都道府県市区町村 > 地名コレクション >ページの最後へ▼

都道府県市区町村地名コレクション

『砂丘』

編集者:EMM


全国各地に見られる砂丘の呼び名を集めてみました。
そのほとんどは海岸砂丘ですが、川辺にできた砂丘、溶岩のしぶきが降り積もってできた砂丘もみられます。
また、その指し示す範囲も小さいものは数百メートルから大きいものは数十キロまでとかなりのひらきがありますし、現地の状況もほとんど手つかずの砂山・原野・原生林のところ、畑地と防風林が広がるところ、観光地・行楽地となっているところ、宅地化が進んだところ、工業用地等に開発されたところなど様々です。

砂丘という地名は地図中に記載されている例が少ないので、本コレクションの作成にあたってはまず各都道府県ごとにネット上の異なるサイトで2例以上使用例があるものをYahoo・Googleでの検索で探し、続いて参考資料中での使用例を探しました。
ただし、検索時には2例以上使用しているサイトが見つかったものでも、後にサイト閉鎖などで検索例が0〜1件になっている場合もありますが、そのまま掲載しています。
また、参考資料から抜粋したものはネット上での使用例の有無にかかわらず掲載しています。備考に★マークのあるものは参考文献中に記載のある名称を抜粋した中で、ネット上での使用例が0〜1件のものです。

なお、○○砂丘という呼び名はほとんどが通称的に使用されており、呼称、範囲等が資料によりかなりばらついています。特に所在地については現地での使用例とずれがある可能性があることをご了承願います。


※参考文献
 「世紀を拓く砂丘研究(2000)」日本砂丘学会・編、農林統計協会
 「日本砂丘学会誌 第39巻第1号(1993)〜」日本砂丘学会
 「砂丘研究 第17巻第1号(1970)〜第38巻第2号(1992)」日本砂丘研究会
(日本砂丘研究会は日本砂丘学会の前身。)

