都道府県市区町村 > 都道府県データランキング >ページの最後へ ▼

都道府県市区町村都道府県データランキング

『北朝鮮収容所死者数』



第2次世界大戦後、旧ソ連が現在の北朝鮮に開いた「第53送還収容所」で死亡した日本人抑留者869人の名簿が、ロシア連邦国立公文書館(モスクワ)に保管されていることが分かり、2015年4月2日の朝刊で読売新聞が名簿の一部を含め報道を行いました。また、この報道を受けて菅官房長官が同日午前の記者会見で、第53送還収容所で死亡した日本人抑留者869人の名簿について、ホームページなどで公表する方針を明らかにしました。

第53送還収容所は、ソ連が戦後、朝鮮半島北部の興南(現在の北朝鮮・咸興市興南地区)に設置、1947年4月にソ連領内のナホトカに移設されました。死亡者名簿はソ連閣僚会議(政府)の送還業務全権代表部が作成し、ロシア連邦国立公文書館(モスクワ)が保管してきたものです。名簿には、1946年11月20日から1948年5月25日までの死亡者の氏名、生年、出身都道府県、死亡日などのほか、軍人・軍属と民間人の区別、死因や埋葬場所なども含まれています。

送還収容所とは、ソ連軍参謀本部の指令で1946年11月から各地に設置したもので、強制労働を課した捕虜収容所とは役割が異なり、日本人捕虜や民間人を日本に送還する拠点となったものです。ナホトカ港に第380、南樺太の真岡港に第379、中国・遼東半島の大連港に第14、北朝鮮には興南港の第53と元山港の第51の収容所がありました。日本軍時代の捕虜収容所や学校、病院などが転用され、共産主義教育も行われました。

公開された情報から、都道府県別の死者数、民間人の内数、死亡時の年代別人数について整理しました。


北朝鮮「第53送還収容所」死者数【死者総数】

60
50
40
30
20
10
0
















































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。

都道府県北朝鮮「第53送還収容所」死者数
死者総数民間人〜10代20代30代40代50代〜
1東京都511124251
2不明4319177
3熊本県381721013112
4福島県33518132
5千葉県32320102
6北海道314121522
新潟県31321721
広島県313212107
9鹿児島県291011783
10福岡県26414741
11長野県2541168
12埼玉県2411158
大阪府247161
14岡山県2338951
15山形県22111821
神奈川県22111371
山口県2221147
18愛知県2011271
兵庫県2019641
20群馬県1931054
21栃木県1811251
愛媛県1821584
大分県18499
24岐阜県1715102
香川県172692
26佐賀県15852
27秋田県1425621
静岡県1495
島根県142941
30石川県131535
三重県132652
32長崎県12314232
33茨城県111443
34青森県1055
和歌山県1016211
高知県1046
37奈良県911521
徳島県91711
39宮城県832132
山梨県83341
41岩手県725
福井県7151
43滋賀県61321
京都府61312
鳥取県62411
宮崎県62321
47富山県4121
48沖縄県312
合計8691031440931711415

出典:ロシア連邦国立公文書館(モスクワ)(読売新聞2015年4月2日報道より)


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県


都道府県市区町村 > 都道府県データランキング >ページの最初へ ▲

Copyright(C) 2017 M.Higashide編集管理ページへ