都道府県市区町村 >ページの最後へ ▼

都道府県市区町村落書き帳 from 1999.11.21
都道府県や市区町村に関する話題や、地理全般に関して情報提供、雑談、ご質問など、なんでも自由に落書きしてください。都道府県市区町村へのご意見、ご要望、ご感想などもお待ちしています。なお、初めてご利用になる方は、最初に必ずガイドラインをお読みください。

| 都道府県市区町村 | 新着情報 | ランキングデータ | 都道府県データランキング | 都道府県プロフィール | 市区町村雑学 |
| 市区町村プロフィール | 自治体の広報メディア | データベース検索 | 地名コレクション | 面白データベース検索 |
| 市区町村変遷情報 | 市の変遷 | 経県 (経県値&経県マップ) | 国勢調査データ | hmtマガジン | 白桃市町村人口研究所 |
| 全国の市十番勝負 | 戦国市盗り合戦 | パズルとクイズ | 落書き帳アーカイブズ | 参考情報 | サイトマップ |

| 47都道府県のデータ | 北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 |
| 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 |
| 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 | 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 |
| 徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県 |

落書き帳ガイドライン便利機能記事数ランキング記事数の推移番の記事へジャンプ
新規記事記事訂正記事検索過去ログメンバー紹介メンバー登録メンバー紹介編集オフ会記録

NEWS 17/6/25 地名コレクション 新規:調味料・香辛料 東西南北海道/更新:かいと 町名の○○台 町名の○○ヶ丘
17/6/17 モバイルフレンドリー対応と文字コードのUTF-8化作業進行中 → 新着情報
17/6/16 自治体の広報メディア(6月) 新規:9件/更新:7件/削除:2件 → 更新履歴
17/6/15 都道府県データランキング 新規:年齢調整死亡率 大規模小売店舗数
更新:出生/死亡・結婚/離婚 東日本大震災避難状況 コンビニエンスストア セブンイレブン

[92929] 2017 年 6 月 26 日 (月) 10:52:58 inakanomozart さん
 >調味料・香辛料コレクション 「柚子」

[92921] オーナー グリグリさん
「柚子」を「柚」の一字で表す地名は該当しないでしょうか。
参考までに当地の町名で
静岡市葵区柚木町(ゆずのきちょう)
静岡市葵区柚木(ゆのき)
富士市柚木(ゆのき)があります。

[92928] 2017 年 6 月 26 日 (月) 09:28:26 N さん
 西尾市長(若年首長)

[92927]Takashiさん
中村健新西尾市長ですが、
読みは「なかむら けん」
生年月日は1979(S54).4.25
就任日は2017.7.5(予定)です。

https://seijiyama.jp/area/card/3624/FAtrjA/M?S=lcqdt0rcnb0k
http://kennakamura.net/profile/index.html
https://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/6,1772,73,363,html

[92927] 2017 年 6 月 26 日 (月) 07:00:55 Takashi さん
 6月25日投開票・若年で当選した首長その他

愛知県西尾市で中村健氏38歳が初当選しました。西尾市HP
生年月日の詳細は今のところ不明です。

とりあえずご報告まで。

[92926] 2017 年 6 月 25 日 (日) 23:21:27【2】 Takashi さん
 現横須賀市長3選ならず

本日横須賀市長選の投開票が行われ、3選を目指していた吉田雄人氏の当選はなりませんでした。横須賀市HP

とりあえずご報告まで。

追記:当選した上地克明氏は現在63歳ですので若年で当選した首長には該当しません。神奈川新聞

[92925] 2017 年 6 月 25 日 (日) 22:45:12 EMM さん
 EMMの地名コレクション編集メモ・第202号

[92923] オーナー グリグリ様

「はぶ」コレクション、登録しました。
ご確認をよろしくお願いいたします。

それから、「調味料・香辛料」コレのうち国土地理院地図がリンクされているものの縮尺がエラい事になっています。
調整が必要と思われますのでこちらもご確認をお願いいたします。

[92924] 2017 年 6 月 25 日 (日) 22:32:28【1】 EMM さん
 調味料・香辛料コレクション情報提供

[92921] オーナー グリグリ様

調味料・香辛料コレクションの上梓お疲れ様です。
さて、参考とされている調味料辞典に記載がある名称と付き合わせると、下記も記載候補になるのでは無いでしょうか。

梔池(くちなしいけ)(静岡県)
生姜山(鹿児島県)←集落通称名のようです(バス停あり?)

このほかに「芥子」と「丁子」も見つけたのですが、「からし」「ちょうじ」ではなく「けし」「よろうご」なのでちょっと悩むところかも。
ご検討よろしくお願いいたします。

#「はぶ」はこのあと対応します。

[92923] 2017 年 6 月 25 日 (日) 21:14:19 オーナー グリグリ
 「はぶ」コレクション

>EMMさんへ
地名コレクションの「コレクション案にある「はぶ」について登録をお願いします。私が担当するはさまみさきかいとに続く、同音異字地名シリーズとしたいと思います。マピオンの住所地名と駅名に限定して集めましたが、今のところ、15種類の表記で46件が見つかっています。では、お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

[92922] 2017 年 6 月 25 日 (日) 17:51:54 hmt さん
 ゼンリン

[92917] Takashi さん
ゼンリン住宅地図 足かけ66年「完成」

三角測量によって国土全域の地形を明らかにする地形図整備事業は、陸軍参謀本部の陸地測量部により 1890年から5万分の1地形図として行なわれ、1916年(大正5年)に全国整備が完了しました。足掛け27年。

大都市・軍事施設周辺など一部の地域については、明治末期の 1910年から、より詳しい 2万5千分の1地形図の整備も始まりました。しかし、それが 全国的な長期計画になったのは 1964年でした。最後に測量された沖ノ鳥島は 1983年というから、足掛け20年後、5万分の1を始めた 1890年から通算すると、足掛け94年になります。

もちろん、地形図と住宅地図とは調べる対象も精度も違います。
しかし、縮尺だけで比較すると、1500分の1の住宅地図は、2万5千分の1地形図に比べて長さで 16.7倍、地図面積で 278倍という計算になり、大縮尺の住宅地図の全国展開が大事業になるであろうことは 予想できます。

「住宅地図の対象地域」の面積がどの程度あるのか見当もつきませんが、少し計算してみます。

「ゼンリンの住宅地図は 全国を約二千二百に分けて掲載」(東京新聞)というから、791市 23区 744町 183村の合計【1741】の1.3倍弱の冊数があるようです。

手元の1冊【富士見市】を見ると B3判で 75図あり、地図面積は 約14m2。縮尺1500分の1とすると 31.6km2という計算になり、実面積の約1.6倍です。富士見市の複雑な境界線を考えればこの値には納得できますが、住宅地図2200冊のハミダシ率全国平均は、これより小さいでしょう。

2200冊✕地図面積15km2÷ハミダシ率1.5 と仮定して概算すると、住宅地図のカバーする実面積は 約2.2万km2。
もう少し多いかもしれませんが、住宅地図の対象面積は、北方領土を除く全国面積37.3万km2の 6%程度か。
全く自信はありませんが、こんな数字を出してみました。

このうち約四割を占める都市部のものは 毎年、それ以外の地域は 五年に一度 それぞれ更新している。

これだけの実績を民間の一企業で積み重ねてきたゼンリン。全国完成を機に、敬意を払いたいと思います。

東京の島しょ部の作成が後回しにされたのはゼンリンの本社が北九州市にあることと関係があるのでしょうか?

