『谷内』地名コレクション


地名コレクション
『谷内』
編集者:EMM


石川県には「谷内」と書いて「やち」と読む地名が散見されます。
地図中に現れるのはほとんどが町名字名ですが、いずれも丘陵地にある谷の中や出口に集落がある点が共通しており、地形に由来する地名であると考えられます。
地図上に現れるもの以外にも集落内でのみ通用する通称で多数存在しているし(ただし、多くは絶滅危惧種と考えられる。私の住んでいる町内にも「○谷内」と呼ばれた谷がいくつかあるが、そう呼ぶのは私の親から上の世代)、名字でも「谷内(やち)」の付く名字はそのものズバリを代表におおむね石川県特有のものであるようで、地味な地名ではありますが石川を代表する地名の一つと言っていいでしょう。
しかし、「谷内」で「やち」と読む地名は富山県や新潟県にも見られますし、読みの違う「谷内」地名は東北から九州までの広い範囲に散見されます。
ならどんな感じで分布するのか集めてしまえ!と言うことで、読みの如何に関わらず「谷内」地名を集めて見たのが本コレクションです。

ちなみに、地図中に見られるのはほとんどが町名字名であるものの元々は地形から転じたもの、と言うことで当初は「川・谷系」にカテゴライズする予定でしたが、いざ集めてみると「単一の地形を示す」とは言えないことが判明した事からカテゴリーを「特定名」に変更しています。
具体的には、「やち」と読む「谷内」地名のうち、石川県・富山県・新潟県上越地方に見られるものはおおむね山ぎわで谷のあるところに存在しているのですが、新潟県中越・下越地方に見られるものはすべて平野のど真ん中にある、と言うことです。
想像ですが、石川県・富山県・新潟県上越地方の「谷内(やち)」は関東に見られる谷間を示す地名「谷戸(やと)」「谷津(やつ)」「谷(やつ)」、新潟県中越・下越地方に見られる「谷内(やち)」は東北に見られる低湿地を示す地名「谷地(やち)」「萢(やち)」とそれぞれ関連があるのかもしれません。
用法の境目が親不知よりも東にあるっぽいのが興味深いかも。

また、他の地方の「やち」以外の読み方の「谷内」地名はいずれも谷と関連のある地名のようですが、地域によって読み方に大まかな傾向があると考えられました。
よって本コレクションでは「やち」も含めて読みでの大まかな分類を試みています。
表の「分類」カラム中の記号は以下のように分類してあります。

C:「やち」
N:「○ない」
U:「○うち」
G:「がいつ」

−−−−−
#なお、本コレクションでは地図サイト(原稿ではウオッちず、Yahoo!地図/Mapion)中に見られる地名を収集対象としています。
石川県だけでもとことん集め倒すと面白そうですが、角川日本地名大辞典で拾える小字は場所の特定が困難ですし、通称に至っては史料での調査が困難な「口伝」でのみ伝わっているものもあるようで(うちの町内のものはまさにそれ)、すでに集めてあるものと同一に集めるのは難しいような気がします。
でも、地名大辞典で拾えるものは気が向いたら拾ってみるかも。
この説明文を書くために地名大辞典を見ていて気づいたんですが、石川県内でも浅野川より南(元々の石川郡・能美郡・江沼郡)には「谷内」地名は無い模様。
これまた境界が旧国境とずれているのがなにやら興味深い。


