都道府県市区町村 > 市区町村変遷情報 >

大和市の変遷情報


市区町村変遷情報詳細情報閉じる


変更年月日都道府県変更種別郡名等自治体名変更対象自治体名/変更内容
____.__.__神奈川県中核市大和市中核市への移行検討
背景黄色は予定情報


変更後名称変更後読み官報告示日協議会名称・関連情報等
大和市
予定人口(推計人口)予定人口(国勢調査)予定面積人口密度
235,190人232,922人27.09km28,681.80人/km2

年 月 日協議状況・経過等
2014年12月15日大和市議会の平成26年12月定例会の一般質問において、公明党の古澤敏行議員から中核市への移行を問われ、大木哲市長は「これからの少子高齢、人口減少社会において、市民に身近な自治体である市が福祉、保健衛生、環境など、市民に身近な分野でより多くの事務を担い、自立した都市として魅力を高めていくことは大変重要なことと認識しております。そうした点から、中核市へ移行した市の中には、移行のメリットとして、市民サービスの向上等とあわせて、市のイメージアップを挙げている市もあることは承知しております。一方で、中核市への移行に際しましては、1800を超えます事務権限の移譲に伴い、事務量、職員数、財政負担の増加などの影響が見込まれ、中でも保健所の設置については施設の整備や医師、獣医師、薬剤師等多くの専門職員の確保といった課題もございます。このことから、中核市への移行につきましては、メリットに加え、これらの課題につきましても、全国特例市市長会や中核市市長会などからの情報も集めながら、移行の時期なども含めて、引き続きさまざまな角度から検討を行ってまいりたいと考えております。」と慎重な回答。




Copyright(C) 2018 M.Higashide管理者用編集画面へ