都道府県市区町村 > 都道府県プロフィール >

都道府県章(紋章、徽章を含む)の一覧です♪


都道府県章の一覧 → 都道府県を代表するマーク一覧へ
→ 都道府県旗の一覧へ
→ 都道府県のその他のマーク一覧へ


47都道府県の都道府県章の一覧です。呼称として、紋章(群馬県、東京都、佐賀県)、徽章(千葉県,岐阜県,兵庫県,大分県)しているところもあります。ただし、千葉県と岐阜県は、条例の告示では徽章としていますが、県の公式HPでは県章と表記しています。ほとんどの都道府県で都道府県章が制定されていますが、石川県だけは県章を制定していません。そのため、「石川県旗の標章使用取扱い要領」により、県章の代わりに県旗の意匠の使用を規定しています。都道府県章の色については、とくに指定していないケースが大半で、その場合は白黒の配色で表示しています。色が付いている都道府県章は、条例などで指定されています。


画像にマウスを重ねると大きな画像と説明文を表示します。また、47都道府県のデータへリンクしています。

北海道
北海道章
(1967年5月1日制定)

道章は、本道開拓使時代の旗章のイメージを七光星として現代的に表現したもので、きびしい風雪に耐え抜いた先人の開拓者精神と、雄々しく伸びる北海道の未来を表徴したものである。
(昭和42年 北海道告示775号)
青森県
青森県章
(1961年1月1日制定)

青森県の地形を図案化したもので、白地は、無限に広がる宇宙世界を、県章の深緑色は躍進発展してやまない希望と未来を表している。
(昭和36年 青森県告示第6号)
岩手県
岩手県章
(1964年11月10日制定)

岩手県の「岩」を図案化したもので、県庁舎の新築を機会に躍進する岩手にふさわしいものを県民から募集。
(昭和39年 岩手県告示第1083号)
宮城県
宮城県章
(1966年7月15日制定)

県花として親しまれている「ミヤギノハギ」を図案化し、みやぎの日本文字「み」をあらわしています。
(昭和41年 宮城県告示第499号)
秋田県
秋田県章
(1959年11月3日制定)

昭和34年、公募によって決められました。秋田の「ア」を図案化したもので、県の発展するすがたを表しています。
(昭和34年 秋田県告示第380号)
(昭和35年 秋田県告示第371号)
山形県
山形県章
(1976年8月21日制定)

郷土愛ゆたかな県民意識の高揚を図り、県勢の発展と向上を期するため、県政百年を機会に制定されました。三つの山の形は、日本百名山にも選ばれている鳥海山や月山、山岳修験の山として広く知られる羽黒山や湯殿山などの本県の山々を表すと同時に、本県の文化や歴史に深く関わり、県民歌にもなっている最上川の流れも表しています。また鋭角的な三角形は、本県の発展を期するという意味も含んでいます。県章の色は「おちついた品位のある色彩」ということで特に定めはありません。
(昭和51年 山形県告示第1273号)
福島県
福島県章
(1968年10月23日制定)

福島県のかしら文字「ふ」の字を図案化したもので、県民の融和と団結を表し、県勢の着実な前進を象徴するものです。明治100年記念行事の一環として制定されました。
(昭和43年 福島県告示第1067号)
茨城県
茨城県章
(1991年11月13日制定)

県章の形態は、「常陸国風土記」の「茨城郡」の条に「茨」(うばら)が見えるなど本県の自然や歴史に関係の深いばらを基本モチーフに、開き始めたばらのつぼみをダイナミックに象徴化したものです。新しい時代を先導する県にふさわしい“未来指向の斬新なイメージ”をデザインの基調とし、茨城県の「先進性」「創造性」「躍動」「発展」を表現しています。国際的なグラフィックデザイナー永井一正氏が制作し、県民の参加のもとに決められたものです。県章の色は、県のシンボルカラー「いばらきブルー」(鮮やかな青色、マンセル値7.5PB3.5/13)を基本としています。新しい時代に向かう県民の心のよりどころとして、県政120年を迎えた、1991年(平成3年)11月13日に定められました。
(平成3年 茨城県告示第1232号)
栃木県
栃木県章
(1962年12月1日告示)