コレクション数:88 件
青森県所在地種別備 考分類
切谷内きりやない三戸郡五戸町大字切谷内大字名N
切谷内村きりやないむら三戸郡五戸町大字切谷内字切谷内前谷地小字名N
切谷内前谷地きりやないまえやち三戸郡五戸町大字切谷内字切谷内前谷地小字名(マ)N
岩手県所在地種別備 考分類
東和町谷内とうわちょうたにない花巻市東和町谷内町名N
谷内峠たにないとうげ花巻市N
木谷内川きやうちがわ岩手郡岩手町ウオッちずの読みを採用したが、木谷内沢の下流であることから「きやないがわ」が正解ではないかと思われる。U
木谷内沢きやないざわ岩手郡岩手町N
谷内向たにないむかい下閉伊郡岩泉町穴沢集落通称名N
秋田県所在地種別備 考分類
谷内佐渡やないさど秋田市広面字谷内佐渡小字名N
谷内やない鹿角市八幡平字谷内小字名N
谷内上田表たにないかみたおもて鹿角市八幡平字谷内上田表小字名N
谷内下モ平たにないしもたい鹿角市八幡平字谷内下モ平小字名N
谷内谷地たにないやち鹿角市八幡平字谷内谷地小字名N
谷内沼たにないぬま鹿角市湖沼N
福島県所在地種別備 考分類
金谷内かなやうち相馬市山上字金谷内小字名U
金谷内かなやうち相馬氏初野字金谷内小字名U
近藤谷内こんごうがいうち二本松市下川崎字近藤谷内小字名U
鶏谷内にわとりがいうち二本松市下川崎字鶏谷内小字名U
大谷内おおやうち双葉郡広野町大字上浅見川字大谷内小字名U
栃木県所在地種別備 考分類
大谷内おおやうち鹿沼市下日向集落通称名U
新潟県所在地種別備 考分類
逢谷内1丁目〜6丁目おうやち新潟市東区町名住居表示されていない部分もあり。C
下大谷内しもおおやち新潟市北区町名C
神谷内かみやち新潟市北区町名C
谷内やち新潟市西区町名南東側に飛び地2ヶ所?あり。C
南谷内みなみやち新潟市西蒲区町名C
谷内1丁目〜2丁目やち長岡市町名C
小国町上谷内新田おぐにまちかみやうちしんでん長岡市町名U
大谷内おおやち長岡市川口田麦山集落通称名C
前谷内まえやち三条市町名C
中谷内なかやち新発田市町名集落通称名として「中谷内新田」も記載あり。C
谷内やち小千谷市大字名C
谷内池やちいけ小千谷市ウオッちずでは「やないいけ」となっているが、所在地が谷内(やち)で有ることから考えると「やちいけ」が正しいのでは?C
谷内丑やちうし十日町市集落通称名C
西谷内にしやち糸魚川市大字名C
大谷内おおやち糸魚川市大字名C
中谷内なかやち糸魚川市大字名C
東谷内ひがしたにうち糸魚川市大字名U
谷内やち糸魚川市越集落通称名C
谷内林新田やちばやししんでん妙高市大字名C
西谷内にしやち上越市大字名C
柿崎区東谷内かきざきくひがしやち上越市大字名C
吉川区中谷内よしかわくなかやち上越市大字名C
頸城区姥谷内くびきくうばやち上越市大字名C
頸城区大谷内くびきくおおやち上越市大字名C
大谷内おおやち魚沼市須原集落通称名C
谷内やち魚沼市高倉集落通称名C
上大谷内かみおおやち北蒲原郡聖籠町大字名C
大谷内おおやち中魚沼郡津南町大字結東集落通称名C
谷内やち中魚沼郡津南町大字名C
大谷内ダムおおやちだむ中魚沼郡津南町ダムC
富山県所在地種別備 考分類
八尾町谷内やつおまちやち富山市町名C
太田谷内おおたやち高岡市太田小字名C
二上谷内ふたがみやち高岡市二上小字名(ヤ)C
谷内川やちがわ高岡市C
中谷内なかやち氷見市町名C
向谷内むかいやち氷見市余川集落通称名C
谷内川やちがわ砺波市C
杉谷内すんないち小矢部市町名「すぎのやち」が訛ったものか?C
谷内やち南砺市利賀村百瀬川集落通称名C
石川県所在地種別備 考分類
神谷内町かみやちまち金沢市町名国道159号線山側環状・神谷内トンネルがある。C
谷内やち七尾市万行町集落通称名C
藤平谷内とうべいやち七尾市大田町集落通称名C
町野町徳成谷内まちのまちとくなりやち輪島市町名C
谷内出やちで輪島市名舟町集落通称名C
大谷内おおやち輪島市深見町集落通称名C
河原谷内かわらやち輪島市町野町寺山集落通称名C
中ノ谷内なかのやち輪島市町野町寺山集落通称名C
門前町中谷内もんぜんまちなかやち輪島市町名C
吉ヶ谷内よしがやち輪島市門前町浦上集落通称名C
谷内和田やちわだ輪島市門前町和田集落通称名C
谷内やち羽咋市柴垣町集落通称名ウオッちずの検索でなぜか引っかからない。近くに谷内口交差点がある。C
岐阜県所在地種別備 考分類
庵之谷内あんのがいつ関市上之保集落通称名G
上谷内かみがいつ関市上之保集落通称名G
堂谷内どうげつ関市富之保集落通称名G
京都府所在地種別備 考分類
大宮町谷内おおみやちょうたにうち京丹後市大宮町谷内町名U
丹後町谷内たんごちょうたにうち京丹後市丹後町谷内町名U
谷内垣外たにうちがいと相楽郡精華町大字下狛字谷内垣外小字名U
岡山県所在地種別備 考分類
谷内たにうち新見市上市集落通称名U
徳島県所在地種別備 考分類
谷内たにうち那賀郡那賀町谷内大字名U
谷内川たにうちがわ那賀郡那賀町U
愛媛県所在地種別備 考分類
谷内たにうち大洲市肱川町茗荷谷集落通称名U
佐賀県所在地種別備 考分類
谷内やうち佐賀市久保泉町大字川久保集落通称名U
熊本県所在地種別備 考分類
谷内たにうち八代市泉町仁田尾集落通称名U
谷内川たにうちがわ八代市川辺川の支流。U
谷内たにうち上益城郡甲佐町大字坂谷集落通称名U
宮崎県所在地種別備 考分類
谷内たにうち児湯郡木城町大字石河内集落通称名U
谷内谷たにうちだに東臼杵郡美郷町U
小谷内こたにうち西臼杵郡高千穂町大字押方集落通称名U




Copyright(C) 2017 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示