる。「源平盛衰記」にも名所として名が出てくる景勝地だったが、都市化が進むとともにほぼ全てが失われ、現在は魚崎西町四丁目3番地にある「魚崎西町ちびっこ広場」の中に名残の松2本とかつての姿を詠んだ歌碑2つが残るのみである。参考サイト
粟生の松原あおのまつばら姫路市痕跡かつて白浜海岸に広がっていた松原の名。「粟生が松原」「恋の松原」「恋の浜」とも。天平宝字年間に当地に遷座した松原八幡神社の由来では松が一晩で粟のように生えたと伝わる。1940年代以降は都市化が進み、松原八幡神社の社叢などに名残を残すのみとなっている。白浜小学校横の広場に粟生の松原の石碑がある。近年、地域の有志が松原を目指して松原八幡神社境内周辺などに松の植栽を行っているとのこと。
加古の松原かこのまつばら加古川市痕跡古文書などに見られる、播磨国の海岸にあったとされる松原。浜の宮公園や浜宮天神社に見られる黒松がその名残と言われている。浜宮天神社には菅原道真お手植えと伝えられる「加古の浜松」(2代目)もある。参考サイト
慶野松原けいのまつばら南あわじ市現存国指定名勝、日本の白砂青松100選、日本の渚百選。
島根県所在地現状備考
屋那の松原やなのまつばら隠岐郡隠岐の島町現存日本の白砂青松100選。
広島県所在地現状備考
西松原にしまつばら廿日市市現存厳島神社の西側に位置する松原。清盛神社の参道でもある。
山口県所在地現状備考
阿武の松原あぶのまつばら萩市痕跡菊ヶ浜付近の松原のかつての名。古くは和歌の歌枕として詠まれている(ただし、歌枕に詠まれたのは福島県伊達市付近にかつて存在した「阿武の松原(あうのまつばら)」であるとも言われる)。長州藩のお抱え力士であった第6代横綱・阿武松緑之助のしこ名の由来の地でもある。
阿武の松原おうのまつばら萩市現存萩市大井の海岸沿いにある松林。大井付近はかつて北長門を治めた国造阿武君の本拠地であったとされ、その時代から大井の海岸に広がる松原が阿武の松原と呼ばれていたと伝えられる。菊が浜が「あぶのまつばら」なのに対してこちらは「おうのまつばら」。
鞠生松原まりふまつばら防府市痕跡関連記事[33521]
元々は海岸にあったが、埋め立てにより海岸線が移動し、現在は内陸部に位置している。室町時代には大内義弘がこの地に足利義満をもてなすための旅館を建てている。また、幕末、薩長の倒幕軍が集結した地でもある。
現在は都市化が進んでおり、厳島神社の社叢など一部を残すのみである。
糸根の松原いとねのまつばら山陽小野田市痕跡かつては沿岸の砂州上に広がる松原であった。現在は糸根公園として整備されている。山陽小野田市指定文化財。
徳島県所在地現状備考
千代の松原ちよのまつばら?小松島市痕跡中田町千代ヶ原にあった松原で、名勝として知られ小松島の地名の由来の1つとされる。かつては松原付近に海岸線があった。比較的近年まで八幡神社の参道が樹齢数百年の松で埋め尽くされていたが、1980年代から松食い虫の被害が出始め、1999年に最後の老木が伐採された。2000年代に入り、松原復活を目指して地元小学生による松の植樹が行われている。参考サイト
横須の松原よこすのまつばら小松島市痕跡小松島市横須町〜金磯町の横須海岸沿いに存在した松原。かつては四国十二景の1つに数えられ、小松島の名の由来の1つとされている。現在は海岸沿いにごくわずかな松が残るのみである(金磯町側の方がやや残っている松が多いようである)。近年、地域の住民や小松島高校の学生により松原復元の取り組みが行われている。参考サイト
大里松原おおさとまつばら海部郡海陽町現存同名の字名がある。
日本の白砂青松100選。
香川県所在地現状備考
白鳥の松原しろとりのまつばら東かがわ市現存関連記事[35418]
日本武尊伝説が伝えられる白鳥神社の北側に位置することからこの名で呼ばれる。白鳥神社の松原、三里松原とも呼ばれる。
日本の白砂青松100選。
津田の松原つだのまつばらさぬき市現存日本の白砂青松100選、日本の渚百選。
観音寺松原かんおんじまつばら観音寺市現存「銭形」の周辺。琴弾公園として整備されている。
日本の白砂青松100選。
高知県所在地現状備考
琴ヶ浜松原ことがはままつばら安芸郡芸西村現存高知県指定名勝。琴ヶ浜が日本の白砂青松100選に選定。
種崎千本松原たねざきせんぼん
まつばら
高知市現存種崎千本公園が日本の白砂青松100選に選定。
入野松原いりのまつばら幡多郡黒潮町現存国指定名勝。入野海岸が日本の渚百選に選定。
大岐松原おおきまつばら土佐清水市現存大岐海岸周辺に見られる松原。
福岡県所在地現状備考
三里松原さんりまつばら遠賀郡岡垣町現存日本の白砂青松100選。
さつき松原さつきまつばら宗像市現存日本の白砂青松100選。
花見松原はなみまつばら福津市〜古賀市現存
古賀松原こがまつばら古賀市現存市街地化が進む。
盾の松原たてのまつばら糟屋郡新宮町現存新宮松原とも。
奈多の松原なたのまつばら福岡市現存海の中道にある松原。
海の中道全体が日本の白砂青松100選に選定されている。
地蔵松原じぞうまつばら福岡市痕跡Yahoo!地図 かつては多々良川河口から筥崎宮までの海岸沿い一面に広がっていた。
現在は都市化が進み、地蔵松原公園などにその名残を残すのみである。
箱崎松原はこざきまつばら福岡市痕跡かつては筥崎宮から御笠川河口までの海岸沿い一面に広がっていた。地蔵松原と併せて「千代の松原」とも呼ばれた。
現在は都市化が進み、千代東公園と筥崎宮の社叢、および九州大学構内の一部にその名残を残すのみである。
百道松原ももちまつばら福岡市痕跡かつては百道浜沿い一面に広がっていた。「紅葉松原」とも呼ばれた。
現在は海岸が埋め立てられて都市化が進み、西新・百道の町内に江戸時代からの松がわずかに点在して残っているのみである。
現在、百道松原の復活を目指した市民有志の手によって植えられた松原がシーサイドももち海浜公園に見られる。(参考ページ:NPO法人はかた夢松原の会
生の松原いきのまつばら福岡市現存日本の白砂青松100選。
大原松原おおばるまつばら?福岡市現存今津松原、今津長浜松原とも。
幣の松原にぎのまつばら糸島市現存日本の白砂青松100選。
佐賀県所在地現状備考
虹の松原にじのまつばら唐津市現存虹ノ松原とも。
特別名勝、国指定名勝、日本の白砂青松100選、日本の渚百選。
相賀松原おうかまつばら唐津市現存関連記事[33521]
鹿児島県所在地現状備考
くにの松原くにのまつばら曽於郡大崎町現存日本の白砂青松100選。
なごりの松原なごりのまつばら熊毛郡屋久島町現存宮之浦港の入り口にある。宮之浦港を出港する船を見送り名残を惜しんだ場所であったため付けられた名のようである。戦後間もない頃までは現在よりも広大な規模であったらしい。現在は公園として整備されており、屋久島が世界遺産に登録された際に記念碑が建てられている。




Copyright(C) 2017 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示