都道府県市区町村 > 市区町村変遷情報 >

福井市の変遷情報


市区町村変遷情報詳細情報閉じる


変更年月日都道府県変更種別郡名等自治体名変更対象自治体名/変更内容
2019(H31).4.1福井県中核市福井市中核市への移行検討
背景黄色は予定情報


変更後名称変更後読み官報告示日協議会名称・関連情報等
福井市2018(H30).10.31☆中核市への移行について(福井市HP)
予定人口(推計人口)予定人口(国勢調査)予定面積人口密度
263,529人265,904人536.41km2491.28人/km2

年 月 日協議状況・経過等
2015年9月25日福井市の東村新一市長は25日、策定を進めている人口減少に対応し地域活性化を目指す「市総合戦略」(2015〜19年度)に、人口20万人以上の都市に対し権限が増える中核市への移行を明記すると発表した。2019年4月1日の中核市移行を目指す。
2015年10月中核市移行の基本的な考え方を策定
2015年11月平成31年4月1日を目標期日として中核市移行を目指すことを表明
2016年4月1日中核市準備室設置
2016年4月市長を本部長とする福井市中核市移行推進本部会議を設置
2016年5月24日県市移譲事務担当者合同会議を開催
2016年7月26日福井県に中核市移行に対する支援を要望
2017年4月28日福井市中核市移行推進本部会議を開催
2017年5月9日第1回中核市移行に関する福井県・福井市連絡会議を開催
2018年3月22日福井市議会が「中核市指定の申出」議案を可決
2018年4月18日福井市が中核市指定に係る福井県への同意申し入れ
2018年6月15日福井県の西川一誠知事は県庁で定例会見に臨み、2月の大雪で除雪費が膨らむなどして財政悪化に陥った福井市について「財政をしっかりとしないと物事は始まらない」と述べ、市に対して2019年4月の中核市移行を実現しようとする前に、財政再建への道筋づくりを優先させるべきだとのメッセージを送った。6月定例県議会への中核市移行の同意案提出を見送る方針を正式に表明した。中核市移行に必要な、県での同意手続きは9月定例会以降になる。市が思い描く移行スケジュールへの影響を問われ、「間に合うとか間に合わないとかそういうタイプの話でなく、市の財政運営がしっかりしないと、万事いろんなことができなくなる。それが先と思う」と説明。市が8月に作成予定の財政再建計画などを注視するとした。
2018年8月28日福井県議会に福井市の中核市移行についての同意議案を提出
2018年9月14日福井県議会で福井市の中核市の指定について同意する議案が賛成多数で可決。
2018年9月18日西川一誠福井県知事は福井市の中核市移行に同意し、県議会の議決を踏まえ東村新一福井市長に同意書を交付。さらに、福井市は同日夕、総務相宛ての中核市移行申請書を提出した。
2018年10月26日政府が閣議で、山形市、福井市、甲府市、寝屋川市の4市を中核市に指定する政令を決定。2019年4月1日施行。
2018年10月31日中核市に指定する政令を公布
2018年10月31日官報告示




Copyright(C) 2019 M.Higashide管理者用編集画面へ