都道府県市区町村 > 落書き帳 >このページの最後へ ▼

落書き帳記事集2017年台風18号関連記事集


記事#記事日付
記事タイトル
発言者
[93779]2017年9月17日
台風上陸回数 グリグリ
[93780]2017年9月17日
台風18号&レス さざ波
[93781]2017年9月18日
台風一家 ペーロケ
[93783]2017年9月18日
石川県に上陸した台風はまだ無い、ものの… EMM
[93784]2017年9月18日
台風 駿河の民
[93785]2017年9月18日
台風 Takashi
[93786]2017年9月18日
台風上陸回数 グリグリ
[93787]2017年9月18日
主要四島に台風上陸 鳴子こけし
[93789]2017年9月18日
五度目の上陸 グリグリ
[93791]2017年9月18日
九州、四国、本州、北海道の全てに上陸した初の台風に k-ace
[93792]2017年9月18日
洞爺丸台風 k_ito
[93810]2017年9月19日
主要四島 駿河の民



[93779] 2017 年 9 月 17 日 (日) 22:44:13【1】 オーナー グリグリ
 台風上陸回数

台風18号が日本列島を縦断しています。鹿児島県に上陸し、高知県に再上陸し、さらに兵庫県に再上陸しました。被害が大きくならないことを祈っています。こちら千葉県は雨量はそこそこ多くなっていますが、風はほとんどなく今のところ穏やかです。

ところで、昨年は北海道に台風が最初に上陸したことが話題になりましたが、台風が最初に上陸する都道府県はどこが多いのか気になり気象庁のサイトを調べたところ、過去の台風資料の上陸数のページに1951年以降の都道府県上陸数ランキングがありました。やはり、鹿児島県が圧倒的に多く40回で、高知県26回、和歌山県22回と続いています。

気象庁のデータを使って全都道府県の台風上陸回数のランキングを作成しました。当該ページの説明にも書きましたが、上陸に加え、一度上陸した後に再上陸した回数と上陸と再上陸の合計数についてもランキングしました。気象庁のページの説明によると、小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出る場合は上陸とはせず通過としています。なお、同一台風の同一都道府県への複数上陸は1回と数えます(上陸後再上陸の場合は上陸1回のみ)。データは、上陸、再上陸の詳細位置が記録されている2001年(平成13年)以降、2017年(平成29年)7月の台風5号までの間の台風のうち、上陸した52個の台風が対象になります。

上陸数では、鹿児島県が9回で最多で、高知県8回、長崎県6回、静岡県5回と続きます。再上陸数も加えると、高知県が11回で最多となり、北海道が10回で続きます。2000年(平成12年)以前についても1951年(昭和26年)までの台風経路図が公開されていますので、精度はやや落ちると思いますが、目視でデータを拾って累計数に追加することも考えています。

[93780] 2017 年 9 月 17 日 (日) 23:59:22 さざ波 さん
 台風18号&レス

この間の定期テストで、理科の解答用紙に名前を書いた記憶がない(こんな大事な時期に…)さざ波です。

現在日本列島を縦断中の台風18号。現在静岡県は強風域に入っています。雨戸を閉めているので外は見えませんが、雨戸をたたきつける雨、外でゴーゴー音を鳴らす風。明日は祝日とはいえ、無事に寝付けるか…。
近畿地方のほぼ全域、鳥取県、岡山県、徳島県、香川県などが暴風域に入っているようです。また、近畿地方以東では、明日の夜までに、関東地方の一部を除いた全域が(一斉にではありませんが)暴風域に入る予報です。とにかく、避難はお早めに、雨風が強くならないうちに行動してください。

[93779]グリグリさん
気象庁のデータを使って全都道府県の台風上陸回数のランキングを作成しました。
ちょうど今、台風の上陸回数のデータが欲しいところでした。助かります。ありがとうございました。

[93778]特急とりあたまさん
「認市度」を静岡県でやって見ました意外と真っ黄っ黄になってびっくりしているところです。
拝見しました。本当に真っ黄っ黄でしたね。黄色ということは「訪問」ですか。僕もこうして地図を埋めつくせるくらい、いろんなところに旅して(「出かけて」ではない、ここ大事)みたいです。

[93768]デスクトップ鉄さん
全国のJR駅五番勝負を、デスクトップ鉄のウェブページとブログを連動して行います。
楽しみです。参加できるかわかりませんが、参加したいと思います。

以上です。

[93781] 2017 年 9 月 18 日 (月) 01:28:14 ペーロケ さん
 台風一家

広島は昼間はすごい暴風雨、上陸こそしませんでしたが、台風の暴風域に入ったのですら久々でした。普段避難勧告が出ない地区も避難勧告が出たりして、まだ明らかになっていませんが被害が心配です。今は暴風域から抜けたのか、ものすごく静かになりました。今から台風が向かう地域の方は警戒して下さい。

