都道府県市区町村 > 落書き帳 > メンバー紹介 > オフ会記録 > 第7回 >このページの最後へ ▼

落書き帳オフ会記録
第7回落書き帳公式オフ会「○×クイズ」by グリグリ


二次会での◯×クイズ 第7回公式オフ会の二次会で行われた「◯×クイズ」です。開催地つくば市、茨城県、落書き帳オフ会、落書き帳、都道府県市区町村の5つのジャンルから問題を出し、○か×で答える企画です。 ○×カード 当初は、正解者勝ち抜きで、数人になったところで賞品を選んでもらう方式を考えていましたが、皆さんそんなルールは無視して勝手に答えるので、二次会の酔いも加わり、出題者解答者渾然一体となった進行となりました。 賞品は沢山あったので適当にばらまきましたが、それでもいくつか残っていましたね。なお、○と×の意思表示するために、事前に100円ショップで購入した薄いピンクとグリーンのポストカードに「○」と「×」を各々両面印刷して皆さんに配りました。記念にお持ち帰りいただいた方もいらっしゃるようです。

以下の表は、オフ会前に準備した◯×クイズ問題のすべてです。皆さんも考えてみませんか。
なお、オフ会で全部を披露した訳ではありません(8割くらい使用)。

■練習問題
1白桃さんが落書き帳に書き込む時は常に酔っぱらっている解答
■つくば市関連
12005年国勢調査でつくば市の人口は20万人を超えた解答
2筑波山の標高は887mである解答
3つくば市の標高が一番低いところは海抜5mである解答
4つくば市の市制施行は昭和62年ですが同じ年に市制施行したのは廿日市市である解答
5つくば市は、筑波町、谷田部町、豊里町、大穂町、桜村が新設合併してできた解答
6つくば市は、全国で4番目のひらがな市である解答
7つくばエクスプレスには全部で21駅ある解答
8つくば市の国際姉妹都市の一つに、アジア大会開催地の広州市がある解答
9筑波銀行の本店はつくば市にある解答
10つくば市出身の有名人に宇宙飛行士の毛利衛さんがいる解答
11つくば市は9市と隣接している解答
12つくばエクスプレスを運営している会社の略称はMNRである解答
13つくばエクスプレスには急行列車はない解答
■茨城県関連
1ひらがなの市が全部で4市ある解答
2茨城県には、44市町村がある解答
3村は3つある解答
4町はすべて「まち」と読む解答
5かすみがうら市、つくばみらい市は6文字の市ですが、6文字の市は他にはない解答
6茨城県の面積は山口県の面積よりも広い解答
7茨城県の面積は三重県の面積よりも広い解答
8茨城県の人口は全国第10位である解答
9筑西市として新設合併したのは下妻市である解答
10水戸市の次に市制施行したのは土浦市である解答
11稲敷市と同じ日に市制施行したのはかすみがうら市である解答
12茨城県の花はバラである解答
13茨城県の県旗の地色は濃い赤である解答
14茨城県の最高地点は筑波山である解答
■都道府県市区町村関連
1地名コレクションは現在150コレクションを超えている解答
2地名コレクションで掲載件数が最も多いのは合成地名コレクションである解答
3市区町村変遷予定情報によると、次の合併は来年3月に予定されている解答
4それは、一関市と西尾市である解答
5来年4月に中核市指定を予定しているのは豊中市である解答
6来年4月に政令市を目指しているのは熊本市である解答
7石川県野々市町は来年4月の市制施行を目指している解答
8中核市と特例市では中核市の方が数が多い解答
9千葉市は中核市から政令市に移行した解答
10過去に中核市があったが現在はない都道府県は新潟県と静岡県だけである解答
11中核市が3つあるのは兵庫県だけである(姫路市、尼崎市、西宮市)解答
12埼玉県には特例市が7市あり全国で一番多い解答
13北海道と四国には特例市がない解答
14指定都市がひとつもないのは、島根県、徳島県、佐賀県、沖縄県である解答
15指定都市は全部でちょうど100市ある解答
16政令市だけで中核市、特例市がないのは京都府だけである解答
17福島県と福岡県で市町村数の多いのは福島県である解答
18市町村数が最も多いのは北海道、その次は長野県である解答
19村が10村以上ある都道府県は北海道、福島県、長野県の3つだけである解答
20村のない都道府県は15県に増えた解答
21市町村数が最も少ないのは富山県である解答
22町が最も少ないのも富山県である解答
23市の数が8市なのは福井県、島根県、香川県である解答
24市の数では東京都はベストテンにも入らない解答
25村の数が最も多いのは北海道である解答
26全国で郡の数は400を超えている解答
27市部の面積比率が最も低いのは鳥取県である解答
28市部の人口比率が最も低いのは鳥取県である解答
29市部比率が最も高い東京都は99%を超えている解答
30市部の面積比率が最も高いのは滋賀県である解答
31同一都道府県内の同一名称の町村は岐阜県の白川町と白川村だけである解答
32消滅した市が最も多いのは福岡県の9市である解答
33茨城県の消滅した市は、那珂湊市、勝田市、岩井市、下館市の4市解答
34岐阜県には消滅した市がない解答
35徳島県にも消滅した市がない解答
36特別区/市町村の合計数は、1750である解答
37町より市の数が多い解答
38村の数は174である解答
39政令市の区の数の合計は村の数よりも多くなった解答
