『返読』地名コレクション


地名コレクション
『返読』
編集者:たもっち


(編集中)

地名を含めて日本語は通常文字の並びにしたがって読むことになっています。しかし、地名の中には漢文の「レ点」などの返り点を打ったような読み方をするものが存在します。最もその特徴を持ったものが「不」を含んだ地名です。その最たるものとして「不知火」という名称は一度ならずも見たり聞いたりしたことがあると思います。

このコレクションでは「不」を含み、さらに返り点を用いた読みになっている地名を集めました。

※ このコレクションは、2006.4.1現在の市町村名に対応しております。


コレクション数:46 件
「不」
名称所在地種別由来備考
不知火しらぬい北海道深川市
不魚住うおすまず青森県五所川原市
不習ならわず青森県八戸市
不習岳ならわずだけ青森県八戸市八戸市民の森
不澄ヶ池すまずがいけ宮城県白石市弁慶が薙刀を研いだところ、薙刀の錆が池に入って水が濁り、その後水が澄むことがなかったことによる。参考
不来内こずない宮城県黒川郡大郷町アイヌ語の当て字といわれている。参考
名不知なしらず宮城県牡鹿郡女川町小字
名不知峠なしらずとうげ宮城県牡鹿郡女川町旧・金華山道
名不知なしらず秋田県山本郡藤里町
不草取くさとらず福島県石川郡古殿町
馬不入山うまいらずさん栃木県下都賀郡岩舟町峠越え通路として、馬も通りづらい難所だったことによる。
父不見山ててみえずやま群馬県多野郡神流町、
埼玉県秩父郡小鹿野町
1.捨て子が父を追い、見失ったことによる。
2.武将の妻子が父を待ち見ていたことによる。
3.戦死した平将門の遺児が父を慕ったことによる。
参考
不入斗いりやまず千葉県市原市1.「入瀬山(いりせやま)」が転化したことによる。
2.年貢(斗)を免除された地に由来する。
参考
不入いらず千葉県市原市
不入斗いりやまず千葉県富津市1.「入瀬山(いりせやま)」が転化したことによる。
2.年貢(斗)を免除された地に由来する。
不忍池しのばずのいけ東京都台東区諸説ある。一例として、「忍ヶ丘(上野の丘)」に対する「忍の池」から転化した。
不入斗町いりやまずちょう神奈川県横須賀市住所満潮になると潮が浸入してきて止まなかったため。または市原市、富津市と同様。1丁目〜4丁目、参考
不聞山きかずやま神奈川県綾瀬市
月不見池つきみずのいけ新潟県糸魚川市藤の名所で、最盛期には月影が池に映らないことによる。参考
親不知おやしらず新潟県糸魚川市海岸北陸道随一の難険で、親子が互いに気遣うゆとりもない場所によるもしくは市振〜親不知間
奥不帰谷おくかえらずだに富山県黒部市
不帰岳かえらずだけ富山県黒部市
不帰滝かえらずのたき富山県黒部市
不帰谷かえらずだに富山県黒部市
不帰嶮かえらずのけん富山県黒部市
・長野県北安曇郡白馬村
不老町おいずちょう福井県越前市旧・今立町不老。合併に伴い名称変更。[45371]
鍬不取くわとらず長野県下伊那郡泰阜村老桑樹。養蚕のため毎年刈り取られる桑の木が、大樹として保護されてきたことによる。
不帰沢かえらずざわ長野県北安曇郡白馬村
不消ヶ池きえずがいけ岐阜県高山市
不来坂このさか兵庫県篠山市義経の平家追捕の際、義経が「平家来ぬ坂」と言った、もしくは追われた平家が追っ手の「源氏来ぬ坂」と言ったことによる。[29965]
綱不知つなしらず和歌山県西牟婁郡白浜町
不可よばず和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
不溜山たまらずせん岡山県苫田郡鏡野町雨水が溜まらない程の急峻な山による。「たまらずがせん」とも。
不入山いらずやま高知県高岡郡津野町土佐藩が木材資源確保のため、立入禁止にしたことによる。
不入溪谷いらずけいこく高知県高岡郡津野町
不知火町しらぬいまち福岡県大牟田市町名不知火海による。
不通浜とうらずがはま長崎県対馬市海岸禁域で、通ると「時化になる」「腹痛になる」と地元の人は絶対に通らないことによる。参考
不知火町しらぬひまち熊本県宇城市町名不知火海による。旧・宇土郡不知火町
不知火しらぬい熊本県宇城市不知火海による。旧・下益城郡小川町内
旧称・愛称所在地種別由来備考
不来方こずかた岩手県盛岡市悪行をしていた鬼が退治され、二度と来ないことを誓ったことによる。盛岡の古名、古くは「古志方(子次方)」
不知火海しらぬひかい熊本県八代市、
鹿児島県出水市など
漁火が明滅して見える自然現象(不知火)による。八代海・有明海の別名
子不知こしらず新潟県糸魚川市海岸北陸道随一の難険で、親子が互いに気遣うゆとりもない場所による。親不知〜青海間
「無」
名称所在地種別由来備考
無行沼ゆきなしぬま福島県喜多方市喜多方市のHPでは「むぎょうぬま」
無悪さかなし福井県若三方上中郡若狭町
その他(必ずしも返読とは言い切れないもの)
名称所在地種別由来備考
勿来町なこそちょう福島県いわき市町名奥州三古関の一つである勿来の関による「なこそ」とは「勿来」の書き下し「来ルコト勿カレ」と同意。
無音よばらず山形県鶴岡市「無音」状態を「よばらず」と読んだ?




Copyright(C) 2017 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示