都道府県市区町村
落書き帳

トップ > 落書き帳 >

メンバー紹介

>
駿河の民さんの記事が5件見つかりました

… スポンサーリンク …



[105261] 2022年 8月 11日(木)00:24:29駿河の民 さん
トライアルの他の方の作問への感想
完全に乗り遅れた感がありますがほかの方の問題への感想を…


問一~問三の自作問については[105182]で触れています。そっちで触れるのを忘れていたのですが、前回のトライアルの問題作成者当てで「問題市に高知県や長崎県のものが入っているものは駿河の民かと思った」「鉄道問題はデスクトップ鉄さんか駿河の民かと思った」との感想をいたいだいたので問一の問題市に本家で6回解答している大田原市、ヒントに中土佐町と御前崎市を入れたり、問二のヒントに西条市と函南町を入れたりしたのですが当ててもらえないものなんですね…(問三は問題市から解答にたどり着きやすくする&ヒントが非常に考えにくい共通項なのでそんなことしてる余裕はありませんでしたが)

問四はオーソドックスなデータ問題かつ人口という地理が好きなら着目しそうな点、問五もわかりそうで簡単には見破れないがいろいろな場所での並びなどいくらでも気づけるポイントはあるという点でかなり好きです。問五は解答者側だったらすぐには解けないだろうので解けた時は気持ちいいんだろうな…と思っています。
問六は自分が高校野球を見るようになったのは自分が高校に入った去年からなので問題をもらっても全く分からなかったのですが、詳しい人にはすぐにピンと来るのでしょうし普段と違う人が作問することの良さが出たのではないかなと思います。問七は今回一番好きな問題で、「さくら」と「原」の並びは美しいですし、それに気づくのは十番勝負経験がなくてもできる人にはできると思うので趣旨にも合っている素晴らしい問題だと思います。
問八は問題市がよくできていると思いますし、偶然ではありますが6着まで市名と同由来のタイプとたまたま一致したタイプが交互になっているところまで完成度が高いと思います(?)
「受験世代」にいる中高生世代の人にとっては、大学の名前を知る、覚えることは必須だと思うのですが…
[105232] 伊豆之国さん)について、現役の高校生でそろそろ志望校を絞り込む立場の人からすると、先に複数名が仰っている通り「必要ではない」と言わざるを得ません。教育機関は好きなので普通の高校生よりは大分詳しいつもりですが、問題市の中で足利大学は問題になったことで初めて知りましたし、芦屋大学はニュースに出てきたことで、別府大学は別府大学駅があることで知ったのでどちらも「受験があるから」という理由で知っていたわけではありません。理系であることもあって自分にとっては一部を除く私立大学は「参考書に入試問題が出てきたことがあったな」程度の認識ですし、それすらない大学については知る機会は全くないと言っていいほどだと思います。ただ、その地域に住んでいなければ知らないような大学が問題にあることは、比較的著名な弘前や中央、非該当のつくばから大学に至ることは難しくない上にそういった大学があることは検索で容易に分かるため問題としての完成度とは完全に別だと思います。
問九は共通項としては難しめだとは思いますが、丸亀に讃岐富士があることや前橋に富士山下駅があることからなんとか分かるので良い問題だと思います。ただ富士山の正面で生まれ育った人としては静岡県東部の市を入れていただけたらありがたかったですね…(富士吉田市が入っていたら多分問題選定の時点で外すようにお願いしてたと思います(笑))問十も隣接問題にしては明快な共通項で、隣接に目が行きそうな問題市なので良い問題だと思います。


全体の感想として、4人が問題を作るとよい問題が集まるんだなと思います。(問三のヒントは本当に申し訳ないです、でもどうしたらよかったんですか…)前回なかった反動で名前系と学校系がそれぞれ2問出ましたが、2回の開催でおそらく大体のジャンルは出尽くしたので次回からは均等になるのでしょうか。
次回開催があったとして運営側に回る気はない(今回も最初の時点で人が足りていたらやらない気だった)ので解答者として楽しませていただきます。よろしくお願いします。
[105182] 2022年 7月 30日(土)21:29:31駿河の民 さん
第二回「チャレンジ!全国の市十番勝負トライアル」 出題意図について
今回問一~問三の作問を行った駿河の民です。各問題の作問意図について解説させていただきます。