40政令市の区の数が一番多い都道府県は神奈川県である解答
41東京都千代田区より人口が多い村は滝沢村だけである解答
42人口が最も少ない町の人口は1500人以下である解答
43滝沢村より人口の多い町はない解答
44都道府県庁所在地の中で人口密度が最も低いのは鳥取市である解答
45静岡市の面積は那覇市の面積の40倍以上である解答
46高山市と船橋村の面積には600倍以上の開きがある解答
47北海道の郡部の人口は100万人を超えている解答
48郡部の人口が一番少ないのは東京都である解答
49郡部の面積が一番少ないのは大阪府である解答
50公式HPにlg.jpドメインを使った自治体が一つもないのは石川県である解答
51公式HPに.tvドメインを使っている自治体は山形県最上町である解答
52地名コレクション第一号は半島コレクションである解答
53地名件数が最も少ないのは「2県にまたがる島」コレクションである解答
54地名コレクションの地名総件数は現在4万件を超えている解答
55北海道の(総合)振興局の数は15である解答
56札幌市が属するのは石狩総合振興局である解答
57人口が最も少ないのは、檜山振興局である解答
58総合振興局は半分の7局である解答
59市町村に最も数多く使われている文字は「田」である解答
60最も普通の市は野田市である解答
61現在、一郡一村は全国で17ヶ所存在する解答
62一郡一町は全国で100ヶ所以上存在する解答
63郡名を省略しても都道府県名を省略しなければすべての自治体は特定可能解答
64東西南北の文字で市に一番使われているのは「南」である解答
65東西南北の文字で町村に一番使われているのも「南」である解答
66政令市の区および特別区で一番使われているのも「南」である解答
67現在の天皇陛下のご成婚の日に市制施行したのは飯塚市である解答
68市町村名に一番多く使われている名称は「池田」である解答
69一番最初に消滅した市は伏見市である解答
70一番最近、消滅した市は大口市である解答
71愛知県守山市と滋賀県守山市は短い期間だが同時に存在していたことがある解答
72過去も含め同じ読みの市が3市同時に存在したのは「みよし市」だけである解答
73市制施行、新設合併による市制施行を3回以上行ったのは一関市と飯塚市である解答
74市名に使われているひらがなで一番多く使われているのは「み」である解答
75明治以前の旧国名をそのまま名乗る市が一番多いのは三重県である解答
76半濁音の読みがある市は3市しかない解答
77都道府県の蝶を制定しているのは埼玉県の「オオムラサキ」である解答
78長崎県は県の獣として「ツシマヤマネコ」を制定している解答
79高知県は県の獣として「ニホンカワウソ」を制定している解答
80西日本(近畿地方以西)の最高地点は屋久島の宮之浦岳である解答
81京都府の最高地点は972mで1000m未満である解答
■落書き帳関連
1ひと月の記事数が2000記事を超えたことがある解答
2落書き帳がオープンしたのは20世紀である解答
320世紀中(2000年12月31日まで)の記事数は100件を超えていない解答
4記事番号が10000番から20000番に到達するのに1年掛かっていない解答
5では、60000番から70000番には2年以上掛かった解答
6落書き帳がオープンした時の名称は「都道府県市区町村フォーラム」だった解答
7都道府県フォーラム時代に書き込んだ参加者は私以外にはだれもいない解答
8落書き帳アーカイブズはサイトが都道府県市区町村となるよりも早かった解答
9十番勝負は落書き帳の記事が20000番台突破を記念して始まった解答
10十番勝負と地名コレクションでは、地名コレクションが早い解答
11第一回公式オフ会と第一回十番勝負では、十番勝負が早い解答
12おがちゃんさんと桜トンネルさんでデビューが早いのは桜トンネルさん解答
13落書き帳のメンバー登録者は現在230名を超えている解答
14メンバー紹介ページのトップに掲載しているのは過去90日間に書き込みのある人だけ解答
15過去180日間に書き込みのある人は100名を超えている解答
■落書き帳オフ会関連
1今回の参加者の居住地で一番多い都道府県は千葉県である解答
2今回の参加者の出身地で一番多い都道府県は石川県である解答
3今回の参加者で私を除きデビューが一番早いのはまかいのさん解答
4では、まかいのさんの次にデビューが早いのはBANDALGOMさん解答
5これまで一度でも公式オフ会に参加した人は80名である解答
6今日の参加者の中で最初の記事番号の下二桁が88であるのは白桃さんと88さん解答
7今回の参加者の最初の書き込み記事の番号を合計すると50万を超える解答
8今回の参加者の自分色、メンバー名の背景が白の人は、白桃さん, ハムちゃんさん, Hiro_as_Fillerさんの3人だけである解答
9今回の参加者で特別区/政令市に居住している人は半数以上である解答
10出身地と居住地が同じ都道府県の人はちょうど半数である解答
11居住地(特別区、政令区まで細分化)の人口が一番多いのはかすみさん解答


都道府県市区町村 > 落書き帳 > メンバー紹介 > オフ会記録 > 第7回 >このページのトップへ ▲

Copyright(C) 2010 M.Higashide