※参考データとして「砂漠」も記載しました。
 「砂漠」という名称が用いられるのは海岸以外の場合が多いようです。


コレクション数:124 件

北海道 東北地方 関東地方 北陸・信越地方 東海地方 近畿地方 中国地方 九州地方 参考データ「砂漠」

北海道所在地備 考
船泊砂丘ふなどまりさきゅう礼文町船泊湾岸砂丘とも。
サロマ砂丘さろまさきゅう紋別市〜湧別町★藻鼈川河口〜湧別川河口〜サロマ湖付近に広がる砂丘の総称。
常呂砂丘ところさきゅう北見市〜網走市★常呂川河口付近に広がる砂丘。
斜里砂丘しゃりさきゅう斜里町など★斜里川河口付近に広がる砂丘。
抜海砂丘ばっかいさきゅう稚内市JR抜海駅西側に広がる砂丘のことを指すようである。
手塩砂丘てしおさきゅう豊富町〜初山別村★天塩川河口付近〜遠別川付近に広がる砂丘の総称。稚咲内砂丘も含まれる。
稚咲内砂丘わかさかないさきゅう豊富町〜幌延町砂丘林が有名。後背湿地も自然の状態で残っている。関連記事[30401]
石狩砂丘いしかりさきゅう石狩市〜小樽市石狩川河口付近に広がる砂丘。
生振砂丘おやふるさきゅう石狩市★茨戸川の北岸に見られる古砂丘。紅葉山砂丘の延長線上にあり、紅葉山砂丘に含まれる場合もある。
紅葉山砂丘もみじやまさきゅう石狩市石狩砂丘の内陸に位置する古砂丘。砂丘の南部が住宅地として造成中。
砂坂砂丘すなさかさきゅう江差町★厚沢部川河口付近の砂丘。
青森県所在地備 考
猿ヶ森砂丘さるがもりさきゅう東通村防衛省下北試験場があるため、砂丘内の広範囲のエリアは自由に立ち入ることができない。
東通村の海岸砂地面積は約15,000haあり、その多くの面積を占めている猿ヶ森砂丘(を含む東通村太平洋岸の砂丘)が1かたまりの砂丘としては面積日本最大であると考えられる(東通村には津軽海峡側にも砂丘があり、その面積次第では約13,000haの屏風山砂丘の方が広い可能性もある)。また、自治体単位で行けば東通村よりも六ヶ所村の方が海岸砂地面積がやや広いが、六ヶ所村の砂丘が単独で○○砂丘と呼ばれることはほとんど無いようである。
下北砂丘しもきたさきゅう猿ヶ森砂丘のことを指す場合、下北半島の砂丘の総称で使われる場合、下北半島プラス三八地域の砂丘の総称として使われる場合がある。
屏風山砂丘びょうぶさんさきゅう鰺ヶ沢町〜五所川原市(旧市浦村)七里長浜や屏風山などを含む広大な砂丘。
車力砂丘しゃりきさきゅうつがる市屏風山砂丘の旧車力村付近をこう呼ぶ場合がある。
宮城県所在地備 考
石巻砂丘いしのまきさきゅう石巻市ほか★旧北上川河口付近の砂丘。
仙台砂丘せんだいさきゅう仙台市ほか★仙台市付近の海岸の砂丘。
秋田県所在地備 考
能代砂丘のしろさきゅう能代市ほか八竜砂丘と連続している。
八竜砂丘はちりゅうさきゅう三種町ほか八郎潟の北側。
天王砂丘てんのうさきゅう潟上市ほか八郎潟の南側。秋田砂丘、八郎潟南西砂州とも。
本荘砂丘ほんじょうさきゅう由利本荘市★子吉川河口周辺の砂丘の総称。
石脇砂丘いしわきさきゅう由利本荘市本荘砂丘のうち、由利本荘市岩脇周辺の砂丘を指す。
山形県所在地備 考
庄内砂丘しょうないさきゅう遊佐町〜鶴岡市吹浦川河口付近〜湯野浜温泉間。
川北砂丘遊佐町〜酒田市★庄内砂丘のうち、最上川以北を指す。
川南砂丘酒田市〜鶴岡市★庄内砂丘のうち、最上川以南を指す。
茨城県所在地備 考
村松砂丘むらまつさきゅう東海村字村松周辺の砂丘。村松虚空蔵堂などが祀られてきた。現在は日本原電などの原子力関連施設が建ち並ぶ。東海砂丘とも。