県章のデザインは県内の在住者及び本県の出身者から公募して選定しました。図案の意味は、「栃」の字を抽象化し、エネルギッシュな向上性と躍動感を表現したもので、3本の矢印は「木」の古代文字を引用したものです。大きさ及び色は自由です。
(昭和37年 栃木県告示)
群馬県 (紋章)
群馬県紋章
(1925年10月1日制定)

中心に「群」の古字を置いています。周辺には赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山を配しています。
(大正15年 群馬県告示第328号)
埼玉県
埼玉県章
(1964年9月1日制定)

まが玉16個を円形にならべたもの。まが玉は、古代人が装飾品などとして大切にしたもの。埼玉県名の由来である「幸魂(さきみたま)」の「魂」は、「玉」の意味でもあり、まが玉は、埼玉県にゆかりの深いものとなっている。また、まが玉を円形に配置したデザインは、「太陽」「発展」「情熱」「力強さ」を表している。
(昭和39年 埼玉県告示第652号)
千葉県
千葉県章
(1909年12月28日制定)

カタカナの(チ)と(ハ)を図案化したものです。
注:告示では千葉県徽章となっており正式には県徽章であるが、千葉県HPで県章と表記しているのでそれに従った。
(明治42年 千葉県告示第378号)
東京都 (紋章)
東京都紋章
(1943年11月2日制定)

明治22年12月の東京市会で市のマークとして決定されたもので、昭和18年の東京都制施行に際し、東京都の紋章として受け継がれました。紋章の意味は東京の発展を願い、太陽を中心に6方に光が放たれているさまを表し、日本の中心としての東京を象徴しています。
(昭和18年 東京都告示第464号)
神奈川県
神奈川県章
(1948年11月3日制定)

県のマークは、県民の皆さんに呼びかけ応募作品の中から選ばれ、昭和23年11月3日に制定されました。このデザインは神奈川県の「神」を図案化したもので、「県章」は、県を象徴するものとして、県旗や、県の刊行物に使われています。
(昭和23年11月4日 神奈川県公告)
新潟県
新潟県章
(1963年8月23日制定)

「新」を中心に「ガタ」を円形に模様化しました。融和と希望を象徴し、県勢の円滑な発展を託したものです。
(昭和38年8月23日新潟県公告)
富山県
富山県章
(1988年12月27日制定)

富山県のシンボルでもある立山をモチーフに、その中央にとやまのイニシャル「と」を配しています。大空に向かって躍進する富山県をイメージしています。昭和32年に制定された初期の県章については、昭和63年12月31日限りで廃止された。
(昭和63年 富山県告示第1393号)
(昭和64年1月1日施行)
石川県
石川県は47都道府県で唯一、都道府県章を決めていません。そのため、「石川県旗の標章使用取扱い要領」により、県章の代わりに県旗の意匠の使用を規定しています。
福井県
福井県章
(1952年3月28日制定)

「フクイ」の三文字を組み合わせ、伸びゆく福井県を表現している。線の太さは外円の直径の7分の1とし、線の間隔は線の太さの10分の1とする。色は藍または黒とする。
(昭和27年4月1日 告示第117号)
一部改正
(平成9年12月26日 告示第932号)
山梨県
山梨県章
(1966年10月1日告示)

周囲は富士山と武田菱でうるわしい郷土を象徴しており、中は3つの人文字で山梨の山を形どり、和と協力を表現しています。
(昭和41年 山梨県告示第219号)
長野県
長野県章
(1966年12月26日制定)

長野県のかしら文字の「ナ」を円形に図案化し、勇ましく盛んに飛んでいる鳥の姿を作り、さらに「ナ」の横棒を中心に、上半分が山と下がそれを湖に映す姿を表しています。これは、長野県の自然と県民の友愛と団結により、あらゆる難関を切り開いて未来に向かって飛躍し、発展する姿を象徴しています。この県章は、一般からの応募に基づいて、昭和41年12月26日に選ばれました。なお、県章の色は定められていません。
(昭和41年12月26日長野県公告)
岐阜県
岐阜県章
(1932年8月10日制定)

岐阜県の「岐」をもとにして作ったマークです。まわりを丸くかこんであるのは平和と円満をあらわしています。県民の皆さんの応募作品の中から決まりました。
注:告示では本県ノ徽章となっており正式には県徽章であるが、岐阜県HPで県章と表記しているのでそれに従った。
(昭和7年 岐阜県告示第424号)
静岡県
静岡県章
(1968年8月6日制定)

