都道府県市区町村 > 都道府県データランキング >ページの最後へ ▼

都道府県市区町村都道府県データランキング

『シベリア抑留死者数』



第二次大戦後のシベリア抑留による死亡者については、厚生労働省が資料に基づく調査を実施しています。2007年からは身元が判明した抑留死者の名簿をウェブで公開し始めました。当初は出身地情報が明記されていませんでしたが、2014年8月からは都道府県名が付記されるようになりました。これを受けて、2014年9月21日に主要新聞社が一斉に都道府県別のシベリア抑留死者数を公表しました。さらに、2015年4月30日には、ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料に基づき、新たに10,723人分の名簿を追加公開しました。その際、出身地が特定された都道府県別の死亡者数のデータも更新して公開しました。東京都の2,052名を筆頭に、14都道府県で死者数が1,000人を超えています。

旧ソ連およびモンゴルで死亡した日本人は55,000人と推計されていますが、今回公開された37,789名の都道府県別のデータは、旧ソ連抑留中の死亡者でモンゴルでの死亡者は含まれていません。なお、樺太出身者は北海道に含まれています。


シベリア抑留死者数【死者数】

2,250
2,000
1,750
1,500
1,250
1,000
750
500
250
0
















































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。

都道府県シベリア抑留死者数
死者数割合
1東京都2,0525.43%
2北海道1,6544.38%
3新潟県1,2773.38%
4広島県1,2543.32%
5大阪府1,2463.30%
6愛知県1,2353.27%
7静岡県1,2163.22%
8福岡県1,1633.08%
9長野県1,1553.06%
10山形県1,1493.04%
11鹿児島県1,1202.96%
12茨城県1,0422.76%
13熊本県1,0222.70%
14兵庫県1,0092.67%
15千葉県9662.56%
16福島県9622.55%
17秋田県9292.46%
18山口県9222.44%
19岩手県9022.39%
20神奈川県8902.36%
21埼玉県8572.27%
22愛媛県8272.19%
23宮城県7612.01%
24岐阜県7531.99%
25青森県7521.99%
26栃木県7441.97%
27岡山県7221.91%
28群馬県6611.75%
29大分県6581.74%
30長崎県6261.66%
31島根県5961.58%
32和歌山県5691.51%
33高知県5231.38%
34佐賀県5201.38%
35京都府5161.37%
36香川県4991.32%
37宮崎県4901.30%
38三重県4751.26%
39山梨県4661.23%
40徳島県4371.16%
41富山県4271.13%
42石川県4071.08%
43奈良県3500.93%
44滋賀県3200.85%
45福井県2870.76%
46鳥取県2800.74%
47沖縄県1010.27%
全国37,789100.00%

出典:厚生労働省「ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料について」


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県



都道府県市区町村 > 都道府県データランキング >ページの最初へ ▲

Copyright(C) 2017 M.Higashide編集管理ページへ