都道府県市区町村 > 市区町村変遷情報 >

大網白里市の変遷情報


市区町村変遷情報詳細情報閉じる


変更年月日都道府県変更種別郡名等自治体名変更対象自治体名/変更内容
2013(H25).1.1千葉県市制大網白里市山武郡 大網白里町


変更後名称変更後読み官報告示日協議会名称・関連情報等
大網白里市2012(H24).11.15☆大網白里町ホームページ(市制準備)
☆平成24年広報大網白里4月号
☆市の名称(名前)に関する アンケート結果 報告書(平成24年3月)

年 月 日協議状況・経過等
2003年4月市制準備班設置
2006年頃を目標に市制施行を検討へ
2006年3月2005年国勢調査で人口5万人に満たなかったため,市制準備班を廃止
将来的な市制施行や周辺自治体との合併も含めて検討へ
2011年1月31日金坂昌典新町長が、平成23年1月の臨時議会で「国勢調査の結果によっては、市制施行を視野に入れ、更なる発展を目指す所存」と所信表明。
2011年2月10日千葉県が発表した2010年の国勢調査速報値によると、大網白里町の人口は50,122人となり、市制施行の要件となる5万人を突破した。
2011年3月5日住民意識調査費573万円を新年度予算に計上。金坂昌典町長は「市制移行の人口要件はクリアしたが、町民の合意形成が必要だ」と話している
2011年4月1日企画政策課内に市制準備室を設置し、市制施行に向けての検討を進めることになった
2011年6月17日市制に関する住民アンケートを実施(市制移行の賛否、市の名称など)/調査期間:平成23年7月1日〜20日/調査対象者:広報配布世帯を対象
2011年9月12日アンケート結果を公表(大網白里町の市制施行について)賛成:82.9%、反対:16.1%、その他:1.1%(新市の名称について)大網白里市:57.8%、大網市:約28.5%、その他名称:13.1%(大里市、おおあみ市、東千葉市、白里市、大白市など)
2011年9月15日町は「8割以上の町民が市への移行を希望している」判断し、11月に町内3会場で4回程度の住民説明会を開く予定。2013年1月の市制移行に向けた準備を開始。(毎日新聞 2011年9月15日 地方版による)
2012年3月14日市制施行名称検討委員会の関谷昇委員長および小林武副委員長が、金坂昌典町長に市の名称を「大網白里市」が適当であるとする答申書を提出
2012年1月16日町内の小・中学校に通う小学6年生、中学生の児童、生徒、並びに大網高等学校の生徒を対象に市の名称に関するアンケートを実施 − 2012/1/16-2/10
2012年6月14日大網白里町議会は14日、町制から市制へ移行する議案を賛成多数で可決した。これを受け、町は7月上旬に知事へ市制移行の申請書を提出する。総務省との協議や県議会の議決を経て、来年1月1日に「大網白里市」が誕生する見通しとなった。市制移行は県内では2002年の富里町に次ぎ、37番目の市となる。大網白里町は2005年に市制移行の要件となる人口5万人を超え、2010年度に市制移行の方針を決めた。今年4月1日時点の人口は5万726人。同町によると、市になると生活保護の受給決定や児童扶養手当、特別障害者手当の認定、支給など福祉サービスの事務処理を県を介さずに直接行うことができる。ただ事務の増加に伴い、市の負担は約1億2千万円膨らむとみられる。小学校など公共施設の看板掛け替えなど、市制移行の経費として本年度当初予算に約1億8百万円を計上済み。県議会での議決は9月定例会となる予定だ。− 6/15 東京新聞千葉版
2012年7月12日金坂町長は、千葉県知事に「大網白里町を大網白里市とすることについて」の申請書を提出。9月県議会で審議予定
2012年10月16日千葉県議会本会議で大網白里町の市制施行に関する議案を可決
新市名:おおあみしらさとし
2012年11月15日官報告示:平成24年11月15日総務省告示第396号
2013年1月1日2013年(平成25年1月1日)市制施行




Copyright(C) 2019 M.Higashide管理者用編集画面へ