ゼンリン地図の最初は 1949年の『年刊別府』という小冊子に添えられた市街地図でした。Challengeというページの真ん中の窓をクリック。
その右の窓【1952】から現れるのは、『別府市住宅案内図』で、これが[92917]に記されていた「足かけ66年」のスタートです。1954年以後の本拠は小倉です。
しかし、九州の会社であることと、三宅島や小笠原がゼンリン住宅地図の最後になったこととは、無関係でしょう。

三宅島の遅れは 2000年からの火山活動による島外避難の影響が大きく、大島・八丈島以外の伊豆諸島【利島・新島・神津島・御蔵島・青ケ島】は、その遅れに付き合わされてしまったのだと思います。

小笠原諸島【と言っても、住宅地図の対象になり得るのは 父島と母島だけ】は、電話の全国自動即時化も最後になりました(1983/6/21)。電信電話のあゆみ

余談:
意外なことに、そんな小笠原にも 公衆電話が明治38年(1905)に開通していたそうです(Wikipedia)。
日本からグアムへ、そしてアメリカへと通じる海底ケーブルの中継地で、これを利用することができたのですね。
でも、この細い回線を利用するのは、よほどのことだったのでしょう。

戦後の銚子無線局経由になっても電話回線数は少なく、電波障害もありました。
結局、時間遅れはあるものの、通信衛星経由の回線によって 小笠原と日本各地との間のダイヤル即時通話化が実現したのが、前記のように 1983年だったのでした。

[92921] 2017 年 6 月 25 日 (日) 12:23:34【1】 オーナー グリグリ
 調味料・香辛料コレクション

過去記事で話していた「調味料・香辛料コレクション」を新規リリースしました。醤油、砂糖、味噌、塩、酢、山葵、山椒、茗荷など、調味料・香辛料の名称の地名です。マピオンの住所地名のほか地理院地図にある旧字名や地形名を掲載しました。ただし、塩、油、酒については、件数が非常に多いため、マピオンの住所地名の大字名以上と駅名、および、小字名については「塩、塩町、塩屋、油、酒町、酒屋」に限定して掲載しています(油町、油屋、酒は未発見)。調味料・香辛料の名称については、こちらの調味料辞典を参考にしました。

塩は小字や地形名を省いても500件以上になっており、47都道府県のすべてからリストされています。塩、油、酒は小字名や地形名なども加えて単独コレクションにしてもよい規模です。調味料・香辛料の名称そのものの地名としては、一文字では、酢(1)、油(1)、塩(6)、二文字では、山椒(1)、茗荷(9)、八角(1)、甘草(2)、明礬(1)があります(カッコ内は地名件数)。このうち大字は以下の通りです。

滋賀県長浜市酢
埼玉県熊谷市塩
富山県富山市塩
岐阜県可児市塩
茗荷福島県東白川郡矢祭町茗荷
茗荷福井県丹生郡越前町茗荷
明礬大分県別府市明礬

[92920] 2017 年 6 月 25 日 (日) 09:30:13 白桃 さん
 まさに【国宝級】な町ふたつ

将棋の藤井四段の連勝に刺激を受け、当研究所では国勢調査人口の「連勝記録」を調べてみました。
「市」の場合だと、第1回国勢調査から市として登場し、合併はしても市の名称を変更することなく、一度も人口を減少させたことがない(つまり19連勝)というのが、仙台、宇都宮、岡崎、四日市、福岡、熊本、大分。これに札幌(第1回目は札幌区として登場)を加えると8市になります。
「町」の場合だとさらに希少です。壬生、大磯(大忙し→大磯が市、ではなく、大磯は町、です)、津幡、蟹江といった錚々たる町も、挫折?した経験があります。結果から言いますと、スーパータウンの異名を持つA、と、本日キタサンブラックに騎乗予定の騎手と同名のBしかないのです。Aは1955〜1960年に金ヶ瀬村と、Bは1950〜1955年に富貴村と合併を行っており、特にAは、金ヶ瀬との合併という非常手段を用いて、実質的には人口減少だったことを隠蔽したようですが、それにしても、この両町の国勢調査史における人口推移をみると、芸術的と言うか奇跡的軌跡に思えます。ですから、「いまだに町」と侮ってはいけません。ましてや、栗原市、中央市、本巣市、東???市などは、両町のことを馬鹿にしたら天罰がくだります。
ただ、2020年国勢調査で20連勝となるか…とっても心配。

国勢調査年-スーパーA町前回差---ディープB町前回差
1920年6,1135,101
1925年6,8647515,875774
1930年7,2644006,491616
1935年7,301377,249758
1940年7,7914908,102853
1947年11,3043,51310,8492,747
1950年11,62732311,479630
1955年12,10647916,0244,545
1960年15,2793,17317,1031,079
1965年15,56528621,0593,956
1970年16,03346825,5754,516
1975年17,5251,49230,2544,679
1980年19,3321,80733,9243,670
1985年20,30597336,3812,457
1990年20,90159638,1051,724
1995年21,9951,09438,15348
2000年22,76777239,9931,840
2005年23,33556840,981988
2010年23,53019542,4081,427
2015年23,79826842,47365
(2017/5/1)23,672-12642,604131

[92919] 2017 年 6 月 25 日 (日) 08:55:08 オーナー グリグリ
 廻土

「かいとコレクション」に、36種類目の表記として、「廻土」地名が山梨県南部町に2ヶ所見つかりました。

[92918] 2017 年 6 月 24 日 (土) 21:34:43【2】 Takashi さん
 名古屋市中村区黄金通

まかいのさんへ

地名コレクション金銀銅に掲載されている名古屋市中村区黄金通ですが2017年6月13日に読みを「おうごんどおり」から「こがねどおり」に変更したそうです。名古屋市HP内名古屋の町名一覧