富士山と静岡県の地形を曲線で構成し、県民に親しみやすい、豊かで明るく、住みよい静岡県を表現するとともに、力強い前進と団結をデザインしています。県民から公募し、6,915点の応募作品を県章県旗制定審査会が審査し、決定しました。
(昭和43年 静岡県告示第632号)
愛知県
愛知県章
(1950年選定)

昭和25年、第5回国民体育大会の愛知県開催を機に一般公募され、全国からの応募作品1,600点の中から選定されました。このマークは、「あいち」の文字を図案化し、太平洋に面した県の海外発展性を印象づけ、希望に満ちた旭日波頭(きょくじつはとう)を表しています。
三重県
三重県章
(1964年4月20日制定)

三重県の「み」を力強く雄飛的にデザインしたもので、世界的に有名な真珠養殖も象徴しています。また、右上がりになっている字は、県が飛躍することを表しています。
(昭和39年4月20日三重県公報)
改正
(平成13年1月30日三重県公告)
滋賀県
滋賀県章
(1957年5月3日制定)

かたかなのシガを図案化したもので、中央のまるいところが、びわ湖をあらわしています。びわ湖を中心に円とつばさで県の調和のとれた発展をあらわしたもので、一般公募により決まりました。
(昭和32年 滋賀県告示第138号)
京都府
京都府章
(1976年11月2日制定)

六葉形は古都の格調高い土地柄をあらわし、中央に「京」の文字をひとがたのもようにしてあらわし、全体として全府民のまとまりとその力の結びつきをあらわしたものです。
(昭和51年 京都府告示第627号)
大阪府
大阪府章
(1968年6月21日制定)

府章の意味は「明るく・豊かで・住みよい大阪」。
大阪(OSAKA)の「O」の字を基調として、大阪の希望(明るく)・繁栄(豊かで)・調和(住みよい)を上部三方へのびる円で表わしています。また、商都大阪の繁栄の基礎をつくった豊太閤にちなむ「千成びようたん」を抽象図型化しながら、全府民の連帯性とその力の結集による無限の可能性を表象したものです。「府政100年の日」に定められました。
(昭和43年 大阪府公告第175号)
兵庫県 (徽章)
兵庫県徽章
(1921年2月10日制定)

兵庫県の「兵」の字をもとにしてデザインしています。
(大正10年 兵庫県告示第81号)
奈良県
奈良県章
(1968年3月1日制定)

奈良県の「ナ」を図案化したもので、外の円は大和の自然を、内の円は協和の精神をあらわしています。横一文字の軸は、力強い統一とたゆみなき進展をあらわしています。
(昭和43年 奈良県告示第536号)
和歌山県
和歌山県章
(1969年4月26日制定)

和歌山県の頭文字「ワ」を簡潔に図案化したものです。これは県民の和を象徴するもので、末広がりの形は、あすにむかって果しなく発展する南国紀州を表徴し、力強くおおらかな風格は、進取の気性に富むゆたかな県民性をあらします。
(昭和44年 和歌山県告示第310号)
鳥取県
鳥取県章
(1968年10月23日公告)

飛ぶ鳥の姿をひらがなの「と」に造形したマークで、自由と平和と鳥取県のあすへの進展を象徴したものです。明治百年記念事業として選定しました。
(昭和43年10月23日 鳥取県公告)
島根県
島根県章
(1968年11月8日制定)

中心から放射線状にのびる4つの円形が雲形を構成して、島根県の調和のある発展と躍進を象徴し、円形は、「マ」を4つ組み合わせたもので「シマ」と読まれ、県民の団結を表しています。明治百年記念として制定されました。
(昭和43年 島根県告示第955号)
岡山県
岡山県章
(1967年11月22日制定)

地方自治法20周年を記念して、新しくつくったものです。(それまでは、大正8年につくられた「岡」の文字をまるい鈴形に図案化したものでした。)図案は県民の皆さんから応募のあった786点の中から選ばれたもので、「岡」の文字を円形にし、県民の団結と岡山県の将来の発展を力強く表しています。
(昭和42年 岡山県告示第883号)
広島県
広島県章
(1968年7月16日制定)

広島県の頭文字の「ヒ」を図案化し、県章としています。 円によって県民の和と団結を表現し、その重なりによって伸びゆく広島県の躍進と発展を象徴しています。
(昭和43年 広島県告示第572号)
山口県
山口県章
(1962年9月3日制定)

