都道府県市区町村 > 市区町村変遷情報 >

富士市の変遷情報


市区町村変遷情報詳細情報閉じる


変更年月日都道府県変更種別郡名等自治体名変更対象自治体名/変更内容
____.__.__静岡県中核市富士市中核市への移行検討
背景黄色は予定情報


変更後名称変更後読み官報告示日協議会名称・関連情報等
富士市☆中核市(富士市公式ホームページ)
予定人口(推計人口)予定人口(国勢調査)予定面積人口密度
245,837人248,399人244.95km21,003.62人/km2

年 月 日協議状況・経過等
2014年2月17日富士市議会の平成26年2月定例会において、平成26年度施政方針として、小長井義正市長は、「将来の中核市移行を視野に、新たな自治体連携の仕組みである地方中枢拠点都市制度などを研究してまいります」と表明
2014年6月25日富士市議会の平成26年6月定例会の一般質問において、荻田丈仁議員から中核市への移行を問われ、小長井義正市長が「財政状況が厳しい折、今後の都市経営を持続可能なものとするには、中核市への移行は重大かつ慎重な判断が求められるものと認識しておりますが、実現に向けて可能性を探ってまいります」と回答
2016年3月平成28年度「第3次富士市行政経営プラン」において、中核市制度の活用について調査を進めると記載
2018年5月15日小長井義正市長が、中核市への移行を検討している市の情勢を踏まえ、県に協力を求めて川勝平太知事を訪問。川勝知事は「富士市が中核市になって力をつけることは望ましいと考えている。県としても協力していく」と応じた。小長井市長は「市では現在、中核市移行について検討を進めており、2019年2月に方向性を示す予定。今後、より詳細な分析を進めていくために、県にさらなる情報を提供してほしい」と求めた。2019年2月に小長井市長が、(1)移行表明(2)移行見送り(3)検討継続(4)検討中断、のいずれかの方針を示す。
2019年1月15日2019年2月までに方針を示すとしてきた件について、小長井市長は2019年1月15日に臨時記者会見を行い、4つの選択肢(移行の表明、移行の見送り、検討の継続、検討の中断)の中から、「検討の継続」を示した。




Copyright(C) 2019 M.Higashide管理者用編集画面へ