別件で名古屋の町名一覧を見ていたらたまたま見つけましたので修正あるいは追記(こちらの方がふさわしいかな?)お願いします。

追記:wikipediaの黄金通についてのサイトによると、1939年6月の町名制定当初から読みは「おうごんどおり」であったが、近鉄名古屋線の駅名(こがねえき)や中学校名(名古屋市立こがね中学校?)などにも使われていた「こがね」が住民などの間で一般的に使われていたため読みを「こがねどおり」に変更したとのこと。ちなみに近鉄名古屋線黄金駅の開業は1938年6月26日とのこと。

[92917] 2017 年 6 月 24 日 (土) 17:38:43 Takashi さん
 ゼンリン住宅地図 足かけ66年「完成」

地図製作会社のゼンリンがこれまで作成されていなかった小笠原村など東京都の島しょ部七村の住宅地図を作製、発行しました。これによって一九五二年に大分県別府市の地図を発行して以来、足かけ六十六年で東京二十三区を含めた全千七百四十一の市区町村の住宅地図を網羅することになったそうです。東京新聞

ちなみに最後まで残っていたのは小笠原村のほか利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、青ケ島村だそうで。

東京の島しょ部の作成が後回しにされたのはゼンリンの本社が北九州市にあることと関係があるのでしょうか?(東京にも事業本部があるのであまり関係はないのかもしれませんが。)

[92916] 2017 年 6 月 23 日 (金) 18:55:52【2】 hmt さん
 獺【かわうそ】地名

[92915] 白桃さん
※獺祭(だっさい)は山口県岩国のお酒

辞書で「獺祭」を引こうと思ったのに、見つかりません。資料を部屋中に広げているせいです。
やっと探し出した『大辞林』開き、晩唐の李商隠の故事を確認しました。
9世紀の彼も、詩文を作るに際して、多くの参考書を座の左右に広げていました。
彼は自らの姿を、獺【かわうそ】が魚を岸に並べているのに例えて「獺祭魚」という号を使ったのでした。

日本でこれを真似て「獺祭書屋主人」と自称したのは 正岡子規です。

「獺祭魚」【たつ うおをまつる】は、暦の二十四節気を更に三分した七十二候の立春から4番目(2/19-23頃)である雨水初候の呼び名としても使われました。もっとも これは 遣唐使により伝えられた宣明暦が使われていた時代で、現在の暦には「土脉潤起」【つちのしょううるおいおこる】と記されています。
宣明暦:日本では1684年の貞享暦[77583]に改められるまで、長期間使われました。
日刊☆こよみのページスクラップブックにも、獺祭の記事がありました。

さて、20世紀の終頃に登場した純米大吟醸酒「獺祭」の蔵元・旭酒造は、岩国市周東町獺越にあります。
今では岩国市内…と言っても、昔は西国街道の難所の一つであった 欽明路峠を越えた先の 周防国玖珂郡川上村。
これが明治の高森村、大正の高森町、昭和の周東町を経て、平成合併で岩国市になりました。

命名の由来には、地名に使われている「獺」の字を使ったことが記されています。
「川上村に古い獺がいて、子供を化かして当村まで追越してきた」ので獺越と称するようになった
この地名から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名しております。

「獺越」は難読ですが 周東町では 地形図のフリガナのように「おそごえ」と読むようです。
カワオソの「おそ」ですが、別の獺越では 地形図に「うそ」とフリガナが付けられた地もあります。
「獺」の音は「タツ、タチ」で、慣用「ダツ」。…で、訓読みは? 一概には言えないようです。

この機会に、地理院地図で 獺【かわうそ】地名 を検索してみたところ、かなりありました。
カワウソは、日本人が昔から親しんでいた川の生き物であったようです。

【獺越】読みは、下記のように まちまちです。おそごえ、おぞごえ、うそごえ など
岩国市内だけ見ても、本郷町波野【はの】獺越【おそごえ】があり、隣接する周南市にも、大字鹿野上の獺【おそ】越があります。
その他、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字西中野川の獺越【おぞこし】島根県大田市山口町山口の獺【うそ】越島根県邑智郡邑南町井原の獺【おそ】越宮崎県延岡市北方町獺越【うそごえ】、鹿児島県薩摩川内市中村町獺【うそ】越。更に 岡山県玉野市宇野三丁目の獺【うそ】越鼻

【島の獺地名】
宮城県宮城郡松島町獺【かわうそ】島 千葉県鴨川市海獺島 神奈川県横須賀市海獺【あしか】島 

【水関係の獺地名】
岩手県陸前高田市小友町字獺【うそ】沢 福島県いわき市獺沢 福井県敦賀市獺河内 静岡県浜松市北区獺淵と獺淵川 兵庫県神戸市北区獺池 

【その他の獺地名】
青森県上北郡おいらせ町獺【うそ】野 秋田県能代市獺野 福島県相馬市獺庭 千葉県長生郡長生村獺【かおす】台 神奈川県藤沢市獺郷 新潟県新潟市南区獺ケ通 福井県福井市獺ケ口町 兵庫県神戸市灘区獺東谷 福岡県朝倉市獺ノ口 大分県日田市獺野尾 

地理院地図以外にも、「獺」地名の資料がありました。
地名コレクションを作る方があれば、ご利用ください。
但し、愛知県名古屋市熱田区「大獺子町(おおせこちょう)」のように、現在の熱田区の町名と異なる表記もあるので、御注意ください。

[92915] 2017 年 6 月 23 日 (金) 08:02:25 白桃 さん
 逆バージョン

[92913]Takashi さん
A市は横浜市(まあ、これはこの整理が何を意味するかわかれば調べる必要もないのでそのまま書きます)
B市は一説には宮本武蔵の生誕地とされるあの市でしょうか?
お付き合いいただき有難うございます。
Takashiさん、ご明察どおり、[92912]は、都道府県ごとに市を人口の多い順に並べ、そして、同順位の市を人口の多い順に番号数字を付けたものです。例えば15-15は都道府県内15位にある17市の中で15番目に多い、美作市というわけです。ついでに言うと、1-2は大阪市、2-1は150万人を突破した川崎市になります。ゾロ目は15-15までで、16-16以降はありません。
名探偵によって簡単に解かれてしまいましたが、これを逆にして、つまり、都道府県ごとに市を人口の少ない順に並べて、それを同順位の市を人口の少ない順に番号数字を付けると、下のとおりになります。これで、歌志内を隠すと、もう少し難しくなったかもしれませんネ。
----------
1-1歌志内6-6由布11-11玉名
2-2土佐清水7-7瑞浪 12-12桶川
3-3鳥羽8-8淡路13-13島田
4-4遠野9-9富士吉田 14-14青梅
5-5甲州10-10十日町15-15横須賀
余談ですが、宮本武蔵の生誕地とされる所は、美作市(旧大原町)と兵庫県佐用町(旧平福町)があります。吉川英治に親しんだ私は、大原説を支持したいのですが、多分、平福じゃないかと思ってたりもしています。
以下、雑談
月に一度、病院に通って検査を受けてますが、お酒を控えるのは前日だけ。病院に行った日から一週間は特にガバガバ。これじゃ、いつまでたっても治るわけありません。それにしても、昨日の「獺祭」、チョー美味しかった。
※獺祭(だっさい)は山口県岩国のお酒。喝采(かっさい)はちあきなおみ、葛西(かさい)は浦安の隣、加西はk-ace さんの出身地。