阿字ヶ浦砂丘あじがうらさきゅうひたちなか市阿字ヶ浦町付近の砂丘。村松砂丘と連続している。砂丘の南部は阿字ヶ浦町・磯崎町の集落となっている。北部は国際港湾公園都市として整備が進んでおり、かなりの面積がひたち海浜公園となっているほか、港湾施設も建設中である。
鹿島砂丘かしまさきゅう鹿嶋市ほか波崎砂丘と連続。
波崎砂丘はさきさきゅう神栖市鹿島砂丘と連続。
鹿島大砂丘かしまだいさきゅう神栖市・鹿嶋市ほか鹿島砂丘・波崎砂丘の総称。
埼玉県所在地備 考
小渕砂丘こぶちさきゅう春日部市河畔砂丘。
志多見砂丘しだみさきゅう加須市河畔砂丘。志多見地区の会の川南岸に広がる。
鷲宮砂丘わしのみやさきゅう久喜市(旧鷲宮町)河畔砂丘。西大輪河畔砂丘とも。参考地図
千葉県所在地備 考
九十九里砂丘くじゅうくりさきゅう旭市〜一宮町九十九里浜。砂浜がほとんど消滅してしまったところも見られる。
一宮砂丘いちのみやさきゅう一宮町九十九里砂丘の一部。
東京都所在地備 考
六日ヶ原砂丘むいかがはらさきゅう八丈町黒砂、黒砂山とも。三原山の溶岩のしぶきが冷えて砂利となり降り積もってできた黒い砂山。関連記事[30401]
神奈川県所在地備 考
湘南砂丘しょうなんさきゅう鎌倉市〜小田原市砂丘がほとんど消滅してしまいごく狭い砂浜しか残っていないところが多い。
平塚砂丘ひらつかさきゅう平塚市湘南砂丘の一部。
新潟県所在地備 考
岩船砂丘いわふねさきゅう村上市★三面川〜荒川間の砂丘を指す。
北蒲原新潟砂丘きたかんばらにいがたさきゅう胎内市〜新潟市★荒川〜信濃川間の砂丘を指す。新潟北部砂丘とも。
新潟砂丘にいがたさきゅう新潟市新潟市内の砂丘を指す場合、北蒲原から西蒲原までの砂丘の総称として用いられる場合、下越地方の砂丘の総称として用いられる場合がある。(地図リンクは新潟市近辺とした)下越地方の砂丘の総称として考えた場合、村上市岩船港付近から新潟市西蒲区角田浜付近まで約70km続く長大な砂丘ととらえることもできる。
西蒲原砂丘にしかんばらさきゅう新潟市信濃川〜角田浜間の砂丘。旧巻町の砂丘のみを指す場合もある。
寺泊砂丘てらどまりさきゅう長岡市★信濃川大河津分水路の開削により一気に成長した。
荒浜砂丘あらはまさきゅう柏崎市・刈羽村刈羽砂丘とも。
潟町砂丘かたまちさきゅう上越市旧大潟町付近を中心とした上越市東部に見られる砂丘。頚城砂丘とも言われるが、近年は頚城砂丘の方が用例が多いようである。
西頸城砂丘にしくびきさきゅう糸魚川市★糸魚川市付近に見られる砂丘。
八幡砂丘やはたさきゅう佐渡市旧佐和田町〜旧真野町。佐渡市八幡を中心とした、真野湾沿岸の砂丘。
素浜砂丘そばまさきゅう佐渡市旧羽茂町の西側に位置する。関連記事[30401]
富山県所在地備 考
園家砂丘そのけさきゅう入善町園家山砂丘とされる事もあるが、山の名としては園家山、砂丘としては園家砂丘と呼び分けされる事が多いようである。関連記事[30401]
放生津砂丘ほうしょうづさきゅう富山市〜射水市★神通川〜庄川間に見られる砂丘。
氷見砂丘ひみさきゅう高岡市〜氷見市★有磯海沿岸の砂丘。高岡市雨晴〜氷見市阿尾。
石川県所在地備 考
蛸島砂丘たこじまさきゅう珠洲市★蛸島町を中心とした珠洲市南岸の砂丘。
宇治砂丘うじさきゅう珠洲市★三崎町宇治を中心とした珠洲市東岸の砂丘。
富来砂丘とぎさきゅう志賀町★増穂浦沿岸に見られる砂丘。幅は1kmほどある。
高浜砂丘たかはまさきゅう志賀町★於古川〜柴垣海岸間の砂丘。
羽咋砂丘はくいさきゅう羽咋市〜宝達志水町気多大社付近〜大海川間の砂丘。千里浜を含む。
