都道府県市区町村 > 落書き帳 >このページの最後へ ▼

落書き帳記事集伊能忠敬


記事#記事日付
記事タイトル
発言者
[22356]2003年11月29日
四千万歩の男(1)レス hmt
[22357]2003年11月29日
四千万歩の男(2)伊能大図フロア展示 hmt
[22387]2003年11月30日
四千万歩の男(3)カナ書き特別小図 hmt
[35754]2004年12月14日
伊能大図(彩色復元図)全国214面のフロア展示開催中 hmt
[35827]2004年12月17日
伊能忠敬の日本図展 なきら
[35839]2004年12月17日
写されていた hmt? hmt
[45234]2005年9月29日
地球を測った人々(4) 高橋至時と伊能忠敬 hmt
[45236]2005年9月29日
地球を測った人々(5) 伊能忠敬の地図 hmt
[42807]2005年7月4日
伊能図に見る島名・日本の島の数 hmt
[49329]2006年2月19日
「国土地理院の伊能図」も おすすめ地図サイトに推薦 hmt



[22356] 2003 年 11 月 29 日 (土) 11:56:10 hmt さん
 四千万歩の男(1)レス

[22335][22355] なきら さん
平日の昼間なので、さすがにお年寄りが多かったですが。
「伊能忠敬と日本図」展(東京国立博物館)、一日違いでしたか。私は27日に行きました。
平成館2階の、伊能小図・中図を含む主展示もさることながら、おまけのような形の1階「大図フロア展示」に特に興味がありました。これについては、別稿に記します。なお、主展示品を収録した図録1800円もお値打ち品でした。
踏絵のような感じでちょっと躊躇しましたが
私は地図の上を這い廻って、「大日本沿海輿地全図」の名が示す海岸線や街道沿いに見て廻りました。

[21562] わたらせG さん
東京国立博物館のHPの案内だけで我慢しときます(悔し)
1998年の「国立国会図書館開館50周年記念貴重書展」のデジタル図録が公開されており、展示された伊能大図の美しい画像を見ることができます。拡大図により細部までわかります。こちらの所蔵範囲はおよそ本州の東半分43枚です。
http://www.ndl.go.jp/exhibit/50/html/wb39-6/mokuji.html

[21545] なお さん
行きたいのは山々ですが、やはり費用やヒマが足りないですからね
ゼンリンの「地図の資料館」(北九州市小倉北区)に伊能中図(一里当曲尺六分=21万6千分の1)の展示があり、これも地図の上を歩けるようですよ。こちらは20万分の1地勢図に近い縮尺ですね。
http://www.c-crews.co.jp/gnext_express/news/back/0307/030718_01.html
国土地理院復元の伊能大図も、全国を巡回展示するという噂を聞いたので、九州でもチャンスがあるかもしれません。

[21744] かおらい さん
伊豆諸島や瀬戸内の多数の島々、或いは内陸部の地名も描かれていましたが、全ての場所を踏破したのでしょうか。
文化12年の伊豆七島測量では、八丈島から三宅島に戻る途中で風がなくなり、黒潮に流されて3日間漂流するなどの苦労があったようです。幸いにもアメリカまでは流されず、三浦三崎に上陸できました。

[22357] 2003 年 11 月 29 日 (土) 12:03:07【1】 hmt さん
 四千万歩の男(2)伊能大図フロア展示

「大日本沿海輿地全図」の大図は一里当曲尺三寸六分=3万6千分の1ですから、現在の地形図に近い縮尺で、全国を214面でカバーします。
今回の展示品は、2001年に米国議会図書館で発見された207面(おそらく明治初年の写で彩色のないものが多い)のデジタルデータを国土地理院が入手し、国内にある図を参照して彩色や絵画的な部分を手作業で復元しているものの一部です。
http://www.c-crews.co.jp/gnext_express/news/back/0308/030814_04.html
【1】 http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/3156/inoozu.html