[92914] 2017 年 6 月 22 日 (木) 21:03:28 Takashi さん
 Re:都道府県名の名字ほか

[92913] Takashi
本日の19:30から放送される今さら某を付けるのも面倒な気がする公共放送局での人名を取り上げる番組で都道府県名の名字が取り上げられます。……、といってもここに頻繁に出入りされる方にとってはあまり新しい情報が得られるとはあまり思ってはいないのですが。
実際に該当番組をリアルタイムで拝見したところ、
・名字で「愛媛」「京都(きょうと)」「沖縄」はやはり存在しない
・基本的に都道府県名あるいはその元となる地名に基づく名字はない(むしろ都道府県より小さな区域(郡、町村、字など)に基づく名字を名乗っただけで都道府県名と一致したのは単なる偶然というだけ。特に人数の多い名字にはこの傾向があるようです。)
・ただし千葉姓は現在の千葉県千葉市に由来することがわかっている。(しかし源頼朝の奥州討伐の際に千葉氏が同行したことから千葉姓が現在の東北地方で現在の千葉県よりで多い名字となるようになっている)
・大阪府内に住んでいる(おそらく唯一の)東京姓はかつては江戸姓を名乗っていたのだが明治期に戸籍が編成される前後に東京姓を名乗るようになったとか(江戸姓自体はそう珍しい名字ではないが明治期にあえて東京に変えたのは他にいなかった模様)
・鹿児島県内に日本姓を名乗る家が存在する(かつて島津家の大名のもとで天気を当てたことを認められて日本という名字を大名よりいただいた模様)
というところでしょうか。個人的には見る前の想像より得るものが多かったとは思いますがこれは人それぞれでしょう。

あと、追加情報がありましたらご自由にどうぞ。

[92913] 2017 年 6 月 22 日 (木) 18:23:45【1】 Takashi さん
 都道府県名の名字ほか

実は毎日拝見しているのですが特に書き込むこともないためただただ見るだけで終わっていたのですが……。

本日の19:30から放送される今さら某を付けるのも面倒な気がする公共放送局での人名を取り上げる番組で都道府県名の名字が取り上げられます。……、といってもここに頻繁に出入りされる方にとってはあまり新しい情報が得られるとはあまり思ってはいないのですが。

他局の別番組での"とりあえずの"結論である
名字で「愛媛」「京都(きょうと)」「沖縄」は存在しない
[92814] ピーくんさん、[92816] k-aceさん、[92835] みかちゅうさん、[92842] Takashi)
がどう扱われるのかが鍵となるでしょうけど、それ以外見所ないかな、といっては失礼かな?

で、実はここから先が本当に書き込みたかったことなのですが(は?)

[92912] 白桃さん
2015年10月1日に存在していた市を、第20回国勢調査人口をもとにして整理したものです。1-1のA市、15-15のB市はどこでしょうか?

A市は横浜市(まあ、これはこの整理が何を意味するかわかれば調べる必要もないのでそのまま書きます)
B市は一説には宮本武蔵の生誕地とされるあの市でしょうか?

[92912] 2017 年 6 月 22 日 (木) 10:33:48 白桃 さん
 あ、さて、あ、さって、幸手は・・・

話は少し古くなりますが、5月1日現在の推計人口において、白岡市に抜かれた幸手市が埼玉県内人口最下位市になりました。
下は、2015年10月1日に存在していた市を、第20回国勢調査人口をもとにして整理したものです。1-1のA市、15-15のB市はどこでしょうか?
----------
1-16-6草加11-11太宰府
2-2北九州7-7安城12-12瑞穂
3-3西宮8-8富士宮13-13岡谷
4-4枚方9-9 掛川14-14郡上
5-5越谷10-10千歳15-15

ついで:(というか、以下を書くために、ついでにクイズを出題したというのが真相)
[92906]伊豆之国 さん
三本松高校、大金星
いいえ、順当勝ちしただけの話です。(汗)

[92911] 2017 年 6 月 21 日 (水) 23:40:49 山野 さん
 那珂川市→筑紫郡消滅へ

[92910]ピーくんさん
おっ、那珂川町。可決されましたか。愈々来年10月に「市制施行」ですね。
再来年元日にも元号が変わるらしいので、多分此処が「平成時代」最後の自治体変遷情報になるのかな。

[92910] 2017 年 6 月 21 日 (水) 20:41:17【1】 ピーくん さん
 可決しました。

6月16日に福岡県筑紫郡那珂川町議会で那珂川町を那珂川市にすることについての議案を全会一致で可決しました。
詳細

グリグリさまよろしくお願いします。

[92909] 2017 年 6 月 21 日 (水) 19:59:50 ピーくん さん
 市の鳥

瑞風八本松通過かっこよかった。踏切10人くらいいたよ。客は見えなかった。いいな。お金があれば乗りたいな。

流山市は二十日、市内に生息し、学校名などに多く登場する「オオタカ」を、「市の鳥」にする方向で検討していることを明らかにした。
東京新聞

[92908] 2017 年 6 月 21 日 (水) 02:05:04 MasAka さん
 暑い町

[92906]伊豆之国さん
川越市が「実は本当の『日本一暑い町』ではないか」という記事が新聞記事に出ていました

紹介していただいた新聞記事にある「英気象学会誌の電子版」とは、「International Journal of Climatology」のことで、記事の元になった原著はこの論文のようです。アブストラクトだけをかいつまんで読むと、典型的な海風が吹いた場合の気温分布と風向風速分布を解析した結果、川越付近に下降気流が発生してそれが高温をもたらしている……ということらしいです(英語が苦手なので誤訳してるかも知れませんが)。