[93779]グリグリさん
「上陸」というのは、海から陸に上がった地点のことなので、日本で言えば海岸線が西もしくは南方向に開けた都道府県に限定されるのでは?例えば大分県とかは何度か通過していますが、大分県を「上陸」なんて経路は難しいのでは?そもそも内陸県に「上陸」なんて不可能ですし。。。

以前、[91340]にて、各都道府県を「上陸あるいは通過」した台風を一覧表にしたことがありますが、その際は気象庁HPに載っている経路図を見て、多分この県を通っただろうなぁ、というものをピックアップしていきました。気象庁のHPには各台風の時間ごとの座標もありますので、それを地図に落として直線を引くと、どこを通ったかが厳密にわかるのですが、手間がかかるのでなかなかそこまでは出来ませんでした(汗)。どこの県を通ったのか、というデータが、どこかに転がっていれば楽なんですけどねぇ。。。

[93783] 2017 年 9 月 18 日 (月) 04:09:40【1】 EMM さん
 石川県に上陸した台風はまだ無い、ものの…

台風が気になってなかなか寝られませんでしたが、金沢では雨はそこそこ強く降ったものの、風は1時半から2時半にかけてちょっと強くなったぐらいでした。
台風が福井県から白山市の南をかすめて南砺市に行ってしまったようで、「白山の結界」に守られた形のようです。
さて。

[93781] ペーロケさん
「上陸」というのは、海から陸に上がった地点のことなので、日本で言えば海岸線が西もしくは南方向に開けた都道府県に限定されるのでは?
岩手県の上陸事例(2016年台風10号、東に開けた海岸線に南南東側から上陸)、福井県の上陸事例(平成22年台風9号、丹後半島にかすらずに西北西方向から若狭湾に進入した台風が敦賀付近で上陸)からすると、迷走する台風も多い現状では海岸線がどっち側にあっても台風上陸の可能性はありそうです。
東京都は再上陸、香川県は再々上陸の可能性しか無さそうな気はしますが…。

なお、個人的には三重県から上陸した台風が無いのがちょっと意外でした。

#台風のルート取りについては気象庁HPの台風経路図のページをご参照ください。(個々の台風の経路図には直リンできない)

[93784] 2017 年 9 月 18 日 (月) 07:11:56 駿河の民[特急とりあたま] さん
 台風

いやぁ。みなさん。台風ですね。欲を言うのなら警報が出たので火曜日に襲来していただけたら休校になってよかったのになーとか考えています。昼ぐらいに暴風域から外れてよかったなーと思いました。通過した地域の方、大変だったのでしょうか。強風域に入ったのも夜(少なくても寝ていた9時以降)だったので、静岡県東部は台風一過と身延線の運休だけを手にした感じです。
[93780] さざ波さん
拝見しました。本当に真っ黄っ黄でしたね。黄色ということは「訪問」ですか。
はい。キラキラ探検隊というイベントで今回21エリア全部回って、一日で「掛川→袋井→磐田→浜松市天竜区→浜松市北区→浜松市浜北区→浜松市中区」(順不同)だとか回ったので真っ黄っ黄になります。あとそもそも浜松まで行かないと日帰りできるので宿泊する意味がないんですよね。あと…
この間の定期テストで、理科の解答用紙に名前を書いた記憶がない(こんな大事な時期に…)さざ波です。
中三だとお聞きしていますが、厳しいですね!僕は(もちろん小学校)一年生の時にやらかしたことがあります。そしてそのテスト全問正解でした。そのあとはやったことはないんですが、中学に入るとテストが難しくて名前に頭が回らないんですかね。
[93783] EMMさん
台風が福井県から白山市の南をかすめて南砺市に行ってしまったようで、「白山の結界」に守られた形のようです。
そんなもんがあるんですね。静岡県は「南アルプス&富士山」なる結界があるんですが、北から侵入してくるという世にも珍しい台風じゃないと働かないですね。南は海だし。
なお、個人的には三重県から上陸した台風が無いのがちょっと意外でした。
わかりますわかります。三重ってめっちゃ上陸しそうな形なんですけどね。

[93785] 2017 年 9 月 18 日 (月) 08:01:47 Takashi さん
 台風

今回の台風で被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

とはいえ当方では雨が多少強い時間帯があったものの風はそこまで……という感じでしょうか。

[93779] オーナーグリグリさん
気象庁のデータを使って全都道府県の台風上陸回数のランキングを作成しました。

[93781] ペーロケさん
「上陸」というのは、海から陸に上がった地点のことなので、日本で言えば海岸線が西もしくは南方向に開けた都道府県に限定されるのでは?