まず問一ですが、これは「地理の力や調べる力がなくても一目でわかる」をコンセプトに作問しました。問題市は該当する市の中でも含まれている市名が著名で含まれていることがわかりやすいもの(つくば、久留米、宮古)をなるべく選択し、複数該当と一文字での該当として入れた会津若松と大田原もほかの地名が入っているという印象があるものを選びました。

問二は「撒き餌」として用意しました。「新幹線の駅」というものは地理についてある程度関心があれば大体の位置は頭に入っていそうですし、その中でも最北の新函館北斗と最南の鹿児島中央、ターミナルの大宮と存在する都市の規模の割には著名であると思われる燕三条と東広島を入れ、該当しない市に数か月後に新幹線が開業する武雄温泉を入れたので非常に解きやすかったのではないかと思います。実際唯一全参加者が正答している問題かつ既出解以外では誤答なしとなったので目的は達成できたかなと思います。

問三は「中級者より初心者の方が解きやすい問題」という意図で出しました。「国際会議観光都市」というくくりは耳馴染みがあるものではなく、市を並べて検索してもあまりヒットしません。しかし、なぜかWikipediaには多く書かれており、問題市のうち特殊例である志摩市を除くとすべてWikipediaの文の最初の方に「国際会議観光都市」の文字があります。感想文などを見る限り歴が浅くなるほどWikipediaを参考にする割合が高まるように感じたのでWikipediaがたどり着くまでの太い道筋となっているこの問題は歴が伸びるほど難易度が高く感じるのではないかなと感じました。しかし、観光庁の一覧に記載されていない牛久市がWikipediaに記載されており非該当にしましたが、そこで大きく混乱してしまった方もいたようでそこは反省点かなと思っています。


自分の意図通りにみなさんが解いてくださったか、自分の問題を楽しんでいただけたかは非常に気になるので、ぜひ感想文を提出してください。よろしくお願いします。
[104971] 2022年 7月 23日(土)21:00:00【4】訂正年月日
【1】2022年 7月 23日(土)21:01:28
【2】2022年 7月 24日(日)09:20:50
【3】2022年 7月 24日(日)13:13:58
【4】2022年 7月 24日(日)17:58:35
駿河の民 さん
第二回「チャレンジ!全国の市十番勝負トライアル」出題
第二回「チャレンジ!全国の市十番勝負トライアル」を開始します。比較的簡単でわかりやすい問題をそろえており、初心者でも解きやすいかと思います。参戦をためらっていた方もふるってご参加ください。最初の採点は明日午後9時頃を予定し、その後も毎日午後9時頃に1日1回の採点を行う予定です。終了は7月30日(土)午後9時を予定しています。

【問題】
各問に提示した市にはある共通する特徴があります。該当しない市は共通する特徴に当てはまらない市です。同じ特徴を持つ市を1市だけ挙げてください。なお、解答に当たっては以下の注意事項を必ず守ってください。

【注意事項】
(1) 共通する特徴は解答しないでください。何人もの方が答えられるようにするためです。
(2) 問題番号と解答を正確に書き込んでください(府中市と伊達市は都道県名を括弧書きしてください)。
【例】問一:佐倉市 / 問二:府中市(東京都) / 問三:伊達市(福島県)
(3) 解答書込みに対する訂正・削除は一切禁止です(他の方の迷惑になりますので採点をお待ちください)。
(4) 解答は一問につき一人一解答でお願いします。採点で誤答となった場合は再解答できます。
※すでに他の方が解答済みの市、問題となっている市、あるいは、消滅した市を、誤って解答してしまった場合は、採点を待たずに再解答しても構いません。その場合は再解答の理由(既解答市、問題市、消滅市)を必ず付記してください。
※既解答市を10分以内に解答した場合は、参考記録とします(既解答市が正答の場合)。
※採点前の既解答市が誤答となった場合は、再解答市は採点対象外とします。
(5) 問題は原則として2022年7月23日開始時点での情報を基にしています。