昔、所沢から川越まで通学していた頃の古い記憶をたどると、1993年は記録的な冷夏の年だったのでそれほど暑い印象はなかったのですが、1994・1995年は9月の始業式の頃は残暑がまだ厳しく、授業中に睡魔が襲って来ても眠れないほどだった気がします(←寝ようが寝まいが結局授業は頭に入っていない)。しかし、これは私が通っていたのは男子校だったというバイアスが多分にかかっているため、余計に暑苦しい記憶だけが残っているのかも知れません(笑)。

主観的意見を述べてもしかたがないのでもう少し真面目に考察すると、川越市域の東半分、荒川右岸と国道254号の間の地域は高低差は小さいながらも東西両側が台地に挟まれた盆地のような地形になっているので、これが気候に影響を与えている可能性はありそうです。

それにしても、川越にアメダスは設置されていないのですね。所沢にはあるのに……。

[92907] 2017 年 6 月 21 日 (水) 00:02:32 EMM さん
 大規模な旧町名復活の取り組み始まる

今の部署が何かと忙しいので平日はリソース不足状態なEMMです…が、「今書かずにいつ書きこむ?」と思ってしまったニュースを目にしたので筆を取っております。

全国で初めて住居表示区域での旧町名復活に取り組んだ金沢市ですが、2009年に10例目、11例目の旧町名復活がなされて以降、取り組みが途絶えておりました。
8年間音無しの状態だったのでもう後に続く例は出てこないのかも?とまで思っていましたが、6月20日付け北國新聞朝刊に「金石全域で旧町名復活」と言う記事が1面トップに掲載されました。
具体的には、金石校下町会連合会が現在は金石本町、金石東、金石西、金石北となっている地域にあった28の旧町名を数年内に復活させる取組を始める、と言うもの。
住民の理解を得られたところから順次復活させていくようですが、旧町名は現在でも町会名として使われており、28町全部が復活する可能性はかなり高そうです。

しかし、北國新聞は1面トップで記事にしておきながら、ホームページに記事を掲載していないのは何故だ…

[92906] 2017 年 6 月 19 日 (月) 21:46:26 伊豆之国 さん
 三本松高校、大金星(?!…ただし招待試合ですが…) & 川越市

>白桃さん
「薩摩藩の小都市の人口」シリーズ完結、お疲れ様でした。興味深く拝見させたいただきました。

さて、高校球界の「怪物」として注目の早稲田実業・清宮選手ですが、昨日、香川県内で招待試合2試合が行われ、第二試合の丸亀城西戦で2発を放ち、自己記録を103本まで伸ばしたのですが、三本松高校と対戦した第一試合では3球三振を喫するなど不発、試合も0−2で完封負けに終わりました(スポーツ報知より)。

ところで、薩摩芋の産地としても名高い、私が「戦国市盗り合戦の『名誉永世領主』」と言うことになっている([87441] 白桃さん)、私の祖母の故郷・埼玉県最古参の市「小江戸・川越」。その川越市が「実は本当の『日本一暑い町』ではないか」という記事が新聞記事に出ていました(日経新聞より)。
日本で最も暑いのは埼玉県川越市かも? 首都大学東京などは独自の気象観測で、川越市は日本有数の「暑い街」の熊谷市よりも最高気温が1〜2度高いことを明らかにした。気象庁の観測網は川越をカバーしておらず、正確な気温を出せていない。英気象学会誌の電子版に掲載された。三上岳彦名誉教授は「典型的な夏日のときは川越の方が常に暑い」と話す
県庁所在地の(浦和市→)さいたま市に気象台がない、と言うことはずっと前から知っていましたが、埼玉県最古参の市に気象庁の気温観測点がなかった、と言うのは初めて知りました…。

[92905] 2017 年 6 月 18 日 (日) 07:25:29 白桃 さん
 1950年国勢調査時における(旧)薩摩藩の小都市の人口(その4)