これまでに復元した福島県から明石海峡付近までの60枚につき、再デジタル化したものを原寸大(1枚がたたみ1畳ぐらいの大きさ)に出力し、接合したものを展示しています。
http://www.tnm.jp/doc/Guide/Dyn/eten/eten28-5.html
接合と言えば、伊能図は測量データはよかったが、地図の投影法の研究が遅れていて接合に問題があったので、伊能忠敬自身も修正に苦心していたようです。(渡辺一郎:伊能測量隊まかり通るNTT出版1997)

今回も接合の問題はあったのかもしれませんが、地図のない空白域(日本海など)を含めて12m×16mというサイズは、とにかく迫力があります。
伊能図の経度(大図には表示なし)原点である京都付近が欠図となっているのは、惜しいところです。

この図の前身である「日本東半部沿海地図」は文化元年9月に11代将軍家斉の上覧を得ており、この上覧を機に伊能忠敬の全国測量事業は国家プロジェクトになり得たわけですから、199年前の 江戸城大広間フロア展示 は大きな意義を持っていたわけです。

最終的な「大日本沿海輿地全図」は伊能忠敬の没後3年あまりを経た文政4年(1821)に完成し、幕府に上程。老中・若年寄の面前で大図の西半分を接合して閲覧に供しました。500畳敷の江戸城大広間も、全部をフロア展示するには広さが足りなかったようです。
http://members.jcom.home.ne.jp/t-sakamo1b/inohzumonogatari(1).htm

[22387] 2003 年 11 月 30 日 (日) 14:02:46【1】 hmt さん
 四千万歩の男(3)カナ書き特別小図

[22364] Issie さん
で,これが例の「シーボルト事件」につながるのですよね。
文政11年(1828)間宮林蔵の届出を契機として発覚したこの事件。シーボルトに渡した地図 (高橋景保作「特別小図」) は幕府に取り返され、国立国会図書館古典籍室に現存します。蝦夷・北蝦夷図、東日本図、西日本図の3舗構成。伊能小図を2分の1 に縮尺して利用したものでしょう。
カタカナ表記が特徴ですが、意図はバレバレで、作業をした下役も怪しんだことと思いますが、エリートのお坊ちゃん上司を諌める者はいなかったのでした。
シーボルトはもっと慎重で、あらかじめ作っておいた写しの持ち返りに成功し、この外にも収集した種々の日本図も参照して1841年にメルカトル図法の200万分の1「日本図」を作っています。

[22349] わたらせG さん
大図はやはり、スケール大きかったですか?(そのまんま当たり前の質問になってしまいました^^;)
大図とは大縮尺の地図のことです。伊能図の場合、大図は3万6千分の1、中図は大図の6分の1、小図は中図の2分の1の縮尺です。念のため。

別件【1】落書き帳内のリンク関係修正
[19853] 深海魚 さん
「インド人もびっくり」のCMは、1964年の「特製ヱスビーカレー」でした。 [22362] は 年代が違ってました。
http://www.sbsoken.com/siryo/curry-QA/text/curryhistory1.htm

[22383] ゆう さん そして [3768] グリグリさん
リンク論、ありがとうございます。

[35754] 2004 年 12 月 14 日 (火) 15:03:56 hmt さん
 伊能大図(彩色復元図)全国214面のフロア展示開催中

地図の大縮尺と小縮尺の話題[35714][35738][35742][35743]。私も「分数の大小」と心得ています。

伊能大図こと「大日本沿海輿地全図」の大図[22357]は、現代の表現では「1:36000」ですが、「一里当曲尺三寸六分」と表示されています。
同様に中図は 「一里当曲尺六分」、小図は 「一里当曲尺三分」です。
この表現ならば、三寸六分>六分>三分で、大・中・小に混乱はありません。

ところで、[27486]でお知らせした「踏み絵コーナー」全国で開催も終りに近付き、現在(2004/12/6〜12/23)、前回のアナウンスでは未定だった日本大学文理学部で開催中です。しかも、東京国立博物館の時と異なり、米国議会図書館で発見された207面、海上保安庁海洋情報部で発見された4面及び残り3面を加えた 全国214面の伊能大図(彩色復元図)の展示というから、見逃せません。