問一:会津若松市、つくばみらい市、大田原市、東久留米市、宮古島市
該当しない市:上野原市、境港市
(想定解数:80市)

問二:北斗市、さいたま市、三条市、東広島市、鹿児島市
該当しない市:秋田市、春日市、武雄市
(想定解数:81市)

問三:旭川市、つくば市、浦安市、志摩市、姫路市
該当しない市:牛久市
(想定解数:58市)

問四:二戸市、にかほ市、南陽市、羽咋市、韮崎市
該当しない市:美唄市、本宮市
(想定解数:83市)

問五:立川市、浜松市、四日市市、室戸市、福岡市
該当しない市:山口市、北九州市
(想定解数:47市)

問六:苫小牧市、さいたま市、大東市、和歌山市、三好市
該当しない市:彦根市、茨木市
(想定解数:65市)

問七:さくら市、佐倉市、相模原市、米原市、庄原市
該当しない市:白河市、桜井市
(想定解数:44市)

問八:弘前市、足利市、中央市、芦屋市、別府市
該当しない市:つくば市、北九州市
(想定解数:60市)

問九:弘前市、前橋市、富士見市、丸亀市、大分市
該当しない市:鎌倉市
(想定解数:86市)

問十:帯広市、相模原市、飯田市、五條市、宜野湾市
該当しない市:名古屋市、日田市
(想定解数:62市)


【免責】
出題に当たってはできる限りの調査を行っておりますが、確認漏れや問題の不備ならびに想定解の見落としなどが発覚する可能性があります。その際にはできるだけ妥当な救済措置を行うよう努力いたしますが、不手際などありますことをあらかじめご了承ください。

解答状況の確認ページ:第二回チャレンジ!全国の市十番勝負トライアル 解答状況
[104740] 2022年 5月 21日(土)00:47:35駿河の民 さん
第六十回全国の市十番勝負 感想文
今回も感想文を提出します。

[104230] 2022年 5月 1日(日)21:24:26
問四:南相馬市
(出題予告をあまりしっかり読んでいなかったので)問題を見た瞬間、該当しない市と想定解数が提示されていないことに衝撃を受けました。私は序盤はその2つをかなり重視して解答していたのでこれはかなりの打撃となりました。さらに今回は各問題ごと問題市の頭文字が揃えられているという迷彩付き。迷彩やら共通テーマやらがあると(実際には共通テーマもあったわけですし)苦手なのはわかっていたので、今回は久しぶりに大変なことになるぞ…と思いました。
さらに、問題市をまとめてGoogle検索/サイト内検索にかける方法も今回は全問題で不発。いつもここでひっかかった1~2問でメダルを獲得していたので相当焦りました。
そんな中解答が伸びていた問四、既解答を見ると甲州市←塩山、いわき市←勿来etc、西東京市←保谷+田無という図式が浮かび、問題+既解答がすべて消滅市を含むことを確認、原町を含む南相馬市を解答しました。正直問題を見た瞬間に思い浮かぶべき問題なので24分もかかってしまったのはひどいとしか言いようがありませんが、上述の通りかなり想定外なことが起きていたので仕方がないんですかね…
■市の誕生日と市名誕生日が異なる市

[104237] 2022年 5月 1日(日)21:35:53
問一:郡山市
(誤答)
とりあえず中核市クラスの都市が並んでいたことと、今までの解答が2件しかなく正答だった場合銅メダル以上であり、さらに「人口30~50万人」などの共通項であった場合金メダルも狙えることからそれっぽい郡山市を解答して誤答。勝負に出るなら少しでもリスクの小さい、人口が問題市の最大と最小の間にある市(市盗りを考えると長崎市や吹田市など)を答えるべきだったなと反省しています。

