都道府県市区町村
落書き帳

トップ > 落書き帳 >

メンバー紹介

>
EMMさんの記事が5件見つかりました




[100812] 2020年 11月 8日(日)01:46:31【2】EMM さん
「植栽文字」コレ関係参考情報
[100799] オーナー グリグリ様

[100776]の物件の採用ありがとうございます。
ところで、「消滅したか確認が困難になった植栽文字」のところに入っている物件を私も見てみましたが、中にはストビューの位置をちょっとずらすとガラッと様子が変わるものもあり、日付の新しい写真では綺麗に確認できるものもあったりします。
また、ストビューが日陰、物陰、逆光になっている物件でも、サテライトで綺麗な状態であるのが確認できれば「確認困難」にしない方が良いのではないかと思うものです。
さしあたって以下の案件は「十分確認可能」であると思いますので再検討をおねがいします。

栃木県高根沢町「FCX」
工場の敷地内ですのでストリートビューでの確認不能な案件ですが、サテライトではこのようにエッジも立っており雑草も無い状態で写っております。

東京都多摩市「VIVID TAMA」
これもサテライトではこのようにきちんと刈り込まれて形が保たれているのが分かります。
こいつは「目の前にマンションが建ってしまって道路から見えなくなった」案件のようです。

石川県かほく市「しらゆり」
コレクションでリンクされている草ボウボウのストリートビューは国道の下り線側のもので、撮影は2018年。
上り線側のストリートビューは2019年撮影で、草は綺麗に刈られ植栽文字がはっきり分かります。
新しい方の写真を見ると「確認困難」の方に入れるのはちょっとかわいそう…

滋賀県米原市「かわなみ」
ここはたんぼ道に囲まれた中なので文字が見える位置までストリートビューが入り込んでないんですよね。
サテライトで見る限りは綺麗に整備されていると判定して良いと思います。

京都府南丹市「日吉ダム」
これもサテライトで見る限り問題はない気はします…とはいえ文字の色と下草の色が近しいのがちょっと悩ましい。
ストリートビューは対岸道路からは距離や角度的にやや厳しく、ダム上ののものは物陰案件で確かに辛いですが。
なるべく最近の写真を探したら2018年の写真を見つけました。
字の大きさに対して背が低いので、離れたところから撮影すると下草の色と一体化しやすいようです。
この写真の状態で維持されていれば問題ないと思いますが…

兵庫県多可町「とりま」
ストリートビューに2018年の写真がありますが、形は保っているようです。

愛媛県大洲市「河辺中」
ストリートビューは拡大するとこのように見えます。
やや日陰となっているのと冬場で葉の色が良くないのが重なり合ってしまっていますが、雑草は無く、字もちゃんと刈り込まれているのが分かります。
2014年の写真なのがやや痛いところですが…(最初に見つけたHPをリンクしておけば良かった)

他にもストリートビューの写真が「日陰」「物陰」「逆光」「夏場で草が伸びている」と言った状況の案件がいくつかあり、そういった案件は判断が悩ましく感じます。
また、特に学校でありがちですが、「特定の建物から見る事しか考えていない物件」と言うのが少なからずあり、そういったものはサテライトでもストリートビューでもちらっとしか見えない事が多く悩ましいです。
(以前の塩竈市の「みなと公園」のようにサテライトからもストリートビューからも全く見えなければ諦めも付くのですが)
[100776] 2020年 11月 1日(日)16:05:36EMM さん
「植栽文字」コレ情報提供
>オーナー グリグリ様

また1件、植栽文字を見つけまして、それならばと探したらけっこう出て来ましたのでご案内します。
GoogleMapの航空写真では辛うじて確認できる程度(なおかつYahoo!地図の航空写真では確認困難)、と言うものも含みます。
ご確認をよろしくお願いします。

FFN青森県三戸郡南部町 青森県立名久井農業高等学校参考 Future Farmers of Nakuiの頭文字
南中福島県田村市 田村市立船引南中学校参考
SAITAMA埼玉県さいたま市緑区 埼玉スタジアム東駐車場SV参考(スタジアムの影付近に「コバトン」もある?)
STADIUM2002埼玉県さいたま市緑区 埼玉スタジアム東駐車場SV
TDU埼玉県比企郡鳩山町 東京電機大学埼玉鳩山キャンパスSV
ひいらぎのさと千葉県袖ケ浦市 社会福祉法人柊の郷上総SV
NCC千葉県印西市 習志野カントリークラブ参考
ナードジャパン山梨県甲斐市 ナード・アロマテラピー協会参考
かんげい あしたかこうえん静岡県沼津市 愛鷹広域公園SV
せいじつ静岡県磐田市 磐田市立向笠小学校参考
ホームパイ静岡県裾野市 (株)不二家 富士裾野工場参考(PDF) 不二家のロゴマークもある
KAO愛知県豊橋市 花王(株) 豊橋工場参考
つくで中愛知県新城市 新城市立作手中学校SV参考
しろやま愛知県尾張旭市 尾張旭市立城山小学校参考
たかの小京都府舞鶴市 舞鶴市立高野小学校SV
ゼニハラ大阪府茨木市 銭原地内SV
OBU兵庫県神戸市 神戸市立小部中学校参考
とまり鳥取県東伯郡湯梨浜町 湯梨浜町立泊小学校SV
佐小島根県雲南市 雲南市立佐世小学校SV参考
愛媛県松山市 松山市立東中学校参考
百合ヶ丘福岡県宗像市 百合ヶ丘霊園宗像SV
Gグリーンランド熊本県荒尾市 グリーンランドSV