図案は「山口」の文字を組み合わせ、県民の団結と飛躍を太陽に向かってはばたく飛鳥にかたどり雄県山口を表したもの。県制90周年を記念して制定。
(昭和37年 山口県告示第506-2号)
徳島県
徳島県章
(1966年3月18日制定)

徳島県章は、広く一般からの募集により決定したものです。「とくしま」の「とく」を図案化し飛鳥としたもので、融和、団結、雄飛、発展の県勢を簡明に表現しています。
(昭和41年 徳島県告示第166号)
香川県
香川県章
(1977年10月1日制定)

カガワの頭文字の「カ」をデザインしたもので、香川県の特色ある山容と、平和のシンボルである県花・県木「オリーブ」の葉を表現し、恵まれた風土にはぐくまれて、向上発展を続ける香川県のすがたを象徴しています。
(昭和52年 香川県公告第295号)
愛媛県
愛媛県章
(1989年11月1日制定)

瀬戸内海の限りない恩恵と愛媛県民の健康で明るい未来を意匠化したもので、赤色は太陽とみかんと躍動する愛媛の限りない発展、緑色は石鎚山など自然の恵み、青色は瀬戸内海の恩恵を表している。
(平成元年11月1日 愛媛県公告)
高知県
高知県章
(1953年4月15日制定)

高知県の県章は、1953年(昭和28年)に南国土佐を象徴する紋章を一般の方から募集し、応募358点の中から審査して、同年4月15日に制定されました。この県章は、土佐の「とさ」を印象化したもので、縦のけん先は向上を、円は平和と協力を表すものです。また、中の白い部分は高知の「コ」を意味しています。
福岡県
福岡県章
(1966年5月10日制定)

平仮名の「ふ」と「く」を県の花である梅の花を形どり、県の発展と県民の融和を表しています。昭和41年5月10日、公募によって県が決めました。
(昭和41年 福岡県告示第342号)
佐賀県 (紋章)
佐賀県紋章
(1936年4月1日制定)

1. 由来
円形は協和を意味し、県民が力を合わせ手をつなぎ合い、一つの力より三つの力でますます三力(さか)える姿と、佐賀の「三力(さか)」を表しています。
2. 使用目的
公式な場面、儀礼、儀式的な場面において県の正式な象徴として使用しています。(表彰状、感謝状、許可証など)
(昭和11年 佐賀県告示第192号)
長崎県
長崎県章
(1991年4月1日制定)

長崎県の頭文字「N」と平和の象徴であるはとをデフォルメし、未来へ力強く前進する長崎県を表現する。中央の円は地球で、長崎県の国際性を表し、色は長崎県の明るい海と空を表す明るい青色(マンセル値 6.25B 5.5/11.0)。
(平成3年 長崎県告示第395号)
熊本県
熊本県章
(1966年3月31日制定)

熊本の頭文字の「ク」の字を図案化し、九州の地形を形どったものです。中央の円形は九州の中央に位置する熊本県を象徴しています。
(昭和41年 熊本県告示第210号の6)
大分県 (徽章)
大分県徽章
(1911年10月5日制定)

大分県徽章は、大分県の「大」の字を円形の図案にして、県民の仲のよいことと、大分県の発展を表したものです。
(明治44年 大分県告示第351号)
宮崎県
宮崎県章
(1912年1月14日制定)

「日向」の文字、つまり宮崎県を表したもので、「日」を中心に「向」が三方に伸びて、躍進する県の姿を示しています。
(明治45年 宮崎県告示第1号)
鹿児島県
鹿児島県章
(1967年3月制定)

県章は、郷土を愛する気持ちを高め、県民としての意識を強く持ってもらおうと、将来に向い伸びゆく鹿児島県を象徴するマークとして作られました。この県章は、鹿児島県の地形を図案化したもので、中央の円は火の島「桜島」を表しています。
沖縄県
沖縄県章
(1972年5月15日制定)

外円は海洋を表し、白い部分はローマ字の「O」で沖縄を表現するとともに人の和を強調しています。また、内円は動的に、そしてグローバルに伸びゆく県の発展性を象徴し、いわば「海洋」「平和」「発展」のシンボルです。
(昭和47年 沖縄県告示第3号)


都道府県市区町村 > 都道府県プロフィール >

Copyright(C) 2017 M.Higashide