都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

『在日米軍基地』

福岡県版
福岡県のグラフとデータを黄色で強調表示します。

在日米軍が日米地位協定に基づき利用している施設および区域について、米軍が専用で管理し利用している施設および区域(自衛隊等が一部利用している施設および区域を含む)と、有事の際に米軍が自衛隊等の施設を一時利用する施設および区域も含めた施設および区域に関し、施設・区域数、面積(千m2)、全体面積に対する構成比率(%)、都道府県面積に対する比率(%)を都道府県別にまとめました。防衛省の2018年1月1日現在のデータに基づいて計算しています。専用施設・区域の面積は、70%が沖縄県に集中しており、沖縄県の面積の8%以上を占めています。

… スポンサーリンク …

出典:防衛省・自衛隊 在日米軍施設・区域の状況 (2018年1月1日現在)

次の施設・区域は複数の都府県でカウントしているため、施設・区域数の合計数は一致しない。
・米軍管理:横田飛行場 (東京都・埼玉県)、大和田通信所 (埼玉県・東京都)、岩国飛行場 (山口県・広島県)
・一時利用:富士演習場 (山梨県・静岡県)、小松飛行場 (石川県・京都府)、大矢野原・霧島演習場 (熊本県・宮崎県・鹿児島県)

都府県にまたがる施設・区域については、都府県別面積の内訳が防衛省のデータには記載されていないため、独自に調査して都道府県別に集計している。2017年1月1日からの面積変化(合計で-365km2)のうち主なものは、岩国飛行場の埋立拡張(推定755km2)と、キャンプハンセンの名護市の一部区域の返還(推定-1057km2)です。

(一時利用含む)在日米軍施設・区域(一時利用含む)【施設・区域数】
35
30
25
20
15
10
5
0































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県在日米軍施設・区域(米軍管理)在日米軍施設・区域(一時利用含む)
施設・
区域数
面積(千m2)構成比率(%)都道府県
面積比率(%)
施設・
区域数
面積(千m2)構成比率(%)都道府県
面積比率(%)
1沖縄県31186,09270.608.1632188,22019.208.25
2北海道14,2741.620.0118344,57335.150.44
3神奈川県1114,7445.590.611217,3981.770.72
4長崎県104,6861.780.11104,7360.480.11
5青森県423,7439.010.25732,0713.270.33
東京都713,2025.010.60716,0251.630.73
広島県63,5391.340.0475,2250.530.06
8埼玉県42,0330.770.0552,0500.210.05
9静岡県21,2050.460.02489,1699.101.15
10宮城県345,6884.660.63
京都府1350.010.003900.010.00
熊本県316,4301.680.22
13山口県27,9143.000.1327,9140.810.13
福岡県1230.010.0021,4150.140.03
宮崎県29,1080.930.12
16岩手県123,2642.370.15
山形県11,3080.130.01
茨城県11,0780.110.02
群馬県15,7960.590.09
千葉県12,0950.790.0412,0950.210.04
新潟県114,0801.440.11
石川県11,6060.160.04
山梨県145,9684.691.03
岐阜県11,6260.170.02
滋賀県124,0902.460.60
兵庫県1200.000.00
鳥取県17780.080.02
岡山県118,8031.920.26
大分県156,3175.750.89
鹿児島県13,3200.340.04
31秋田県
福島県
栃木県
富山県
福井県
長野県
愛知県
三重県
大阪府
奈良県
和歌山県
島根県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
佐賀県
全国78263,585100.000.07128980,261100.000.26

出典:防衛省・自衛隊 在日米軍施設・区域の状況 (2018年1月1日現在)

次の施設・区域は複数の都府県でカウントしているため、施設・区域数の合計数は一致しない。
・米軍管理:横田飛行場 (東京都・埼玉県)、大和田通信所 (埼玉県・東京都)、岩国飛行場 (山口県・広島県)
・一時利用:富士演習場 (山梨県・静岡県)、小松飛行場 (石川県・京都府)、大矢野原・霧島演習場 (熊本県・宮崎県・鹿児島県)

都府県にまたがる施設・区域については、都府県別面積の内訳が防衛省のデータには記載されていないため、独自に調査して都道府県別に集計している。2017年1月1日からの面積変化(合計で-365km2)のうち主なものは、岩国飛行場の埋立拡張(推定755km2)と、キャンプハンセンの名護市の一部区域の返還(推定-1057km2)です。

特定の都道府県のデータやグラフを黄色で強調表示します。


都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

Copyright(C) 2019 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示