1950年当時、旧薩摩藩の小都市の人口がおしなべて多かったこと、どうしてそうなったかについて書いてきたつもりですが、回りくどくてわかりにくかったと思います。そこでマトメも兼ねて、最後にはっきりと分かる?データを出しましょう。
私は[76584]で「明治の名邑」を次のように定義しました。
「明治の名邑」とは、明治末における市町(村)であって、以下の3つの条件すべてをクリアする。
1.「市街名邑及町村二百戸以上戸口表」(M.21年「内務省総務局」)の第一表(市街及ヒ市街ノ体裁ヲナシタル名邑)に記載されている都邑を含む
2.1の戸口表に記載された1個の都邑・町村の現住人員が三千人以上である
3.明治期に町制または市制施行
旧薩摩藩の場合、上記条件1に合致するのは、鹿児島と都城の他に、
鹿屋、隈之城(後の川内)、谷山、東南方、串木野、阿久根、指宿、垂水、志布志、加世田、高山、出水、加治木、西国分(後の隼人、ここは外城ではなく浜ノ市という港町)、伊作(後の吹上、木を切るのは与作)、宮之城、大口、山川、中伊集院、福山(黒酢で有名)、東串良、内之浦、国分、西市来、重富(後に姶良町となるが、明治の初期には帖佐ではなく、重富が町場”であったのだろう)ですが、上記条件2をクリアするのは、鹿屋、東南方、阿久根、指宿、垂水、志布志、加世田、上記条件3をクリアするのは加治木だけ。というわけで、旧薩摩藩の場合は、ハードルを下げて、2つ以上の条件をクリアするところを「明治の名邑」としています。旧薩摩藩と宮城、東京、香川の名邑の人口推移を比較したのが下の表です。(実態的には「明治の名邑」であった串木野は涙を呑んでカット。)
1886年-1889年-1920年-1950年町になった年
石巻16,618石巻町16,944石巻町22,067石巻市52,3511889年
涌谷7,793涌谷町6,292涌谷町6,181涌谷町17,4261889年
古川6,614古川町7,862古川町10,580古川町17,6681889年
佐沼5,820佐沼町3,708佐沼町4,866佐沼町9,1631889年
若柳5,803若柳町6,463若柳町7,804若柳町12,2041889年
登米5,408登米町7,085登米町7,548登米町10,7501889年
白石5,251白石町6,886白石町10,271白石町17,7921889年
気仙沼5,140気仙沼町5,789気仙沼町9,788気仙沼町21,3131889年
岩沼5,040岩沼町5,430岩沼町6,077岩沼町11,3701889年
角田4,197角田町6,044角田町7,083角田町12,1161889年
塩竈4,176塩竈町4,772塩竈町13,139塩竈市45,8201889年
岩出山4,017岩出山町4,242岩出山町5,220岩出山町9,0161889年
志津川3,720本吉村4,141志津川町6,488志津川町10,2181895年
八王子15,775八王子町21,721八王子市38,955八王子市82,5391889年
府中駅4,597府中駅5,117府中町5,852府中町30,3081893年
青梅町3,362青梅町4,502青梅町7,960青梅町15,3011889年
布田五宿3,167調布町3,522調布町4,652調布町22,8251889年
丸亀16,149丸亀14,130丸亀市24,480丸亀市37,3121890年
観音寺10,685観音寺村11,493観音寺町13,856観音寺町21,0051890年
琴平6,342琴平村6,962琴平町6,087琴平町8,0311890年
多度津6,198多度津村5,758多度津町7,444多度津町13,2401890年
坂出5,425坂出町10,176坂出町16,969坂出市41,4601890年
志度3,674志度村6,370志度町6,031志度町8,7101898年
津田3,559津田村6,157津田町5,324津田町8,0211898年
引田3,267引田村5,380引田町4,678引田町7,3231909年
三本松3,190三本松村3,455三本松町3,253三本松町5,9411898年
都城10,118都城町11,776都城町25,741都城市75,1141889年
鹿籠7,096東南方村19,056東南方村23,577枕崎市34,4801923年
揖宿5,465指宿村14,548指宿村18,341指宿町27,8471923年
鹿屋3,710鹿屋村9,185鹿屋町18,334鹿屋市63,5061912年
垂水3,653垂水村13,284垂水村18,871垂水町26,6071924年
志布志3,387志布志村16,839志布志町15,993志布志町25,3851913年
加世田3,248加世田村13,563加世田村15,720加世田町22,4021924年
阿久根3,066阿久根村14,852阿久根村21,220阿久根町31,7661925年
加治木2,454加治木村11,183加治木町14,282加治木町20,2771912年
1886年の人口は、(一部例外を除いて)「明治の大合併」が行われる前のものであり、いわば、「名邑の原型人口」であります。三本松より少なかった阿久根が3年後には丸亀より多くなり、引田よりちょっとだけ多かった志布志が石巻に迫る人口になっていることからも、旧薩摩藩における「明治の大合併」の仰々しさがわかります。
最後に蛇足を覚悟で言いますが、三本松はイニシエより「四国の蕨」と呼ばれるほど面積が狭かったので、町場の外延的拡大は望みようもなく、人口が1950年までに倍増しなかったのは♪仕方ないじゃないの
注1)「明治の名邑」のうち、仙台、東京、品川、千住、大森、内藤新宿、板橋、高松、鹿児島は表からはずしております。
注2)1886年は「市街名邑及町村二百戸以上戸口表」に掲載されたM19年調査現住人口、1889年は内務省告示に掲載されたM22末の現住人口、1920年と1950年は国勢調査人口
注3)香川県は1890年に町村制が施行されたので、1889年の名称は、町村制度上の名称ではない。
注4)1889〜1920年に丸亀は編入、志布志は分割を行っている。1920〜1950年に涌谷、塩竈、八王子、坂出、多度津、都城、鹿屋が他町村を合併している。

[92904] 2017 年 6 月 17 日 (土) 00:39:39【1】 白桃 さん
 1950年国勢調査時における(旧)薩摩藩の小都市の人口(その3)

[92903]で書いた
と言っても、この地域の都市の町制施行は実に遅いのであります。
1889年に鹿児島市が市制施行を行ったのは当然のことですが、旧薩摩藩内で町となったのは都城のみ。明治が終わろうとするスレスレ(1912年6月)に加治木がやっと町になります。そして、1920年の第1回国勢調査時点で町となっていたのは、小林、鹿屋、志布志、出水、大口、宮之城、高岡だけというありさま。川内に至っては1929年ですから昭和にずれ込んでいるのです。
なぜ、「町」を名乗るのがこんなにも遅くなったのでしょうか?西南戦争の影響?、正直まったくわかりません。

さて、そろそろ本題に戻さないといけません。
1889年末1920年国調時1950年国調時2000年国調時2015年国調時
市町村数1321431419641
上は、鹿児島県の市町村数の推移です。着目すべきは、「昭和の大合併」までは殆ど変動がないこと。なんと、1889年(市制・町村制施行)〜1920年(第1回国勢調査)は逆に増えている。そして、ここが肝心なことなのですが、昭和の大合併後も、市町村数が激減していないことです。1950年〜2000年に市町村数の減少率が50%未満であるのは、沖縄県(20%)、北海道(23%)、鹿児島県(32%)、宮崎県(49%)の4道県だけです。1950年頃の鹿児島、宮崎両県の1自治体あたりの人口・面積が大きいというのは、逆に言うと、県の人口・面積の割に、市町村数が(相対的に)少なかったことを意味するのですが、そうなった原因を探るのが今回のテーマです。
結論を急ぎましょう。薩摩藩は、領内に100を軽く超える「外城」を置き、武士を分散定住させました。外城となった地は、いわば、ミニ城下町ですから、小地域の中心となりました。武家屋敷で有名な知覧が代表例ですが、外城のまわりに出来た集落が「麓集落」なのです。外城のあった地に数個から数十個の村が従属することにより、広範な行政区画が形成されていくのですが、これが後に「郷」と呼ばれるものです。旧薩摩藩の場合、「明治の大合併」では、郷がそっくりそのまま町村制度の「村」となったケースが多く、その結果、面積も広く、比較的人口規模の大きい村が数多く誕生したのです。極端な言い方をすれば、旧薩摩藩の地域での「明治の大合併」は、「昭和の大合併」が必要ないほどの大合併であったわけです。
離島を除く鹿児島県の主要な都市の多くが外城のあったところですが、「郷」が分割されたケースも多いというのが特徴です。
例:
志布志東志布志村志布志町志布志市
西志布志村有明町志布志市
加世田加世田村加世田町加世田市南さつま市
東加世田村万世町加世田市南さつま市
西加世田村笠沙村笠沙町南さつま市
出水上出水村出水町出水市
中出水村米ノ津町出水市
下出水村三笠村三笠町阿久根市
市来西市来村市来町いちき串木野市
東市来村東市来町日置市
国分国分村国分町国分市霧島市
東国分村国分市霧島市
西国分村隼人町隼人日当山町隼人町霧島市
串良西串良村串良町鹿屋市
東串良村東串良町
伊集院下伊集院村→分割)
中伊集院村伊集院町日置市
上伊集院村松元町鹿児島市
今回で終わる予定でしたが、もう1回だけ続きます。

[92903] 2017 年 6 月 15 日 (木) 08:11:36【1】 白桃 さん
 1950年国勢調査時における(旧)薩摩藩の小都市の人口(その2)

