都道府県市区町村都道府県データランキング
『台風上陸回数』


気象庁の過去の台風資料にある台風経路図から、台風が上陸した都道府県別の回数をランキングしました。上陸に加え、一度上陸した後に再上陸した回数と上陸と再上陸の合計数についてもランキングしました。気象庁のページの説明によると、小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出る場合は上陸とはせず通過としています。なお、同一台風の同一都道府県への複数上陸は1回と数えます(上陸後再上陸の場合は上陸1回のみ)。データは、上陸、再上陸の詳細位置が記録されている2001年(平成13年)以降、2017年(平成29年)10月の台風21号までのすべての台風における上陸、再上陸の累計数になります。2000年(平成12年)以前についても1951年(昭和26年)までの台風経路図が公開されていますので、精度はやや落ちると思いますが、目視でデータを拾って累計数に追加することも考えています。また、今後、新しい情報は適時追加更新する予定です。


台風 上陸数+再上陸数(2001年〜2017年)
12
10
8
6
4
2
0






















一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県上陸数再上陸数上陸数+再上陸数
1高知県8311
2北海道279
3千葉県448
鹿児島県88
5静岡県617
6愛知県426
和歌山県336
長崎県66
9兵庫県55
10神奈川県213
大阪府33
山口県33
13青森県112
岡山県22
徳島県22
愛媛県112
宮崎県22
18岩手県11
秋田県11
福井県11
熊本県11
22宮城県-
山形県-
福島県-
茨城県-
栃木県-
群馬県-
埼玉県-
東京都-
新潟県-
富山県-
石川県-
山梨県-
長野県-
岐阜県-
三重県-
滋賀県-
京都府-
奈良県-
鳥取県-
島根県-
広島県-
香川県-
福岡県-
佐賀県-
大分県-
沖縄県-
合計533689
出典:気象庁 過去の台風資料 − 2001年(平成13年)の台風位置表に記載されている上陸、再上陸データから集計

■上陸・再上陸の定義(気象庁の説明より)
「台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を「日本に上陸した台風」としています。ただし、小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出る場合は「通過」としています。」
※したがって、沖縄県への上陸は定義上あり得ないことになるようです。


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。



Copyright(C) 2018 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示