[35753] じゃごたろ さんの「真空度」で迷ったことはありません。多分、「圧力」とか「高真空」とかいう言葉は使っても、「真空度」という用語は使っていないのでしょう。
地理と無関係の分野で、わかっていても混乱するのが「円高・円安」。
これも、1万円=96ドルというような表示にしてくれれば混乱しないのですが…。

[35827] 2004 年 12 月 17 日 (金) 12:51:19【1】 なきら さん
 伊能忠敬の日本図展

こんにちは。久しぶりの書込みです。

[35754]hmtさん
伊能大図(彩色復元図)全国214面のフロア展示開催中
昨日行ってまいりました。南西諸島や北方領土等の一部島嶼を除いて、日本全体の大図(アメリカ大図=アメリカ議会図書館蔵)や中図(フランス中図=フランス人の個人蔵だったためこう呼ばれるようです、現在は日本写真印刷()蔵)をはじめ、たくさんの図が展示されていました。
やはり伊能さんの偉業は、本当にすごい!と言うより他にありません。
今回の展示には、小図の隣に5万分の1の地形図を掲示して当時と現在を見比べられるようにしてあったり、測量に使用した機器を展示してあったり、歩測を実感させたり(伊能さんの1歩69センチの足跡を床に並べている)、富士山を観測して位置を確定していったので、その富士山の遠望を各地(最も遠いのは英虞湾でした)からのバーチャル映像で見せてくれたり、とさまざまな企画がされていて、とても楽しく、面白く見せてもらえました。講演会や映画の上映、測量の実験等が行なわれる日もあるようで、ほんとに多彩な催しです。
それから、特筆すべきは、入場が無料なのです。ちょっとびっくり。案内(主に学生さんがやっておられるようです)の方々も親切でした。日大文理学部さまありがとうございました。
開催は23日までですが、時間のある方にはぜひお勧めです。


[35828]般若堂そんぴんさんに教えていただいて、(株)を修正しました。ありがとうございました。

[35839] 2004 年 12 月 17 日 (金) 18:50:23 hmt さん
 写されていた hmt?

[35827]なきら さん
早速 観覧いただき有難うございます。

昨年の東京国立博物館平成館での展示[22357]は、福島県から明石海峡付近までの60枚で、京都と静岡が欠図でした。
今回は「クナシリ島」から「屋久島」までが広い会場に敷き詰められ、「アメリカ伊能大図」の欠図7面も、国立国会図書館や海上保安庁海洋情報部の所蔵図によって補完されており、まさに壮観の一語。
文政4年(1821)、江戸城大広間でも全部を展示することができなかったようなので、今回の展示会は183年ぶりの快挙です。

大図・中図・小図・江戸図と4つの伊能図の揃い踏みの他に、フロア展示を見下ろせるバルコニーでの、現代との対比など、見せる工夫もされていましたね。

小図の隣に5万分の1の地形図を掲示して当時と現在を見比べられるようにしてあったり

5万分の1の地形図と対比して展示してあったのは、「大図」なんですね。
伊能図の「大図」は「大縮尺の図」で、1:36,000。
「小図」は「小縮尺の図」で、1:432,000。(配布資料記載の1/433,000は誤記。)これでは、1:50,000との対比になりません。[22387]参照。

私は、メイン会場を見ているうちに閉館の5時になってしまい、図書館展示ホールの方は見逃しました。

ところで、図録を買って帰り眺めたら、昨年のフロア展示風景の写真があり、そこに写された人物に注目。全体の雰囲気はhmtそっくり!。服の色が少し違う?

[45234] 2005 年 9 月 29 日 (木) 19:20:08【1】 hmt さん
 地球を測った人々(4) 高橋至時と伊能忠敬
ARC 地球計測の歴史 〜地球を測った人々〜(eiji_t さん提案)

今年、世界遺産に選ばれたシュトルーヴェの測地弧(19世紀)[45147]を発端として、2000年以上前ののエラトステネス[45172]に遡り、17〜18世紀のフランスを中心とするヨーロッパにおける子午線測定の成果[45183] [45211]を振り返ってきました。