[104249] 2022年 5月 1日(日)21:51:26
問十:長崎市
(銅メダル)
改めて問題を見返してみると、問十の五市および既解答の大田市・青森市に見覚えがあります。私はトライアルの世界遺産問題を作問した人なのでおそらくみなさんより「本当に?」という気持ちが強かったのですが、まだメダル射程圏内であることからこの問題でメダルを落としたらさすがによろしくないということで誤答リスクの小さい長崎市を解答。結果は無事銅メダルだったのですが、作問者が金メダルを取れないのは恥ずかしいのでむしろハズレであってくれ…という気持ちがありました。(ちなみにトライアル企画進行中に行われた十番勝負で用意していた問題に限りなく近い問題が出たのですが、それはしっかり七着だったので成長したかもしれません)
■世界遺産登録地がある市

[104296] 2022年 5月 2日(月)12:59:31
問八:栃木市
(誤答)
これはみなさんと同じように地名コレクション検索をかけ、同じように「松島」コレクションを見つけ、同じように解答して誤答になりました。もっと早く見つけていたのですが、若干古いコレクションであることなどから不安で保留していました。しかしかなり信頼のおけると勝手に思っているおがちゃんさんと勿来丸さんが、もし本当に松島だったら答えようとしていた郡山市と宇都宮市を連続で解答されたので流れに乗ってもう一つの候補地であった栃木市を解答、無事誤答となってしまいました。まさか問題市が含まれるコレクションが2つあるとは思わないので、これからこの問題はサイト外に解を求める方向に進んでしまいます…

[104323] 2022年 5月 2日(月)21:20:02
問二:掛川市
初日の時点から1問ぐらいこういうタイプの問題があるのではないかと思っていたのですが、見極められないのでスルーしていました。採点を見ると問二がきれいに該当しており、慌てて調べて掛川市を解答。実は少し前に頭文字/最後の文字系で問題になりそうなものを調べていたのにリストにまとめるのを忘れていました。(おそらく「か」は入っていた)
■読みが「か」で始まる市

[104432] 2022年 5月 3日(火)21:51:43
問五:吹田市
その次の日の採点も終わった後、地獄のような途中経過順位を見てさすがに焦りを感じました。問五は人口密度かな~という気はしていたので、それぞれの市の人口密度順位を見ると綺麗に60位以内に収まっています。さらに該当しない市の摂津市は61位であることが分かり、(まだ共通テーマに気づいていないので)「60位というのは妙な区切りだな」「なぜ非該当が出る前に問題市よりも人口密度の低い市で正答できるのだろう」と思いつつも堅そうな吹田市を解答。無事正答でしたが当時の困惑する気持ちは
一応説明はつくのだが。
という言葉に凝縮されていると思います。
■人口密度ランキング上位60位までの市

[104445] 2022年 5月 3日(火)22:39:13
問一:長野市
これもなんとなく境界線は見えていたのですが、指定都市内の人口ランキングなど余計なことを考えてしまい全然正解にたどり着けませんでした。しかし基本に戻って全市対象の人口ランキングを見るとすべて60位以内に収まっており越谷市は61位です。見たことあるな…でもなんで50なんだろ…あ、今回60回目だ、と気づいたときの感動は今でも覚えています。宇都宮も長崎もとられていたので、4月最後の週末に訪れていた長野市を解答しました。
■人口ランキング上位60位までの市

[104446] 2022年 5月 3日(火)22:40:48
問三:福島市
問一が人口、問五が人口密度ならば問三は面積であることを疑えます。案の定郡山市は面積順で61位だったので確信して福島市を解答。
■面積ランキング上位60位までの市

[104447] 2022年 5月 3日(火)22:47:04
[104454] 2022年 5月 3日(火)23:40:13
問七:会津若松市
問七:福島市(既解答のため再解答)
一三五とくれば次に気になるのは七です。ここらへんの思考の経緯をあまり覚えていませんが市制施行日にたどり着き、川越がまた61位であることを確認して会津若松市を解答、したらギリギリ参考記録にならないぐらいのタイムで解答されていたため再解答。もし前に解答されていなければもちろん会津若松市になっていたので、あとから振り返ると結果的に出来た福島市4答の記録を首の皮一枚つないだ感じでした。
■市制施行日の古い順に60番目までの市

