都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

『ジェネリック医薬品』

栃木県版
栃木県のグラフとデータを黄色で強調表示します。
トップ > 都道府県データランキング > ジェネリック医薬品

厚生労働省の「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」の調査データから、後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品の利用動向について都道府県別にランキングしました。ランキング項目は、後発医薬品割合(数量ベース)、後発医薬品調剤率、後発医薬品割合(薬剤料ベース)になります。各々の定義については下記を参照してください。後発医薬品割合(数量ベース)と後発医薬品調剤率は概ね近い値となりますが、後発医薬品割合(薬剤料ベース)では安価なジェネリック医薬品の比率は低くなります。なお、後発医薬品割合(薬剤料ベース)の計算に使われる調剤薬剤料と後発医薬品薬剤料についてもランキングしました。

… スポンサーリンク …

出典:厚生労働省「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」(2017年4月〜2018年2月)

「薬剤料」:調剤報酬明細書の用量、「調剤数量および薬価から個別の薬剤ごとに算出した薬剤料
「数量」:薬価基準告示上の規格単位ごとに数えた数量
「後発医薬品割合(数量ベース)」:〔後発医薬品の数量〕/(〔後発医薬品のある先発医薬品の数量〕+〔後発医薬品の数量〕)
「後発医薬品調剤率」:全処方せん受付回数に対する後発医薬品を調剤した処方せん受付回数の割合
「後発医薬品割合(薬剤料ベース)」:〔後発医薬品薬剤料〕/〔調剤薬剤料〕

(%)後発医薬品割合「薬剤料ベース」
24
22
20
18
16
14
12
















































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県後発医薬品割合
「数量ベース」(%)
後発医薬品
調剤率 (%)
後発医薬品割合
「薬剤料ベース」(%)
調剤薬剤料
(億円)
後発医薬品
薬剤料 (億円)
1北海道71.472.418.72,719508
2青森県71.472.018.5666123
3岩手県76.174.420.7597124
4宮城県72.772.118.51,011187
5秋田県70.170.718.4582107
6山形県74.172.519.448694
7福島県69.673.018.1854154
8茨城県69.568.717.21,236213
9栃木県70.071.018.3711130
10群馬県73.571.718.5692128
11埼玉県71.270.018.22,672485
12千葉県70.669.017.62,413426
13東京都65.763.715.76,044951
14神奈川県68.365.316.83,763633
15新潟県72.372.319.6938184
16富山県74.073.118.338370
17石川県72.470.917.245679
18福井県74.473.017.925546
19山梨県63.763.316.636561
20長野県73.771.319.0883168
21岐阜県68.570.317.6766135
22静岡県71.670.518.21,437262
23愛知県70.370.917.22,605448
24三重県71.370.718.3645118
25滋賀県70.369.817.553293
26京都府67.166.615.11,013153
27大阪府66.967.215.93,614575
28兵庫県69.167.716.52,307381
29奈良県68.867.518.442578
30和歌山県66.866.515.737058
31鳥取県73.970.917.424743
32島根県74.572.819.231460
33岡山県71.971.418.3670123
34広島県67.468.716.31,249204
35山口県72.372.518.6629117
36徳島県61.464.414.729043
37香川県67.767.916.045072
38愛媛県70.870.116.952989
39高知県64.666.816.335658
40福岡県70.570.917.02,083355
41佐賀県71.972.417.936565
42長崎県71.371.618.3631115
43熊本県72.274.718.9694131
44大分県70.372.218.052294
45宮崎県75.075.119.946392
46鹿児島県77.677.021.7640139
47沖縄県80.679.320.8502105
全国69.969.317.452,0729,077

出典:厚生労働省「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」(2017年4月〜2018年2月)

「薬剤料」:調剤報酬明細書の用量、「調剤数量および薬価から個別の薬剤ごとに算出した薬剤料
「数量」:薬価基準告示上の規格単位ごとに数えた数量
「後発医薬品割合(数量ベース)」:〔後発医薬品の数量〕/(〔後発医薬品のある先発医薬品の数量〕+〔後発医薬品の数量〕)
「後発医薬品調剤率」:全処方せん受付回数に対する後発医薬品を調剤した処方せん受付回数の割合
「後発医薬品割合(薬剤料ベース)」:〔後発医薬品薬剤料〕/〔調剤薬剤料〕

特定の都道府県のデータやグラフを黄色で強調表示します。


都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

Copyright(C) 2019 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示