ヨーロッパにおけるこのような新知識は、オランダの暦書として日本に伝えられました。1803年、幕府天文方・高橋至時が「ラランデ暦書管見」で紹介しています。
高橋至時は、かねてから暦学上の必要性から子午線測定に関心を持っていましたが、それまでの日本では、25里、30里、32里など諸説が入り乱れ、信用できる実測値はありませんでした。

この時から少し前の寛政4年(1792)には、ロシアの使節ラクスマンが根室へ来て、日本人漂流民を送り届け、通商を要求するなど、北辺の動きが慌しくなっていました。幕府は蝦夷地に目を向け、寛政11年にここを直轄領とし、堀田仁助をして蝦夷地南岸と陸奥の東海岸を測量させました[42889]

高橋至時は、南北に長い子午線に沿って江戸から蝦夷地までを測量をすれば、子午線1度の実測値を得ることができ、北辺防備にも役立つという理由で幕府の許可が得られると考えました。しかし、誰にこれをやらせるのか? 

ここに、絶好の人物が現れます。
高橋作左衛門至時が天文方になった寛政7年に入門してきた下総国香取郡佐原村の伊能勘解由忠敬です。財をなした御隠居の身でありながら向学心に燃えています。
彼は子午線の長さの件でも実行力を発揮して、江戸市内の自宅と職場の間(緯度差1分半)で実測を試みましたが不成功。
相談された師匠は、待ってましたとばかりに、「もっと大きな緯度差で測らなければ角度の誤差が大きくて駄目だよ。蝦夷地までの測量をやってみる気はない?」と持ちかけました。

伊能忠敬のやる気を確認した高橋至時は、幕府に申請して許可を得、寛政12年(1800)閏4月19日に、伊能忠敬の一行6名は江戸を出発しました。幕府の命令書には
御用中一日につき銀七匁五分宛下される
とありますが、この程度の補助金では費用は賄いきれず、この大事業は、金と時間のある御隠居のボランティア活動で始まりました。そして、閏4月から10月迄をかけて、奥州街道と蝦夷南海岸を測量して実測図を作り上げました。

幕府に提出した大図21葉、小図1葉の出来栄えに、“測量試み”として許可を出した幕府は驚き、苗字帯刀を許されることになりました。勿論「伊能」という苗字は百姓身分の頃から持っていましたが、これを公式に使えることになったということでしょう。また、日本刀は方位磁石を狂わせるということで、実際には竹光を差していたそうです。

翌 享和元年の第2次測量を経て、享和2年(1802)には、発端になった子午線1度の弧長を28里2分(110.75km)と計算しています。
# 尺貫法の十進表記もあるのですね。

最初に記したように、その翌年、第3次測量の後にはオランダから、ヨーロッパの測定結果がもたらされました。
自分たちが求めた子午線弧長の測定値とヨーロッパのそれとが一致していることを知り、高橋・伊能の師弟は手を取り合って喜びました。

【1】 苗字帯刀に関して追記
年譜を見ると、“享和元年(1801) 幕府より苗字帯刀を許される”とあったので、上記のように書いたのですが、それより前の天明3年(1783)にも、浅間山噴火のあった年に “利根川洪水で凶作。利根川堤防修理に活躍。津田氏より苗字帯刀を許される。”とありました。
寛政12年(1800)の命令書にも
高橋作左衛門弟子 西九小姓番頭津田山城守知行所 下総国香取郡佐原村元百姓 浪人 伊能勘解由
とあり、学問の道に入った時には既に士分であったようです。
# 苗字帯刀には、領主のローカル・ライセンスと幕府の全国ライセンスがあるのかな?