[104485] 2022年 5月 4日(水)21:51:34
問九:福島市
もともとこの問題は第一回採点で百名山が否定されてから(まさかそんなに単純なものだとは思わないので)一等三角点百名山や花の百名山などいろいろなことを考えてはそれまでの誤答や非該当で玉砕され続けていました。しかし改めて考えるとシンプルである可能性がかなり高まり、単純に標高もあり得るか…?と思いいくつかの市を抜き出して比較すると宮古市と富良野市の間に綺麗に境界ができていることが見えました。さすがに手作業ですべて拾って60位/61位であることを確認している余裕はなかったので、そのラインより上である福島市を解答。最初は面白い県境にある喜多方市も考えていましたがここまで2回答えていることを加味して福島市にしました。
■市の最高点が高い順に60位までの市(60位タイを含む)

[104489] 2022年 5月 4日(水)23:16:13
問八:田村市
残り2問にはとても苦しみました。問九は最終的には富士宮市答えとけば当たるかなという雰囲気があったのでほぼ丸一日問六と問八に費やしていた感じになります。サイト内ではないと思い込んでいるので市を変えてGoogle検索したり、いろいろな市のWikipediaを読み込んだりしていましたが全く当たらず。原点に立ち返り、海辺の市が多い中で異彩を放っていた八王子市や秦野市を加えて改めてサイト内で検索してみると「千畳敷」のコレクションがヒット。まさか地名コレクション2つの共通部分に問題5市があるとは思えず、むしろ省くために既解答と照らし合わせるとビンゴ。シンプルに驚きでした。なんとかまだ残っていたので田村市を解答。
■千畳敷コレクション掲載地名がある市

[104491] 2022年 5月 4日(水)23:37:25
問六:福島市
元々ヒント待ちの予定でしたが、残り1問となったことと自身初のヒント前完答ができそうであることから全力を尽くして考えることとします。もともとこの問題は白河市が市に隣接していなかったり川崎市が県内で横浜市にしか隣接していなかったりと隣接に特徴のある市が並んでいるな、他県に隣接している市が多いなとは思っていたのですが、なぜか総数はスルーしていました。隣接を洗った他の問題ではしっかり数まで見ていたはずなのにどうしてでしょう…
ここまで出ていない隣接か変遷に的を絞って集中的に考えるとシンプルに9自治体に隣接していることが分かりました。分かったときは本当に脱力しました…これまで3回答えた福島市がまたも該当していたので解答。およそ25時間で4回正答したこととなりました。
■9市区町村に隣接する市

【総括】
今回は銅メダル1枚の完答順15位、領地は0増1減に3回の誤答と、ここ数回の中では最悪の成績となってしまいました。完答順位ではサヌカイトさんにはなんとか勝てたものの未開人さんやはしもつさんに負けてしまい(特に後者は衝撃でしたが、嬉しくもありました)、メダルではお三方に完敗してしまったので変化球出題への対応力をつけたいところです。


続いて連絡です。
長らく更新の止まっている特急マガジンですが、ありがたいことに新規特集のリクエストもいただいていることもあり6月中旬ごろから動かします。(なんとなく先延ばしにしてしまっていたのでここでしっかり宣言します)

また第二回トライアルについては、運営が足りていないようなので開催時期がテストなどとかぶっていなければまた運営として参加したいなという気持ちでいます。よろしくお願いします。

これを書くにあたって記事検索をして、前回十番勝負終了後から今回まで一度も書き込みをしなかったことに衝撃を受けました。もっと普通の書き込みもしていきたいです…
[104491] 2022年 5月 4日(水)23:37:25駿河の民 さん
第六十回全国の市十番勝負の解答11
問六:福島市
なんでこれができないんだ~


… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳

Copyright(C) 2022 M.Higashide from 2002.3.10
パソコン表示スマホ表示