内灘砂丘うちなださきゅう内灘町・かほく市・金沢市日本海と河北潟を区切る砂州を中心とした砂丘。砂州部分のみを指す場合と、大海川〜犀川間の砂丘の総称として用いられる場合がある。河北台砂丘とされる場合もある。
安原砂丘やすはらさきゅう金沢市〜白山市金沢市安原地区を中心とした、犀川〜手取川間の砂丘。
小松砂丘こまつさきゅう白山市〜加賀市★手取川〜尼御前岬間の砂丘。
大聖寺砂丘だいしょうじさきゅう加賀市★片野町〜大聖寺川間の砂丘。
福井県所在地備 考
北潟砂丘きたがたさきゅうあわら市〜坂井市★大聖寺川〜坂井市三国町浜地間の砂丘。
三里浜砂丘さんりばまさきゅう坂井市〜福井市坂井市三国町新保〜福井市浜住町間の砂丘。国道305号線の東側にはラッキョウ・スイカなどの畑が広がるが、緩衝緑地帯より西側は工業用地として造成されており、海岸は埋め立てが行われた
河原市砂丘かわらいちさきゅう美浜町★和田〜久々子間の砂丘?
静岡県所在地備 考
田子の浦砂丘たごのうらさきゅう富士市〜沼津市富士川河口〜沼津市牛臥山。宅地化が進んでいる。関連記事[30397]
遠州大砂丘えんしゅうだいさきゅう湖西市〜御前崎市静岡県西部の砂丘の総称、南遠州大砂丘・南遠大砂丘とも。
浜松市〜御前崎市を指す場合もある。
浜岡砂丘はまおかさきゅう御前崎市
千浜砂丘ちはまさきゅう掛川市
中田島砂丘なかたじまさきゅう浜松市
愛知県所在地備 考
西山砂丘にしやまさきゅう田原市渥美半島の先端部分。
祖父江砂丘そぶえさきゅう稲沢市河畔砂丘。木曽川砂丘とも。
京都府所在地備 考
平砂丘へいさきゅう京丹後市丹後町平周辺、宇川河口付近に広がる。
竹野砂丘たけのさきゅう京丹後市丹後町竹野〜間人周辺、竹野川河口付近に広がる。
網野砂丘あみのさきゅう京丹後市網野町掛津周辺。掛津砂丘とも。琴引浜を含む。
丹後砂丘たんごさきゅう京丹後市網野町浜詰〜久美浜町湊
浜詰砂丘はまづめさきゅう京丹後市丹後砂丘の一部、網野町浜詰周辺
久美浜砂丘くみはまさきゅう京丹後市丹後砂丘の一部、久美浜町湊宮周辺
大阪府所在地備 考
羽衣砂丘はごろもさきゅう高石市市街地化し、砂丘としての面影はない。現在は主に遺跡名でのみ使用される。
和歌山県所在地備 考
岡山砂丘おかやまさきゅう和歌山市参考ページ)和歌山市内に見られた砂丘列のうち、和歌山城のある虎伏山から南西に延びているもの。市街地化が進んだが、吹上1丁目付近に高台として残っている。
鳥取県所在地備 考
鳥取砂丘とっとりさきゅう鳥取市浜坂砂丘のみを指す場合、浜坂・福部・湖山の三砂丘の総称として用いられる場合、鳥取県内の全砂丘の総称として用いられる場合の3つの使用例が認められる。
鳥取大砂丘とっとりだいさきゅう鳥取県本来は鳥取砂丘の中の鳥取大砂丘観光協会が管理する部分を指しているが、鳥取砂丘と同じような用例で用いられていることも多い。
浦富砂丘うらどめさきゅう岩美町
大谷砂丘おおたにさきゅう岩美町★港の建設により半分以上が埋め立てられた。
福部砂丘ふくべさきゅう鳥取市(旧福部村)海士砂丘とも。関連記事[30380]
浜坂砂丘はまさかさきゅう鳥取市(前鳥取市〜旧福部村)最高地点の標高約100m。「自由に立ち入ることのできる、ほとんど何も生えていない砂地が広がっている面積」は日本一であると考えられる。
湖山砂丘こやまさきゅう鳥取市鳥取空港がある。
身干山砂丘みほしやまさきゅう鳥取市★白兎海岸付近。身干山は白兎神社のある山。
宝木砂丘ほうぎさきゅう鳥取市(旧気高町)
浜村砂丘はまむらさきゅう鳥取市(旧気高町)浜村海岸の浜村川より西〜姉泊海岸
青谷砂丘あおやさきゅう鳥取市(旧青谷町)★青谷町青谷付近。丸山崎の東西に分かれる。
