都道府県市区町村 > 市区町村変遷情報 >

松江市の変遷情報


市区町村変遷情報詳細情報閉じる


変更年月日都道府県変更種別郡名等自治体名変更対象自治体名/変更内容
2018(H30).4.1島根県中核市松江市中核市への移行
背景黄色は予定情報


変更後名称変更後読み官報告示日協議会名称・関連情報等
松江市☆中核市移行(松江市HP)
予定人口(推計人口)予定人口(国勢調査)予定面積人口密度
205,249人206,230人572.99km2358.21人/km2

年 月 日協議状況・経過等
2014年6月26日松江市の松浦正敬市長は25日の定例会見で「中核市を目指したい」と表明した。山陰では、鳥取市も中核市への移行を目指す方針を明らかにしている。

来春施行の改正地方自治法で、中核市の指定要件が人口20万人に引き下げられることが決まったのを受け表明。内部で検討を進め、島根県とも協議していく。

松浦市長は、中核市の利点として「市民サービスの充実につながる」と指摘。「実質的には現在も県内の中核市的な存在だが、名実ともに認めてもらいたい」と述べた。

一方で、専門職確保など課題も示した。

市によると、5月末現在の人口は20万5774人。中核市に移行すると、保健所の運営などが可能となり、行政サービス向上につながるとされる。

山陰では、鳥取市も中核市移行を目指し、鳥取県に協力を要請している。−産経新聞−
2014年10月1日松江市総務部に「中核市移行準備室」を設置
2014年10月7日松浦松江市長は、溝口島根県知事に対し、中核市移行に向けた協力要請を行った。
2017年3月16日松江市議会で中核市移行の申出議案が可決。
2017年3月22日島根県知事に総務大臣に対する中核市指定に係る申出を行うことへの同意を申し入れ。
2017年7月7日島根県議会が松江市の「中核市指定の申出」同意議案を可決
2017年7月18日島根県の溝口善兵衛知事が県庁知事室で松江市の松浦正敬市長に中核市移行に関する県の同意書を交付
2017年7月25日松江市の松浦正敬市長が、総務省を訪問し、総務大臣(代理:安田充総務事務次官)に、中核市への指定を求める申出書を提出。
2017年11月21日島根県松江市を中核市に指定し、2018年4月1日から移行することを、政府が閣議で決定。




Copyright(C) 2017 M.Higashide管理者用編集画面へ