都道府県市区町村
落書き帳

トップ > 落書き帳 >

メンバー紹介

>
ハルさんの記事が5件見つかりました



記事番号記事日付記事タイトル・発言者
[100743]2020年10月25日
ハル
[100694]2020年10月21日
ハル
[100683]2020年10月21日
ハル
[100665]2020年10月19日
ハル
[100609]2020年10月17日
ハル

[100743] 2020年 10月 25日(日)09:01:47【1】ハル さん
十番勝負の感想
おはようございます。

今回の十番勝負の感想です。

前回の感想で[99778]
メダルまではいかなくても早い段階での正答・完答を目指したい
と書きましたが、今回のまさかのメダル獲得に驚きでいっぱいです。初参加が第十三回、初正解が第十五回、その後長いブランクを経て、第五十五回、初参加から約14年・悲願の十番勝負でのメダル獲得となりました!(姉妹企画の七番勝負ではメダル1枚あり)早い段階での完答はならなかったので精進を続けるのみですね。

それでは、ほかの皆さまにならって問題ごとの感想を書いていきます。問題ごとに書くのは初めてかもしれません。

まず、メダル獲得の問七。
■市制施行日が金曜日の市
グリグリさんのコメント通り僕も「東西南北端に何らかの条件が加わったもの?」と思い、もし別の要素だったとしても安パイそうだった糸島市で勝負。見切り発車でしたが正解の判定が出た時は大きな声が出ました。本来の共通項が分かったのはかなり後のことで、まさか市制施行が金曜日の市だったとは。今までなら最終盤まで分かっていなかったと思います。この難問?を(運任せだったとはいえ)早いうちにクリアしたのは今回大きかったです。

問六
■大島のある市(大島コレクション)
問題の市を見て、「島が多いところだな」と思い、島を調べていたら「大島」を見つけました。最初の採点までに攻略できてとてもうれしかったです。最初の時点で笠岡市と解答しようかと思いましたが、精査していくうちに長門市で解答という気分に変わりました。とはいえ、笠岡市でも正答ですね。

問四
■2019年工業統計調査の製造品出荷額等が1兆円を超える市
問題の市の並びと皆さんの解答から、「自動車関係?」と思いましたが、碧南市・池田市が誤答でイコールではないのか?!となりました。それでも自動車工業が盛んな市での正答が並んでいたので規模の大きいところを答えておけば大丈夫と思い、自動車+関連工業がより盛んな磐田市を解答しました。ここまでがノーヒントでの解答となりました。

問九
■過去の十番勝負で問題市になっていない市
これは、十番勝負をやってる人じゃないとわからないでしょう。「な」の付く市がフェイクで並んでいました(恥ずかしながらそれに気づくまでに時間がかかった)が、仮に僕が1日目に「名寄市」を解答できていればこの問題の展開も違ったものになっていたのではと思いました。「な」の付く市で正答したのは僕だけなので・・・。

問十
■2015年国勢調査人口が10万人前後(90000〜109999人)の市
10万人前後の市の解答が多いことと、アナグラムで攻略。今大会2回目の糸島市解答で石高を上積み。シンプルだったうえ、人口ネタでランキングデータを眺めていればもっと早く分かるはずの問題でした。

問三
■1つの市を通って海岸に出られる内陸の市
内陸の市が並んでいるが、かといって海から遠いわけでもないし、第一ヒントの南風原町で内陸であるのは確実・・・でモヤモヤ。第二ヒントで内陸で、隣接市は海に面しているという共通項が分かり、今まで解答がなかった山陰地方の雲南市で勝負。今思えば地元の那珂川もこの条件に適しているので、そちらを答えてもよかったかなぁ。

問八
■現役プロ将棋棋士の出身地の市
アナグラムで「話題ってなんだよ」と思っていたら、サイトに「棋士」の文字。まさか・・・?と思い色々調べてみると問題市出身の著名人に棋士の名前が出てきてビンゴ。複数輩出している加古川市を解答。確かに話題が多いですよね、勉強になりました。

問二
■県境サインのある市(参考サインは除く)
他県に隣接している市が並んでいるのはすぐわかったのですが、その先がなかなか浮かばず。アナグラムと漢字ヒントで県境が関係しているのを確信したところから、サイトに県境についての記事を発見。条件分けにも時間を要しましたが、米子市をチョイス。今住んでいる鳥取県からの解答を達成。そういえば、僕の紹介文、県境について言及されていましたわ。

問一
■2000年国勢調査人口が10万人前後(90000〜109999人)の市(合併組替後)
問十と同時に分かっていなければいけなかった問題。問十と共通する市も多くヒントが出た段階から近いところを調べていただけに、終盤まで分からなかったのがとても悔しかったです。分かった場所が会社のオフィスで、思わず人目もはばからず声が出てしまいました。舞鶴市で解答しましたが、こちらもシンプルに人口でした。増減率とか深く考えすぎました。

最後に、問五
■47都道府県庁所在地の人口密度に最も近い市
想定解が47だったので、都道府県あたり1市と踏んでいたら最初の採点で山梨の笛吹市と都留市がともに正解。これで大きく狂いました。ヒントを見ても手掛かりをなかなかつかめず、所在地も都道府県庁ではなく市役所と思い込む始末。これも問一・問十同様ランキングデータをシンプルにみていれば分かった問題。過去問に似たような問題があったことを確認していただけにやられた感が残りました。共通項がわかって最初に確認できた成田市を解答。成田と宮崎って人口密度ほぼ一緒なんですね。問五の正答をもって2大会連続2回目の完答を達成し、解答終了となりました。


今回、上述のとおりメダル獲得は初(七番勝負は1枚あり)なのですが、誤答なしでフィニッシュも初めてだと思います。今の十番勝負は正答率も求められているように思いまして、確実に攻めることを意識した結果だと思っています。今回は10問を9回に分けて解答しましたが、次回以降は複数問同時解答を増やしてみたいです。

☆サイトについて
最近、投稿数が減っていることを耳にしましたが、大学時代にこのサイトの内容が講義の参考資料(URL)に使用されていたり、サークルで経県値を知っている人、他のメンバーの個人サイトを知っている人に出会ったりと、このサイト地理好き以外の人にもかなり知られていると思います。特にサークル内(鉄道研究会に所属)での経県値の人気は絶大で、よく使っている人、市町村単位でみる人も複数いました。それで、彼らは経県値を僕に教えてくれたのですが、その度に僕は「経県値は小学生のころから知っている、何なら僕は(最近は投稿してないけど)そこの掲示板のメンバー」とずっと言っていました。なお、彼らのほうが、僕より経県値が高いです。
[100694] 2020年 10月 21日(水)21:51:10ハル さん
十番勝負9
問五:成田市

これで最後にしたい!問五もシンプルに考えればわかる問題でした。他の解答に惑わされすぎました。
[100683] 2020年 10月 21日(水)12:13:05ハル さん
十番勝負8
問一:舞鶴市

思っていたよりはるかにシンプルなものでしたか。
[100665] 2020年 10月 19日(月)21:58:46ハル さん
十番勝負7
問二:米子市

完答者が続々と出ている中、上記含めて残り3問、一気に解答したかったところですが、一問ずつしか浮かんでこない、、、
あと2問、アナグラムは解けてもその先の痒いところに未だ手が届かず、もどかしさを感じております・・・。
[100609] 2020年 10月 17日(土)22:33:30ハル さん
十番勝負6
問八:加古川市


… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳

Copyright(C) 2020 M.Higashide from 2002.3.10
パソコン表示スマホ表示