泊砂丘とまりさきゅう湯梨浜町(旧泊村)園〜宇谷間の砂丘。北条砂丘の一部とされる場合もある。
羽合砂丘はわいさきゅう湯梨浜町(旧羽合町)長瀬高浜砂丘とも。橋津川〜天神川間の砂丘。北条砂丘の一部とされる場合が多い。
北条砂丘ほうじょうさきゅう北栄町ほか北条町を中心とした東伯郡沿岸に広がる砂丘。
淀江砂丘よどえさきゅう米子市(旧淀江町付近)★旧淀江町の天井川河口より西に広がる砂丘。
日吉津砂丘ひえづさきゅう日吉津村ほか
弓ヶ浜砂丘ゆみがはまさきゅう米子市〜境港市弓浜半島。
島根県所在地備 考
古浦砂丘こうらさきゅう松江市(旧鹿島町)主に遺跡名として使用されるが、普通に砂丘名として使用される事もあるようである。
出雲砂丘いずもさきゅう出雲市18世紀頃までは高浜砂丘とも呼ばれた。
江津砂丘ごうつさきゅう江津市★江の川河口〜大崎鼻間に広がる砂丘。都野津砂丘、半田浜砂丘とも。
下府砂丘しもこうさきゅう浜田市島根の砂丘地ブドウ発祥の地。
福岡県所在地備 考
玄海砂丘げんかいさきゅう芦屋町、岡垣町
奈多砂丘なたさきゅう福岡市海の中道の付け根部分を指す。雁の巣砂丘とも。
長崎県所在地備 考
白良ヶ浜砂丘しららがはまさきゅう五島市(旧三井楽町)
大浜砂丘おおはまさきゅう佐世保市(旧宇久町)
宮崎県所在地備 考
広瀬赤江砂丘ひろせあかえさきゅう宮崎市〜日南市★旧佐土原町広瀬〜日南海岸間の砂丘。
鹿児島県所在地備 考
有明砂丘ありあけさきゅう志布志市〜東串良町★志布志湾岸の砂丘。志布志砂丘とも。
川内砂丘せんだいさきゅう薩摩川内市★川内川河口付近の砂丘。
吹上浜砂丘ふきあげはまさきゅう日置市〜南さつま市吹上砂丘とも
砂丘は旧加世田市から旧東市来町まで連続している。
入来浜砂丘いりきはまきゅう日置市★吹上浜砂丘の一部。旧吹上町(位置は地名からの推定)。
上の山砂丘うえのやまさきゅう南さつま市★吹上浜砂丘の一部。旧金峰町(位置は地名からの推定)。
高橋砂丘たかはしさきゅう南さつま市★吹上浜砂丘の一部。旧金峰町〜旧加世田市(位置は地名からの推定)。
種子島砂丘ながはまさきゅう中種子町、南種子町★種子島南部の砂丘の総称。長浜砂丘も含む。
長浜砂丘ながはまさきゅう中種子町
宝島砂丘たからじまさきゅう十島村地図で図示したあたりから北側の大籠海岸や東側の海岸まで砂地が広がっており「大砂丘」「さばく」とも呼ばれたが、内陸部は防砂林の植林が進められている。関連記事[30401]
水天宮砂丘すいてんぐうさきゅう喜界町★喜界島南部の石灰質海岸砂丘。名前は水天宮山にちなむ?
喜念砂丘きねんさきゅう伊仙町
沖縄県所在地備 考
米須砂丘こめすさきゅう糸満市
米砂丘よねさきゅう伊平屋村★伊平屋島の南端にある砂州。
大原砂丘おおはらさきゅう久米島町久米島空港付近〜大字鳥島間の砂丘。
参考データ「砂漠」
東京都所在地備 考
表砂漠おもてさばく大島町三原山より噴出した黒っぽい溶岩の砂利(スコリア)が堆積している。
裏砂漠うらさばく大島町三原山より噴出した黒っぽい溶岩の砂利(スコリア)が堆積している。
奥山砂漠おくやまさばく大島町三原山より噴出した黒っぽい溶岩の砂利(スコリア)が堆積している。
表砂漠おもてさばく神津島村
裏砂漠うらさばく神津島村
沖縄県所在地備 考
嘉比島海底砂漠がひじまかいていさばく座間味村嘉比島と座間味島の間にある海底砂丘。ダイビングスポットとして有名。嘉比島もほとんどが砂地。参考記事[30401][30519]



都道府県市区町村 > 地名コレクション >ページの最初へ ▲

Copyright(C) 2017 M.Higashide編集管理ページへ