[92901]の続きです。
1950年国勢調査時に存在した53の「町」のうち、52町が1万人を超えていたという驚愕の鹿児島県。当時の町の全国平均人口が1万人未満であり、1万人を超える町と言うのは、相撲でいうなら十両以上、つまり、立派な関取です。1万5千超えとなると幕内、2万人超は小結、2万5千超は関脇、3万超は大関といったところ。こう言ってもなかなかイメージがわかないかもしれませんので、宮城県、東京都、香川県、宮崎県と比べてみましょう。
◎横綱(5万以上)
三鷹(54,820人)…(江戸川部屋)
〇大関
府中(江戸川)、谷山、頴娃、阿久根、西之表(錦江湾部屋)
▲関脇
富島(日向灘部屋)、末吉、指宿、垂水、志布志(錦江湾)
▲小結
気仙沼(宮城野部屋)、昭和、調布、小金井、小平、町田(江戸川)、善通寺、観音寺(讃岐島部屋)、飯野、高鍋(日向灘)、知覧、加世田、高山、出水、川辺、東市来、米ノ津、加治木(錦江湾)
△前頭
白石、古川、涌谷、矢本、女川、松島(宮城野)、国分寺、日野、東村山、青梅(江戸川)、高崎、高城、三股、高原、門川、都農(日向灘)、笠沙、隼人、伊作、大崎、財部、串良、宮之城、大口、中種子、山川、蒲生、伊集院、知名、牧園(錦江湾)
▽十両
渡波、小野田、若柳、角田、大河原、槻木、岩沼、船岡、雄勝、登米、川崎、村田、志津川、豊里(宮城野)、保谷、福生、田無(江戸川)、多度津、詫間、仁尾(讃岐島)、高千穂、妻、高岡、福島、南郷、田野、本庄、庄内、清武、真幸(日向灘)、大根占、栗野、樋脇、根占、和泊、万世、帖佐、高尾野、菱刈、亀津、入来、福山、古仁屋、東串良、横川、岩川、佐多、内之浦、喜界、吾平、国分、市来(錦江湾)
▽幕下(5千以上)
閖上、佐沼、岩出山、中新田、松山、鮎川、丸森、築館、津谷、一迫、亘理、三本木、石森、飯野川、田尻、増田、鳴子、米谷、荒浜、岩ケ崎、不動堂、吉岡(宮城野)、瑞穂、氷川、浅川、五日市(江戸川)、志度、平井、長尾、琴平、津田、宇多津、土庄、引田、豊浜、池田、香西、三本松、仏生山、川島、白鳥本(讃岐島)、綾、細田、佐土原(日向灘)、山野(錦江湾)
▽三段目(3千以上)
高清水、柳津、小牛田(宮城野)、草壁(讃岐島)、美々津(日向灘)
▽序二段(1千以上)
金山(宮城野)
宮城、東京、香川の三役以上は、「平成の大合併」以前に実力で市に昇格しているのですが、宮崎、鹿児島においては、頴娃、末吉、志布志、高鍋、知覧、高山、川辺、東市来、加治木は町の時代が続きます。(米ノ津は出水と合併して出水市)。
なお、表に掲げた日向灘部屋(宮崎県)の町のうち、真幸、飯野、高岡、高原、高崎、高城、綾、三股、庄内は旧薩摩藩の領内にあり、1950年に既に市となっていた都城と小林を含め、錦江湾部屋(鹿児島県)の諸都市と同類と見做して良いと考えます。ともかく、1950年当時の旧薩摩藩領域には、少なくとも人口おいてはかなりの規模の小都市がひしめきあっていたことが分かります。と言っても、この地域の都市の町制施行は実に遅いのであります。
…だんだん横道に逸れて行っているような気がしますが、次回には完結編?を目指します。

[92902] 2017 年 6 月 14 日 (水) 21:29:09 伊豆之国 さん
 落書き帳参入10周年・苗字ネタ & 八尾市

早いもので、去る8日で落書き帳初書き込みからちょうど10年が過ぎました。少し遅くなりましたが、今回は「記念記事」と言うことで。

[92901] 白桃さん
普通の民家のような鰻屋さん。玄関に、「当店のウナギは大隈産を使用しています。」
大隈ではなく大隅ですよ
同じ鹿児島県ですが、大隅ではなく薩摩の指宿がルーツと言う([79575])、その「鰻」と言う苗字のお笑いタレントも出演していた先週木曜日のTV番組で、「レアな苗字」の話をやっていました。番組放映中は仕事に出ていたので録画を撮って、先日ようやくその全部を見ることができました…。やはりと言うか、この手のネタでは超定番の「新湊」も当然ながら?出てきましたが、「自称・落書き帳の苗字ネタ四天王の一角」の小生には、いささか食傷気味で「今市」インパクトも、と言う感想でしたが…。

さて、大相撲・高安関(「高」は正確には「はしご高」ですが、PCでうまく出せないことがあるので新聞等の表記に従い「高」の字体で表すことにします)が大関昇進を決めましたが、大関昇進後も本名の「高安」で土俵に立つことを決めたそうです(こちら)。高安関は、出身は茨城県土浦市ですが、この「高安」と言う苗字のルーツは、遠く離れた河内国高安(大阪府八尾市高安地区)〜私がグリグリさんの「呟き」に出てきた「反対語地名」に反応して([83043])「反対語コレクション」立ち上げのきっかけにもなった地名〜にあるようなのです。
高安の父親から“天智天皇(中大兄皇子)の頃からの由緒正しい名前なので残してほしい”と懇願された」(担当記者)という経緯がある。
その決意を応援する“援軍”も現われた。5月末、高安の故郷・茨城から遠く離れた大阪・八尾市にある近鉄「高安」駅前の商店街には、〈高安関、大関昇進おめでとう〉の看板が掲げられた。
この地は、まさに高安の父親がルーツとして挙げた場所。白村江の戦い(663年)に敗れた天智天皇が敵の襲来に備え、「高安城」を築いた地とされている(史書にその名はあるが、明確な遺構は未発見)。
地元の市民グループ「高安城を探る会」の棚橋利光会長(80)は、「高安関には以前から親しみを抱いていたので昇進は嬉しい。全国に高安城の存在を知ってもらう機会にもなる。横綱になっても、高安のままでいてほしい」と力を込めた。本名だからこそ受けられる声援もあるようだ
「高安」と言う苗字の分布状況を「写録宝夢巣 Ver10」で調べてみると、全国の電話帳に1500件余り、最も数が多いのが高安関の故郷・茨城県で、全国の約4分の1が集まっています。出身地の土浦市には少なく、1桁しかないのですが、県南部の神栖市が最多で80件余りあり、「高安さん率」でも県内最多です。数では水戸市がこれに次ぎ、60件ほどあるのですが、人口比率では神栖市に接する鹿嶋市や、水戸市に接する城里町が上位に来ており、笠間市など、水戸市に近い地域にもある程度見られるようです。一方、つくば市・取手市など県南西部にはほとんど見られず、県内でも分布が限られているようです。茨城県に次いで数が多い千葉県では、神栖・鹿嶋両市に近接する利根川下流地方に集中し、銚子・香取両市と東庄町の3市町で県全体の過半数を占めています。
高安氏のルーツの地・大阪にはあまり多くなく、「一族が戦乱などにより故郷を追われ遠方の地に散り散りになった」という説も頷けるようですが、それでも地名がある八尾市には30件余り見られ、大阪府内の「高安さん」の半数近くが集まっています。意外?だったのが、沖縄。実数では、茨城・千葉に次いで全国3位、「高安さん率」では茨城県を抑えて全国最高です。豊見城市が最多で、沖縄県全体の3分の1ほどが集まっています。豊見城市には「高安」の地名があり(もちろん「反対語地名」コレクションにも登録)、ここが沖縄の高安氏のルーツと思われます。

