都道府県市区町村都道府県データランキング
『2018年7月西日本豪雨』


2018年西日本豪雨を含む7月の大雨により全国で発生した土砂災害は8月2日13:30の時点で1,518件に達しました(国土交通省の集計)。最近10年間の年間平均である約1,100件を1ヶ月足らずで上回っており、短期間に土砂災害が集中したことが鮮明になりました。土砂災害を土石流、地すべり、がけ崩れの内訳別に件数と死者数を都道府県別に集計しました。災害は31道府県に及んでおり、広島県が471件と最も多く、愛媛県が238件、山口県が177件、高知県が96件となっています。岡山県は浸水被害が大きく、土砂災害は55件となっています。なお、土砂災害による死者は、土石流で84人、がけ崩れで35人となっており、地すべりによる死者はいませんでした。

出典:国土交通省:平成30年7月豪雨による土砂災害の発生状況(2018年8月2日13:30時点)
出典:国土交通省:平成30年7月豪雨による被害状況等について(第46報) (2018年8月2日13:30時点)


(件)2018年7月西日本豪雨【土砂災害発生件数】
500
450
400
350
300
250
200
150
100
50
0
































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県土石流等地すべりがけ崩れ土砂災害合計
件数死者数件数死者数件数死者数件数死者数
1広島県315791155847187
2愛媛県5761751523815
3山口県1131661773
4高知県29496
5兵庫県163531721
6長崎県66268
7福岡県3602632
8岡山県119353553
9香川県12237492
10徳島県5161435
11京都府82194294
12和歌山県311721
13佐賀県221317
14鹿児島県3132162
15島根県1414
16宮崎県1212
17長野県63211
大分県11011
19熊本県1010
20北海道189
大阪府189
22鳥取県358
23岐阜県347
滋賀県77
25奈良県123
26秋田県112
富山県112
静岡県112
沖縄県22
30石川県11
三重県11
32青森県
岩手県
宮城県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
福井県
山梨県
愛知県
全国466845001,002351,518119

出典:国土交通省:平成30年7月豪雨による土砂災害の発生状況(2018年8月2日13:30時点)
出典:国土交通省:平成30年7月豪雨による被害状況等について(第46報) (2018年8月2日13:30時点)


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。



Copyright(C) 2018 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示