[45236] 2005 年 9 月 29 日 (木) 19:28:24 hmt さん
 地球を測った人々(5) 伊能忠敬の地図
ARC 地球計測の歴史 〜地球を測った人々〜(eiji_t さん提案)

子午線の測定からは外れますが、ここまで来たので、ついでに伊能忠敬の地図作りを記してしまいます。

高橋至時の暦学的観点から始まった測量事業ですが、伊能忠敬の方は、最初から地図作りに情熱を燃やしていたのかもしれません。第3次、第4次の出羽・越後・北陸・東海沿岸の測量から戻った後で高橋至時は若死しますが、伊能忠敬は「日本東半部沿海実測図」を完成させて幕府に提出し、文化元年(1804)9月に11代将軍家斉将軍家斉の上覧を得ました[22357]。この時の大図・中図・小図の縮尺3点セット[35754]が最終版にまで引き継がれています。

地図の正確さに感心した幕府当局は、伊能忠敬を正式の幕吏として登用し、これ以降の西日本の測量(第5次〜第8次)は、幕府の事業として、「伊能測量隊まかり通る」ことになりました。測量は第9次、第10次の江戸府内測量へと続いた後、文政元年(1818)に74歳で死去しました。
「大日本沿海與地全図」が完成して、幕府に提出され、伊能忠敬の喪が公表されたのは文政4年、その後来日したシーボルトが「カナ書き特別小図」[22387]を持ち出そうとした事件は文政11年(1828)のことでした。

ところで、前記のようにヨーロッパの測地学の成果は、1803年には高橋至時の知るところとなりました。
地球が扁平な回転楕円体であるいう情報も入手していたわけで、この点については伊能忠敬も助言を受けていた筈ですが、伊能図は地球を球体として表現されています。
現代の地図と伊能図とを重ね合わせると、蝦夷地が東にずれている等のゆがみが指摘されています。
この点に関しては、いろいろな議論 があるようですが、地球楕円体を無視したことも主な要因でしょう。

伊能忠敬の測量した大図は、本質的に地表を平面とみなせる範囲の海岸線を正確に表わしたものであり、緯線と経線とは描かれていませんが、本質的には直交しているものと考えられます。これに対して、中図・小図では、サンソン・フラムスチード図法のように、京都基準の中央経線(中度)以外では、平行緯線と斜交する経線が描かれています。
この経線は、現在の地図と比較すると、あまり正しくないことがわかります。伊能忠敬は、日食・月食の機会だけでなく、京都と江戸での木星衛星食の同時観測(カッシーニが開発した経度測定法[45211])も行ない、経度の測定を試みましたが、結局はあまり成功せず、地図には反映されませんでした。

シーボルト事件では厳しい処置をした幕府ですが、開国後になると態度が変わります。
文久元年(1861)に英国海軍アクティオン号が海図作成のために日本沿岸の測量を始めましたが、この時に同乗した幕吏は、地名の質問に答えるために伊能図を持参していました。これを見た艦長はオールコック公使を通じて伊能図を入手し、その海岸線を利用して海図を作成したそうです。この時に再来日したシーボルトも日本に居たとか。

江戸城無血開城のおかげで、伊能図は無傷のまま明治政府に引き継がれましたが、不幸なことに明治6年の皇居火災で正本(最終上呈本)は全部焼失しました[34231]
しかし、測量事業の関係者が下図から針穴で写して彩色した副本や、江戸時代や明治時代に作られた写本が存在し、その姿を伝えています。最も代表的な副本は、伊能家に伝わる副本ですが、明治政府は正本の焼失後、その提出を求め、近代的な地形図整備に利用しました。内務省、陸軍、水路部等で作製された地図が伊能図を基礎としているのは、このような経過によります。
この副本も関東大震災の際に、保管先の東京帝国大学図書館と共に焼失してしまいました。

国立国会図書館の写本は、東日本に限られているものの、色彩・保存状態共に良好で、ネットで閲覧することができます[42805]。この写本は、明治初期に副本から模写されたもので、1997年に気象庁図書館で発見後、移管されたものです。
伊能忠敬の地図と史料 の中に、伊能図總目録があります。

[42807] 2005 年 7 月 4 日 (月) 17:46:28 hmt さん
 伊能図に見る島名・日本の島の数

[42798] あきすて さん 
日本にある島の数は、政府の統計年鑑の発刊(1882年)から載っている。最初は1847。翌年には413。発刊時は伊能忠敬の地図で周囲1町(約109メートル以上に対して翌年は周囲1里(約4キロ以上)と基準が変わったため。(中略)現在は6852。海図で岸の長さ100メートル以上を基準。