田村市立船引南中と松山市立東中はおそらく校章ですね。雲南市立佐世小もそうかも。
[100741] 2020年 10月 24日(土)23:31:33【1】EMM さん
超久しぶりの十番勝負感想
十番勝負の感想を最後に書いてからどれくらい経ったのか分からないぐらいになってます。
毎回毎回、結構頻繁に謎言動や謎解答をしているので「解説がいるんだろうなァ」とは思っているのですが。
今回は確実に解説しておいた方が良いかな?と思ったところが有ったので久しぶりに手を付けてみます。

解答順に…

問二:加賀市
先に解答があった七尾市が気になりつつお題を見たら見たところばかりだったので細かい検証もせず解答しました。
桜トンネルさんが七尾市で解答してなかったらメダルは狙えなかったも。

問六:七尾市
その後右往左往しましたが、一度気を落ち着かせてお題で検索していったら問六は大島コレクションが引っかかってきました。
「どうせメダルは終わってるから」と数えてみたらぴったりきたので間違いないと確信し、盗られた可能性の高い七尾市をチョイス。

問四:川崎市
お題の市と、正答の中でも何だか気になった宮若市でいろいろ調べていたら自動車工業会HPの中の日本の自動車工場分布図と言うところに行き当たったんですよ。
これがお題・正答と大体合致するのですが、「池田・碧南×と伊勢崎・姫路○」が合致しないし、小山×も説明しにくい。
ただ、小山市には小平産業と言うトレーラーのボディを作っている会社があるのを見てどうしても自動車会社直営の自動車工場の線が捨てきれず、×にはならないんじゃないかと言う期待(と言うか願望)を込めて川崎市をチョイス…結果オーライ。

以下、ヒント後になります…正直、今回は仕事の方でややこしい案件に行き当たったのと重なり、頭が回らない状態だったので今まで以上に無理しないことにしました。

問九:勝山市
第1ヒントを見て「十番勝負に直結したなにか」と言うところを予想しました。
最初は市盗り合戦を見に行きましたがどうも違うっぽかったので、次に問題市・解答市分析を見に行ったらまさにそこにぴったりのものが。
勝山市に1万石積み上げましたが、正直言えばお題になってた胎内市が良かった…

問五:かほく市
第2ヒントを解いてみてなんとなく「ランキングの並べ替えかも?」と思いました。
並べ替えならまずは人口密度と狙いを付け、過去問にもあった「県との比較」をして見るも×…だったんですが、お題や既解答の前後に県庁所在地があるのが目に付いたので結果オーライ。
(県庁所在地の人口密度に一番近い市の時に非常に苦労したのを思い出して「イヤーンな感じ」でしたが)
北陸の市で該当するのは少なかったので、とりあえずかほく市に1万石積み上げ。

問七:白山市×→七尾市
はい、「東西南北端」コレに見事に引っかかりました。
先に解いた2問が地名コレクション関係でしたし…
想定解数から2つずれてるのも気づいてたんですが…×だったのを見て「多分ほかの問もイジワルなことしてあるに違いない」と思い、基本ヒント待ちすることに傾きました。
で、第2ヒントを見て「これは市制施行日の問題だ!」と確信した次第…これも類問が最初に出題されたときはこじれにこじれまくりました。
「盗られたら盗り返す!」と七尾市をチョイス…実は野々市市も該当しており、どちらにするかかなり迷いました。

問八:柏崎市
第3ヒントを見たあとに第1ヒントの下市町を精査し直しているときに「あれ?瀬戸市って?」と気になり、念のため嘉麻市を確認して共通項に行き当たりました。
特定の人たちの出身地問題って大相撲幕内力士以外に何かありましたっけ?きっちり枠がはめられるグループじゃないと出題しにくいところが有るので、この手の問題は気になりつつも「考えるときにあまり考慮しない」カテゴリになってました。
小松市か魚津市に1万石積み上げようか、と考えましたが、柏崎市が目に入ったのでそちらをチョイス。