[93783] EMMさん
迷走する台風も多い現状では海岸線がどっち側にあっても台風上陸の可能性はありそうです。

神奈川県に上陸した台風が思ったより少ないのはほぼ真南からでないと上陸にならないこととかんけいしているのでしょうか?
その一方で千葉県に「上陸」した台風が
[93779] オーナーグリグリさん
気象庁のページの説明によると、小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出る場合は上陸とはせず通過としています。
わりに多いのは意外と言えば意外な気がします。これこそルートを選びそうな気がしますので。

そういう意味では
[93783] EMMさん
なお、個人的には三重県から上陸した台風が無いのがちょっと意外でした。
というのはやはり違和感があるかなと。志摩半島では「上陸」にカウントされないようですしその他の地域だとやはりルートを選ばないと上陸地点にはならなそうな感じがしますので。

[93786] 2017 年 9 月 18 日 (月) 09:30:14【5】 オーナー グリグリ
 台風上陸回数

ホットな話題だったこともあり、たくさんのフォロー記事がありました。今朝は風はまだ強いようですが、千葉県では素晴らしい快晴になっています。台風18号は現在、青森県の西側海上にあり、もうすぐ渡島半島に再上陸しそうです。この台風は、鹿児島県に上陸後、高知県、兵庫県、北海道に再上陸という記録になりそうです(若狭湾には出なかったようです)。上陸と反対の陸から海へ出た際の都道府県をデータ化するのも興味深いですね。今回の台風18号でみると、宮崎県、香川県、富山県、北海道?が該当しそうです。

ところで、台風上陸回数のデータ読み取りに間違いがあり訂正しました。青森県の上陸回数が1回増え、鹿児島県の上陸回数が1回減ります。北海道、山口県の再上陸回数も1回減ります。したがって上陸数の最多は高知県と鹿児島県の8回になります。なお、今回の台風18号の記録も暫定ですが含めました。

[93779]
なお、同一台風の同一都道府県への複数上陸は1回と数えます(上陸後再上陸の場合は上陸1回のみ)。
2001年以降52個の上陸台風の中で上記に該当する事例は次の5例です。地点名は気象庁データの表現通りです。

発生年台風都道府県上陸地点再上陸地点
2004年(H16年)16号北海道函館市付近・長万部町付近
2004年(H16年)23号高知県土佐清水市付近室戸市付近
2007年(H19年)5号青森県津軽半島・下北半島
2007年(H19年)9号北海道函館市付近・胆振支庁西部
2014年(H26年)18号静岡県浜松市付近沼津市付近

[93783] EMMさん
岩手県の上陸事例(2016年台風10号、東に開けた海岸線に南南東側から上陸)、福井県の上陸事例(平成22年台風9号、丹後半島にかすらずに西北西方向から若狭湾に進入した台風が敦賀付近で上陸)からすると、迷走する台風も多い現状では海岸線がどっち側にあっても台風上陸の可能性はありそうです。
主観的ですが、私が意外と感じる上陸事例は上記2例を含め次の8例です。

発生年台風都道府県上陸地点
2003年(H15年)4号愛媛県宇和島市付近
2004年(H16年)15号青森県津軽半島
2010年(H22年)4号秋田県秋田市付近
2010年(H22年)9号福井県敦賀市付近
2015年(H27年)15号熊本県宇城市付近
2016年(H28年)7号北海道襟裳岬付近
2016年(H28年)10号岩手県大船渡市付近
2016年(H28年)11号北海道釧路市付近

[93779]
1951年以降の都道府県上陸数ランキングがありました。やはり、鹿児島県が圧倒的に多く40回で、高知県26回、和歌山県22回と続いています。
気象庁の1951年以降の上陸数が多い都道府県ですが、4位以降は、静岡県19回、長崎県17回、宮崎県・愛知県12回、熊本県・千葉県8回、北海道6回、となっています。昨年の北海道は久しぶりということで珍しかったのでしょうが、ランキングでは10位です。むしろ、上記の表にない、神奈川県や徳島県の方がデータからは意外性が高いと言えるようです(2001年以降ともに2回上陸)。

【追記】
今回の台風18号は、鹿児島県上陸、高知県、兵庫県、北海道に再上陸となりそうですが、上陸と再上陸が4都道府県に及ぶのは、2001年(平成13年)の11号以来になります。この時の11号は、和歌山県田辺市付近に上陸し、静岡県沼津市付近、神奈川県藤沢市付近、千葉県船橋市付近に再上陸しました。