[92901] 2017 年 6 月 14 日 (水) 00:46:40 白桃 さん
 1950年国勢調査時における(旧)薩摩藩の小都市の人口

天皇賞馬キタサンブラックの事実上のオーナーが歌った「薩摩の女」の歌詞の一節に
♪雨がふるふる天文館通の〜
とありますが、何度聞いても、♪テンモンカ〜ンの〜、としか、聞こえない。「通」はどこへ行った。
武蔵(タケゾー)よ、お通は、花田橋のたもとで待っているのだよ…。
脱線ついでに、この歌の作曲者、島津伸男さんは、その名が示すように、鹿児島県出身とか。

脱線は続くよどこまでも…
大崎市の岩出山で昼食をとった普通の民家のような鰻屋さん。玄関に、「当店のウナギは大隈産を使用しています。」と書いてあったので、「大隈ではなく大隅ですよ。」といらん指摘をしてしまった白桃。何を隠そう、母方の苗字は大隅で、遠い先祖は鹿児島だとか???。そういえば、大隅or大隈では[58902]の失敗も(汗)。

さて、さて。
1950年と言えば「昭和の大合併」が始まる前で、この白桃もまだ生まれていませんが、下表は1自治体あたりの人口トップ10です。(※東京都23区は1市としてカウント)
都道府県人口市町村数自治体あたり
東京6,277,5008772,155
大阪3,857,04715225,375
神奈川2,487,66511721,262
北海道4,295,56727715,507
愛知3,390,58521915,482
沖縄914,9376613,863
鹿児島1,804,11814112,795
宮崎1,091,4278612,691
福岡3,530,16928512,387
長崎1,645,49216010,284
鹿児島、宮崎がこんな上位に来るのが意外ではないでしょうか。
両県が上位に来る理由の一つに、1自治体あたりの面積が大きいことも事実です。
現在の面積を使用しており正確ではありませんが、1950年には以下の通りになっています。
1位北海道283.11㎢
2位宮崎県89.95㎢
3位岩手県67.29㎢
4位鹿児島県65.16㎢
しかし、1自治体あたりの面積が鹿児島県とほぼ同じの岩手県が、1自治体あたりの人口では27位なのですから、鹿児島、宮崎が1950年当時、1自治体あたりの人口が多かった理由を説明するにはこれだけでは十分ではありません。
話を先に進める前に、1950年国勢調査時に、「1町あたりの人口」がどうであったかというと、
1位東京都18町19,056人
2位鹿児島県53町17,937人
3位北海道75町17,664人
宮崎県23町13,940人
なんと、鹿児島県は東京都に次いで2位なのです。(面倒でしたので、宮崎の順位は調べませんでしたが、全国平均が9,885人ですから、かなり上位に来ます。)
鹿児島の53町の内訳は、
3.0万人以上
谷山(40,098人)、頴娃、阿久根、西之表
2.5万人以上
末吉、指宿、垂水、志布志
2.0万人以上
知覧、加世田、高山、出水、川辺、東市来、米ノ津、加治木
1.5万人以上
笠沙、隼人、伊作、大崎、財部、串良、宮之城、大口、中種子、山川、蒲生、伊集院、知名、牧園
1.0万人以上
大根占、栗野、樋脇、根占、和泊、万世、帖佐、高尾野、菱刈、亀津、入来、福山、古仁屋、東串良、横川、岩川、佐多、内之浦、喜界、吾平、国分、市来
1.0万人未満
山野(9,536人)
因みに、谷山は全国10位、頴娃は11位です。また、47の各都道府県「最下位人口の町」の中では、山野の人口はトップなのです。
〜以下続く

[92900] 2017 年 6 月 13 日 (火) 21:24:26 白桃 さん
 hmtさんへ

[92899]hmt さん
郡は「無用の長物」ではなく、記載を省略すると、グリグリさんまでも 混乱させる場合があるのです。
二つの余部村の件を調べて戴き、ご苦労様と言いたいところですが、どうも私の考えを理解していただいていないようなので、私の[92110]を再掲します。
私が[92105]で皆様にお伺いしたかったことは、消滅した町村に関し、郡を表記する必要があるかどうか、表記するとすれば、なぜ成立時の所属郡名を記載するのか、ということで、郡が「無用の長物」かどうかを議論してもらいたかったわけではありません。
私が、表記するとすれば「消滅時の所属郡名」を主張する理由は、多くの場合、成立時よりも消滅時の郡に所属していた期間が長かったということです。
また、同じ県に「三和」とか「東」という町村が複数存在した例があるから、郡名は表記すべきだというご意見に対しては、その場合だけ記載すれば良い話だと思います。


過去の書込みへ [92800] 〜 [92899] →

【免責および注意事項】 営利目的で、本サイトが提供している情報を許可なく、無断で直接的あるいは間接的に利用することを禁じます。 営利目的、非営利目的に関わらず、本サイトが提供しているデータ、文章、デザイン、画像等を許可なく、これらを無断で複製、複写、翻訳、転載することを禁じます。 本サイトで提供している情報は、最新かつ正確に掲載するよう努めますが、各自の責任と判断のもとにご利用いただき、万一これらの情報を利用されたことで生じた損害については、一切責任を負うことはできません。 本サイトへのリンクは自由に張って構いませんが、URLはこちらのリンク先一覧の中からお選びください。

都道府県市区町村 >ページのトップへ ▲

Copyright(C) 1999-2017 M.Higashide プライバシーポリシー