問三:野々市市
実は第3ヒントを見るまでお題&既解答が「海に面していない市」ばかりなのに気づいて居ませんでした(恥)。
その上で「海」…「隣接した市を何市たどれば海に面した市に行くのか」って話題が出とったがいや!とようやく気づきました。
お題の市が海に面していないところばかりなのに早めに気づいていればヒント1つか2つは早く解答できてたかも。
問七で涙を呑んで選ばなかった野々市市が該当していたので迷わずチョイス。

問十:新発田市
問一:柏崎市
ここまでのヒントや解答の傾向から「問一と問十はこじれることもままある人口関係の問題だろうなぁ」というのは薄々感じてました。
それも「人口10万」がらみの。
でも線引き等々が絞りきれなかった…途中で国勢調査結果の比較のページも見てたんですけど。
それぞれ第4ヒントのアナグラムヒントが解けてどこを見れば良いのか分かりましたとさ。ああはや。

とにかく今回は仕事のややこしい案件とぶつかったのが痛かったです。
とりあえず、連続完答は続けることができたのと、野々市市&柏崎市が盗れた事&七尾市が即時奪還できた事で良しとしよう。
[100700] 2020年 10月 22日(木)02:15:12EMM さん
「三国境」を境界点の通称と見るか、山の頂の名と見るか
[100684] hmtさん

拙稿[100650]を書き込んだ直後に作業してしまえば良かったのですが月曜はいろいろ重なって手が付けられず、火曜に回したら残業で帰宅が凄く遅くなり、水曜まで作業がずれ込んでしまいました。
「希少地名」3コレクションの採用基準、紹介文に書いてある内容で行くと
希少地名コレクションは、崖なのに崖っぽくない名前だったり、川なのに川っぽくない名前だったり、山なのに山っぽくない名前だったり、と「その地形としては特殊な地名」を集めたコレクションです。
となります。
もうちょっと突っ込んで書くと、例えば山の名なら典型的な地形名と言える「山」「岳」「峰・峯・嶺」「丘・岡」「ヌプリ」、あるいは典型的な地形名と言う感じは無かったが探してみると数が合ったので独立コレクション化した「森」「丸」 「城」「頭」「塚」以外の名は対象になり得る、と言うスタンスです。
三国地名としては「三国境」は最もストレートな地名と言って良いでしょうが、山の頂の名としてみると「三国境」は「三国山」や「三国岳」と違い「山を示す典型的な地形名には当てはまっていない地名」と言うことになると考えます。
じゃあなんで今まで収録されてなかったのか、と言うと自分も含めて「希少地名(山)」コレの歴代編集者がなぜか見落としているから、と言う事になるのですが、加えて「今まで誰からも『希少地名コレクションの基準に合致するのではないか』という問い合わせや提案がなかった」というのもあります。
(参考…「三国境」での落書き帳検索結果
そして、今回初めて「これは希少地名(山)コレクションに該当するのではないか」と投稿を頂いた訳です。
提案・問い合わせを頂けば検討します。
そして検討した結果、「三国境」をネット検索すると「山の頂の地形名」として捉えていると判断される記事が少なからずありましたし、地形名としては希少地名3コレの採用基準に合致していると判断しました。
「山のてっぺんにあるもの」が山の名前に転化する際、「山」とか「岳」とか付かずにその「山のてっぺんにあるもの」の名前だけが地形名的に通用していると思われるところ…が「希少地名(山)」コレに既にいくつも収録してあり、それと近い用例…と考えます。

…と言うようなことを[100650]にもうちょっと書いておけば良かったのかもしれません。
[100650] 2020年 10月 19日(月)01:57:00EMM さん
「希少地名(山)」コレクション関連レス
[100323] サヌカイトさん

[100649]を書く際に関連記事を確認していたら、「希少地名(山)」コレへの投稿を見落としていたことに気付きました。
タイトルに出て来るのが「県境サイン」コレだけで、記事の内容も9割方は「県境サイン」コレ関連の内容であったことから見逃しておりました。
1つの記事に複数の地名コレクションへの投稿を書かれる場合、記事タイトルに各コレクションの名前を入れておいて頂ければ見逃しは減ると思いますので、ご配慮頂けるとありがたいです。

ところで、情報提供頂いた「三国境」ですが、これは採用したいと思います。
なるべく早めに追記の作業をしておきます。
ちなみに…「希少地名」3コレクションの編集者を引き継いでから、特に山頂については3年ほどかけてかなりあちこち探しておりました。
その中でも中部地方は当時のYahoo!地図(当時は地名検索で特定の県の自然地形名だけを絞り込みできた)やウオッちずでかなり見たつもりでして、こういう目立つ物件は見落とす可能性は少なかったはず…と言う認識でおります。
なので、これはおそらく2010年以降に地名が掲載されたものだと想像しています。
多分、そういう案件はまだたくさんあるんだろうなぁ。


… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳

Copyright(C) 2020 M.Higashide from 2002.3.10
パソコン表示スマホ表示