[93787] 2017 年 9 月 18 日 (月) 14:32:30 鳴子こけし さん
 主要四島に台風上陸

[93786]グリグリさん
今回の台風18号は、鹿児島県上陸、高知県、兵庫県、北海道に再上陸

今回の台風18号のこの経路は、「九州に上陸、四国、本州、北海道に再上陸」と言い換えることができます。前回の4都道府県への上陸と再上陸として挙げられている平成13年11号台風は上陸、再上陸のいずれも本州内。北海道を除く三島にそれぞれ上陸、再上陸であれば間々起こり得そうではありますが、その後台風のまま北海道まで再上陸というのは、四島上陸の必要条件である4都道府県への上陸と再上陸自体が16年ぶりということもあり、かなりのレアケースなのではないでしょうか。

[93789] 2017 年 9 月 18 日 (月) 18:52:02 オーナー グリグリ
 五度目の上陸

[93787] 鳴子こけしさん
今回の台風18号のこの経路は、「九州に上陸、四国、本州、北海道に再上陸」と言い換えることができます。
なるほど、そうですね、気がつきませんでした。鋭いですね。
前回の4都道府県への上陸と再上陸として挙げられている平成13年11号台風は上陸、再上陸のいずれも本州内。
本州だけで四度の上陸というのもレアかも。
その後台風のまま北海道まで再上陸というのは、四島上陸の必要条件である4都道府県への上陸と再上陸自体が16年ぶりということもあり、かなりのレアケースなのではないでしょうか。
そうかもしれませんね。1951年以降の経路図は気象庁のページで公開されていますので、目視確認になりますが、調べてみたいテーマです。

今回の台風18号ですが、北海道の渡島半島上陸後、一旦、内浦湾に出て再び北海道に上陸しました。先ほどのテレビのニュースでは、一つの台風が五度も上陸したのは28年ぶりと伝えていました。そこでさっそく気象庁のページで確認したところ、1989年(平成元年)の17号かもしれません。小さな経路図では確認が難しいのですが、室戸岬付近、和歌浦付近、男鹿半島付近、函館市付近、苫小牧付近あたりに上陸しているように見えます。津軽半島付近でも再上陸しているように見えるので六度かもしれません。

ところで台風18号ですが、進路図を見ると、鹿児島県の薩摩半島に上陸後、一旦、鹿児島湾に出て再び大隅半島に上陸しています。これも数えると六度目の上陸になります。気象庁の「小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出る場合は「通過」としています。」の基準が今ひとつわかりにくいと感じていますが、具体的な基準があるのでしょうか。確認してみたい事項です。それと、「台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を「日本に上陸した台風」としています。」という説明も、定義上は沖縄県への上陸はあり得ないということなんでしょうか。

[93791] 2017 年 9 月 18 日 (月) 20:21:40 k-ace さん
 九州、四国、本州、北海道の全てに上陸した初の台風に

[93787]鳴子こけしさん
四島上陸の必要条件である4都道府県への上陸と再上陸自体が16年ぶりということもあり
[93789]オーナー グリグリさん

【台風18号】九州、四国、本州、北海道の全てに上陸した初の台風に(ウェザーニュース)
日本の本土を構成する主な5つの島のうち、上陸と表現する4島(九州・四国・本州・北海道)に上陸するのは統計を開始した1951年以降初となります。※なお、沖縄先島の上空を台風が通過したとしても気象庁では「上陸」という定義は使わず「通過」と表現します。
とありますね。統計開始以降のここ67年間では四島全て上陸はこれまで無かったようです。

[93792] 2017 年 9 月 18 日 (月) 21:02:14 k_ito さん
 洞爺丸台風

[93787] 鳴子こけし さん
[93791] k-ace さん

四島すべてに上陸するのは今回の台風が初めてなのですね。気になったので、気象庁のサイトにある経路図をざっと眺めてみましたが、おそらくこれに最も近かったと思われるのは、かの有名な1954年の洞爺丸台風のようです。洞爺丸台風は九州・本州に上陸してから日本海を北上、北海道に災害をもたらし、最後に道北に上陸しています。四国にはどうも上陸していないようですが、瀬戸内海周辺はかなりの高速で通過していったようで、ひょっとすると上陸していた可能性もあるのではないか、と思えなくもない経路です。

[93810] 2017 年 9 月 19 日 (火) 20:23:20【1】 駿河の民[特急とりあたま] さん
 主要四島

NHKのニュースによると、主要四島全てに上陸した台風は、統計開始以来初のようです。
あと、今回の台風の記事集を作りました。
※連続投稿でサーバーに負荷をかけてしまって申し訳ございません。



都道府県市区町村 > 落書き帳 >このページのトップへ ▲

検索結果参照用リンクを編集 Copyright(C) 2019 M.Higashide 検索条件を変更