都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

『貝類』

山梨県版
山梨県のグラフとデータを黄色で強調表示します。

平成24年の貝類(あわび類、さざえ、あさり類、ほたてがい、その他の貝類)漁獲量を農林水産省の大海区都道府県振興局別統計を元に都道府県別にランキングしました。あわび類漁獲量は1位:岩手県、2位:千葉県で全体の約33%を占めています。さざえ漁獲量は1位:長崎県、2位:三重県、3位:山口県で全体の約35%を占めています。あさり類漁獲量は1位:愛知県で全体の約64%を占めています。ほたてがい漁獲量は1位:北海道で全体の約100%を占めています。

… スポンサーリンク …

出典:農林水産省「海面漁業生産統計調査」
表中の記号:「0」単位に満たないもの (例0.3t→0t)/「−」事実のないもの
      「x」個人又は法人その他の団体に関する秘密を保護するため、統計数値を公表しないもの
      「…」データ元に記載なし=内陸の県(漁港が存在しない県及び滋賀県)

貝類漁獲量【あさり類】
データの大きい順(t)
1愛知県17,562
2三重県3,957
3静岡県2,479
4熊本県1,167
5北海道907
6千葉県374
7長崎県295
8福岡県242
9広島県123
10東京都51
11宮城県43
大分県43
13佐賀県13
14山口県11
15京都府7
高知県7
17徳島県5
18神奈川県4
19新潟県2
兵庫県2
島根県2
岡山県2
愛媛県2
24岩手県1
25富山県0
福井県0
和歌山県0
香川県0
鹿児島県0
30青森県-
秋田県-
山形県-
福島県-
茨城県-
35栃木県
群馬県
埼玉県
38石川県-
39山梨県
長野県
岐阜県
滋賀県
43大阪府-
44奈良県
45鳥取県-
宮崎県-
沖縄県-
全国27,300
 
(t)貝類漁獲量【あさり類】
18,000
16,000
14,000
12,000
10,000
8,000
6,000
4,000
2,000
0
















































見出しのタップ(クリック)でデータが切り替わります。さらにタップ(クリック)すると「降順↓ → 昇順↑ → 都道府県順」で並び替えます。
都道府県貝類漁獲量(t)
あわび類さざえあさり類ほたて
がい
その他
貝類
合計
1愛知県34017,562-5,18922,793
2三重県496053,957-2,4387,049
3静岡県241872,479-772,768
4熊本県541,167-4001,576
5北海道48-907315,16513,202329,323
6千葉県141408374-3,0513,974
7長崎県88776295-2471,405
8福岡県47109242-2,1082,506
9広島県28123-154287
10東京都14451-20115
11宮城県96-43-627766
大分県1915543-358575
13佐賀県189213-3,7613,884
14山口県5851611-4531,038
15京都府61667-325505
高知県007-6472
17徳島県66315-44145
18神奈川県181884-49259
19新潟県2535320389769
兵庫県351462-209392
島根県364032-550991
岡山県112-162165
愛媛県553732-152583
24岩手県278-1-34313
25富山県1330-291326
福井県181430-231392
和歌山県11200-2961
香川県2170-349368
鹿児島県220-6770
30青森県5029-2217141,015
秋田県1450--407470
山形県1243--278333
福島県----1212
茨城県14---316330
栃木県
群馬県
埼玉県
石川県11393--388791
山梨県
長野県
岐阜県
滋賀県
大阪府17--5159
奈良県
鳥取県11143--381535
宮崎県05--6671
沖縄県----194194
全国1,2665,49027,300315,38737,838387,282

出典:農林水産省「海面漁業生産統計調査」
表中の記号:「0」単位に満たないもの (例0.3t→0t)/「−」事実のないもの
      「x」個人又は法人その他の団体に関する秘密を保護するため、統計数値を公表しないもの
      「…」データ元に記載なし=内陸の県(漁港が存在しない県及び滋賀県)

… スポンサーリンク …

特定の都道府県のデータやグラフを黄色で強調表示します。


都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

Copyright(C) 2022 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示