都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

『20代女性比率』


首都圏への一極集中など都会と地方の格差が広がっています。その一因として若い女性の働く機会が地方では見つけにくく都市へ移り住むためであるという議論があります。その実態を検証するため、2015年(平成27年)と1955年(昭和30年)について、20歳から29歳までの20代女性の女性全体の人口に対する比率を都道府県別にランキングしました。加えて、20代の男女の人口について男女人口差および男性人口に対する女性人口の増減比率についても比較しランキングしました。男女人口差がマイナス(増減比率もマイナス)は20代女性が20代男性より少ないことを示しています。

全国の20代女性比率は1955年(17.69%)と2015年(9.31%)で大きな差はありますが、都道府県間のバラツキにはあまり違いはないように見えます(大都市を抱える都道府県で高い傾向)。一方、男女人口差では、1955年は全国で20代女性が約6.4万人多かったのに対し、2015年は逆に約22.6万人も少なくなっています。ただし、東京都については、1955年では20代女性が約15.5万人少なかったのに対し、2015年は約2.1万人までマイナス幅が小さくなっています。また、埼玉県、千葉県、神奈川県では、1955年から2015年までに20代女性が10万人以上増加しています。

20代女性が20代男性に比べてて約22.6万人も少なくなっていることに加え(男性の約3.7%)、首都圏の20代女性が増加していることから、地方での20代女性減少が目立っているようです。なお、20代男女の人口比較では、鹿児島県、奈良県、福岡県、熊本県など、西日本の11府県で20代女性の方が多くなっています。20代女性の減少傾向は東日本でより強くなっているようです。

… スポンサーリンク …

出典:総務省統計局 平成27年国勢調査 昭和30年国勢調査(昭和30年国勢調査には沖縄県のデータは含まれていません)

2015年(平成27年) 1955年(昭和30年)

(人)20代男女差人口 〜 2015年(平成27年)〜
20,000
0
-20,000
-40,000
-60,000
-80,000
-100,000
-120,000
-140,000
-160,000































































































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
2015年(平成27年)
都道府県女性人口
(人)
20代女性
(人)
20代女性
比率 (%)
20代男性
(人)
20代男女差
(人)
20代男女
比率 (%)
20代女性増加数
対1955年 (人)
1福岡県2,691,138261,5289.72250,33011,1984.47-95,999
2大阪府4,583,420459,25810.02450,5668,6921.93-965
3鹿児島県875,11669,7187.9762,4647,25411.61-90,992
4兵庫県2,893,239260,0528.99253,0467,0062.77-74,153
5奈良県720,37065,6719.1261,7483,9236.35-4,157
6熊本県945,12481,3008.6077,9633,3374.28-79,592
7岡山県999,29992,6819.2791,2421,4391.58-53,205
8佐賀県439,75937,8288.6036,4171,4113.87-44,971
9長崎県731,42457,4447.8556,0641,3802.46-88,559
10宮崎県584,82744,6947.6443,3771,3173.04-52,793
11愛媛県730,88255,5707.6055,550200.04-75,846
12和歌山県510,36339,8807.8140,031-151-0.38-46,991
13北海道2,844,644240,8208.47241,041-221-0.09-183,466
14徳島県395,94331,2487.8931,772-524-1.65-42,235
15高知県385,60427,3397.0927,884-545-1.95-46,370
16沖縄県728,94774,88910.2775,454-565-0.75
17岐阜県1,048,05391,7098.7592,734-1,025-1.11-49,411
18鳥取県299,73623,5637.8624,671-1,108-4.49-28,290
19島根県361,24026,1197.2327,408-1,289-4.70-47,517
20京都府1,361,381138,97410.21140,472-1,498-1.07-38,708
21香川県503,95539,0997.7640,677-1,578-3.88-41,562
22大分県614,40648,7747.9450,383-1,609-3.19-61,098
23秋田県542,78334,2716.3136,169-1,898-5.25-86,484
24青森県693,57150,7607.3253,029-2,269-4.28-75,633
25山梨県426,60336,2998.5138,712-2,413-6.23-32,148
26山形県583,66544,4987.6246,929-2,431-5.18-76,728
27福井県405,26633,2248.2035,753-2,529-7.07-30,615
28岩手県664,01050,6357.6353,326-2,691-5.05-77,128
29三重県932,34980,6178.6584,115-3,498-4.16-51,523
30富山県551,18142,3147.6846,151-3,837-8.31-46,664
31山口県739,72156,0067.5760,147-4,141-6.88-81,831
32石川県595,41951,9148.7256,763-4,849-8.54-29,913
33長野県1,076,67581,7797.6086,693-4,914-5.67-90,086
34新潟県1,188,85196,5178.12102,088-5,571-5.46-110,247
35宮城県1,193,732115,4649.67121,439-5,975-4.92-41,804
36広島県1,467,779131,6988.97137,924-6,226-4.51-55,541
37滋賀県715,97569,5239.7176,195-6,672-8.76-3,685
38福島県968,37977,5078.0086,629-9,122-10.53-104,024
39群馬県999,83284,3968.4493,524-9,128-9.76-56,360
40栃木県992,62987,9348.8697,160-9,226-9.50-42,966
41静岡県1,879,312157,0418.36169,282-12,241-7.23-83,254
42茨城県1,463,382127,3058.70144,020-16,715-11.61-41,975
43千葉県3,126,806295,4909.45315,434-19,944-6.32109,989
44東京都6,848,581798,07711.65819,299-21,222-2.59-44,145
45埼玉県3,638,116361,9849.95384,645-22,661-5.89164,609
46愛知県3,742,284381,81010.20421,840-40,030-9.4919,326
47神奈川県4,567,236460,40910.08503,549-43,140-8.57180,677
全国65,253,0076,075,6309.316,302,109-226,479-3.59-1,960,144