周囲1町というと、大図上で3mm。さすがの伊能忠敬も、これだけ小さな島を漏れなく図示することはできなかったようですね。

昨年の伊能大図フロア展示[35754]で気がついたことですが、伊能図では、九州・四国はもとより、佐渡・淡路・対馬・壱岐には「島」という言葉は使われておりません。「佐渡国」というように「国」です。

隠岐は、「隠岐国知天里郡(知夫里郡)島前・西島」というようになっていました。この例は「島」でしたが、「嶋」という字が使った例も多いようです。
例えば、(伊豆の)大嶋。この文字は、江戸から見るような向きになっています。その他の地名は、海から見るような向きです。「三宅嶋」・「櫻嶋」も同様。ところが、「八丈島」・「屋久島」になると「島」ですね。この使い分けは、良くわからない。屋久島は、赤い測線が内陸側に描かれている部分があり、人を寄せ付けない海岸の様子を偲ばせます。

安芸国・隠渡迫門(音戸瀬戸)の対岸には「瀬戸島」とありますが、その南には、現在と同じ「倉橋島」の文字があります。このように、昔は地続きでも場所により異なる名で呼んでいたのが、交通の発達につれて統一されてゆき、複数の島名が現代まで存続している珍しい例が、すぐ隣の東能美島・西能美島・江田島なのでしょうか。

[30880] ゆう さん の記事にあるように、
「江田島市」となった将来「この島全体の名前は『江田島』である」という認識が広がっていくかもしれない(中略)
今後、能美島の住人が「江田島市に住んでます」と言うだろうか、「能美島に住んでます」というだろうか、それとも別の言い方ができるのだろうかと考えると、とても興味があります。
ということですね。

八代島(現・屋代島)、引島(現・彦島)のように、少し字が違う島もあります。

思わず伊能図の話題が長くなってしまいましたが、本題の「日本の島の数」について。

島の数については [29533]で、これと密接に関係する島の定義については [26206]で論じたことがあります。
これらの記事と重複するところがありますが、少々記します。

都道府県別の内訳数は、第四管区海上保安本部のページにある通りで、長崎県が971とダントツです。
琵琶湖の島を数えてもらえない滋賀県を含む内陸8県以外では、大阪府が唯一のゼロとなっています。

大阪府には、「関西空港島」のような立派な島があるのに、人工島であるという理由で数えられていません。同じ画像に見える神戸のポートアイランドや六甲アイランドは、本州付属の「埋立地」であるとしても、本州からこれだけ離れた「関空島」が除外されているのは、ちょっと納得できません。

自然島なのに、本土に近すぎてしまったために、SHIMADASに収録してもらえなかった、防府市の向島(むこうしま)[26206]、下関の「彦島[24550]、佐世保の針尾島[17741]が、6852島に含まれているか否かも気になりますが、個別データがないので、確認できません。

伊能図に見える長崎の「香焼嶋」。現在では、すっかり本土と地続きになってしまい、明らかに6852島に含まれていません。香焼島という地名もなくなってしまったようです。

[49329] 2006 年 2 月 19 日 (日) 18:06:51 hmt さん
 「国土地理院の伊能図」も おすすめ地図サイトに推薦
ARC 地図サイト徹底比較(YUTA さん提案)

[49328]の末尾に記したように、アメリカ大図や海洋情報部大図をもとに、伊能忠敬7代目の子孫・伊能洋さんが監修によって作成された「伊能大図の復元彩色画像」が、国土地理院HPの中で公開されています。

トップページ は、説明と検索画面へのリンクです。

結合図からの閲覧 が使いやすいでしょう。
京都付近を試みると、拡大図3から琵琶湖の南西の133図を選び、示された地図からクリックすると2段階の拡大により伏見、大池付近を見ることができます。
しかし、別の場所をクリックしても同じ画像ですね。まだすべての拡大図がアップされていないのかな?

まだ完全ではないようですが、とりあえず [42779] 太白 さん に追加すべき「おすすめ地図サイト」として推薦しておきます。



都道府県市区町村 > 落書き帳 >このページのトップへ ▲

検索結果参照用リンクを編集 Copyright(C) 2019 M.Higashide 検索条件を変更