都道府県市区町村都道府県データランキング 島根県版
『書店のない自治体』


書店の数は減少を続けていますが、書店がない自治体(市町村)の数と市町村合計数に対する書店がない市町村数の比率のランキングです(市町村数には東京都の特別区を含む)。日本書籍出版協会が公開した資料から2015年5月1日現在のデータと、トーハン調査による朝日新聞記事から2017年7月31日現在のデータです。香川県を除くすべての都道府県に書店ゼロの市町村があります。2015年から2017年の2年あまりで、全国の85市町村から書店が消えています。書店ゼロの市町村数の多いのは、北海道(58)、長野県(41)、福島県(28)、沖縄県(20)ですが、ゼロ市町村数の比率では、長野県(53%)、沖縄県(49%)、奈良県(49%)、福島県(47%)、高知県(44%)、熊本県(40%)となっています(2017年データ)。

2017年のトーハンの調査データでは、市で書店ゼロは、北海道の赤平市と歌志内市、茨城県のつくばみらい市、徳島県の三好市、熊本県の合志市、宮崎県の串間市、鹿児島県の垂水市の7市とのことです。また、市町村数には入れていませんが、堺市美原区、広島市東区、同安芸区の政令区にも書店がありません。

出典:日本著者販促センター 書店が1軒もない自治体の数 日本書籍出版協会の資料より(2015年5月1日現在)
出典:朝日新聞「書店ゼロの自治体、2割強に」トーハンの資料より(2017年7月31日現在)


書店ゼロの市町村数【2017年7月31日現在】
60
50
40
30
20
10
0















































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県2015年5月1日現在2017年7月31日現在
書店ゼロの
市町村数
ゼロ市町村
比率 (%)
書店ゼロの
市町村数
ゼロ市町村
比率 (%)
1北海道4726.35832.4
2長野県3545.54153.3
3福島県2237.32847.5
4沖縄県1946.32048.8
5奈良県1538.51948.7
6熊本県1328.91840.0
7福岡県1321.71728.3
8高知県1338.21544.1
9群馬県1234.31337.1
10青森県922.51230.0
11山形県925.71028.6
12秋田県936.0936.0
埼玉県57.9914.3
東京都69.7914.5
和歌山県620.0930.0
鹿児島県818.6920.9
17千葉県713.0814.8
山梨県829.6829.6
宮崎県519.2830.8
20岩手県515.2721.2
三重県413.8724.1
徳島県416.7729.2
23宮城県617.1617.1
岐阜県49.5614.3
25神奈川県26.1412.1
新潟県310.0413.3
静岡県25.7411.4
京都府415.4415.4
大阪府49.349.3
鳥取県315.8421.1
島根県210.5421.1
山口県315.8421.1
佐賀県210.0420.0
34茨城県36.836.8
福井県15.9317.7
岡山県311.1311.1
愛媛県210.0315.0
長崎県314.3314.3
39栃木県14.028.0
富山県16.7213.3
愛知県23.723.7
滋賀県210.5210.5
兵庫県24.924.9
44石川県15.315.3
広島県14.414.4
大分県15.615.6
47香川県00.000.0
全国33219.141724.0

出典:日本著者販促センター 書店が1軒もない自治体の数 日本書籍出版協会の資料より(2015年5月1日現在)
出典:朝日新聞「書店ゼロの自治体、2割強に」トーハンの資料より(2017年7月31日現在)


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。



Copyright(C) 2018 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示