(人)20代男女差人口 〜 1955年(昭和30年)〜
20,000
0
-20,000
-40,000
-60,000
-80,000
-100,000
-120,000
-140,000
-160,000





























































































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
1955年(昭和30年)
都道府県女性人口
(人)
20代女性
(人)
20代女性
比率 (%)
20代男性
(人)
20代男女差
(人)
20代男女
比率 (%)
20代女性増加数
対1955年 (人)
1愛知県1,939,480362,48418.69346,08916,3954.74
2山形県701,912121,22617.27104,87216,35415.59
3福島県1,078,481181,53116.83165,57715,9549.64
4長野県1,042,288171,86516.49156,01815,84710.16
5鹿児島県1,058,495160,71015.18145,85914,85110.18
6広島県1,101,860187,23916.99173,26213,9778.07
7新潟県1,277,620206,76416.18193,30613,4586.96
8大分県660,797109,87216.6397,05412,81813.21
9岡山県873,963145,88616.69133,13912,7479.57
10愛媛県791,286131,41616.61118,86712,54910.56
11熊本県978,492160,89216.44148,41712,4758.41
12群馬県831,942140,75616.92128,55912,1979.49
13福岡県1,964,399357,52718.20347,50010,0272.89
14栃木県797,944130,90016.40120,9169,9848.26
15秋田県688,805120,75517.53111,1629,5938.63
16宮城県880,661157,26817.86147,6959,5736.48
17富山県527,01288,97816.8879,6059,37311.77
18岩手県728,534127,76317.54118,8608,9037.49
19青森県703,686126,39317.96117,7888,6057.31
20石川県502,71081,82716.2873,3148,51311.61
21岐阜県809,543141,12017.43133,7737,3475.49
22山梨県416,83968,44716.4261,9366,51110.51
23佐賀県503,31282,79916.4576,3066,4938.51
24香川県487,11280,66116.5674,7195,9427.95
25徳島県450,90573,48316.3068,6194,8647.09
26高知県453,50873,70916.2568,8494,8607.06
27埼玉県1,152,540197,37517.13192,6324,7432.46
28三重県767,763132,14017.21127,6884,4523.49
29宮崎県579,61397,48716.8293,0474,4404.77
30福井県390,28563,83916.3659,6594,1807.01
31茨城県1,057,944169,28016.00165,3053,9752.40
32鳥取県317,24451,85316.3448,3033,5507.35
33山口県817,293137,83716.87134,3733,4642.58
34長崎県887,907146,00316.44143,7302,2731.58
35静岡県1,349,237240,29517.81238,4711,8240.76
36滋賀県443,92173,20816.4971,5311,6772.34
37兵庫県1,847,459334,20518.09333,0531,1520.35
38島根県472,33673,63615.5972,6879491.31
39和歌山県516,28686,87116.8386,6342370.27
40千葉県1,130,879185,50116.40185,2742270.12
41沖縄県
42奈良県398,90069,82817.5170,828-1,000-1.41
43京都府990,883177,68217.93184,342-6,660-3.61
44大阪府2,328,138460,22319.77476,391-16,168-3.39
45神奈川県1,449,082279,73219.30308,347-28,615-9.28
46北海道2,344,254424,28618.10470,494-46,208-9.82
47東京都3,921,261842,22221.48996,983-154,761-15.52
全国45,414,8118,035,77417.697,971,79763,9770.80

出典:総務省統計局 平成27年国勢調査 昭和30年国勢調査(昭和30年国勢調査には沖縄県のデータは含まれていません)

2015年(平成27年) 1955年(昭和30年)

特定の都道府県のデータやグラフを黄色で強調表示します。


都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

Copyright(C) 2019 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示