都道府県市区町村都道府県データランキング
『孤立可能性集落』


平成16年(2004年)の新潟県中越地震において多数の孤立集落が発生したことを受けて、内閣府では、「中山間地等の集落散在地域における孤立集落発生の可能性に関する状況調査」を全国の自治体の協力で平成17年度に実施しました。その結果、孤立の可能性のある集落が全国で約19,000集落もあることが明らかにされました。平成21年度には、状況調査のフォローアップが行われ、より精度の高いデータが公表されました。この平成21年度の調査データを元に、調査対象とした集落の総数と孤立する可能性のある集落数、および、総数に対する孤立可能性集落数の割合を、農業集落、漁業集落、および、その合計数で一覧にしました。

調査対象としている集落は、(1) 農業上形成されている地域社会をもとに定義される農業集落(農林業センサスにおける農業集落のうち地勢「平野」、形態「密居」を除いたもの)、(2) 漁港を核に成立している漁業の地域社会をもとに定義される漁業集落(漁業センサスにおける漁業集落)、であり、また、孤立の条件は、(1) 地区または集落へのすべてのアクセス道路が土砂災害危険箇所(土石流危険渓流、急傾斜地崩壊危険箇所、地すべり危険箇所)または山地災害危険地区に隣接している、(2) 船舶の停泊施設がある場合は、地震または津波により当該施設が使用不可能となるおそれがある、となります。

出典:内閣府政策統括官(防災担当)
「中山間地等の集落散在地域における孤立集落発生の可能性に関する状況フォローアップ調査 調査結果」平成22年1月
調査期間:平成21年5月14日〜8月31日

調査報告では、「農業集落と漁業集落では集落の定義が異なるため、これらの調査結果を単純に足し合わせることはできない。」としていますので、合計数についてはあくまでも参考値として扱ってください。


(集落数)孤立可能性集落【農業集落】
1,400
1,200
1,000
800
600
400
200
0
















































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県農業集落漁業集落農業集落・漁業集落 合計
調査対象
集落
孤立可能性
集落
孤立可能性
比率
調査対象
集落
孤立可能性
集落
孤立可能性
比率
調査対象
集落
孤立可能性
集落
孤立可能性
比率
1長野県4,0161,27631.8%---4,0161,27631.8%
2広島県3,6271,11430.7%1796335.2%3,8061,17730.9%
3高知県1,22688772.3%1397050.4%1,36595770.1%
4大分県2,30585437.0%1773922.0%2,48289336.0%
5新潟県1,84167736.8%1848847.8%2,02576537.8%
6群馬県96663365.5%---96663365.5%
7島根県2,13262529.3%2104722.4%2,34267228.7%
8山口県1,94956128.8%2479739.3%2,19665830.0%
9宮崎県1,14052446.0%775064.9%1,21757447.2%
10和歌山県79552065.4%1478759.2%94260764.4%
11岐阜県1,56650332.1%---1,56650332.1%
12山梨県1,40849335.0%---1,40849335.0%
13愛知県72848566.6%10787.5%83549359.0%
14京都府1,08444441.0%591525.4%1,14345940.2%
15山形県2,02144321.9%22522.7%2,04344821.9%
16徳島県1,06544241.5%682333.8%1,13346541.0%
17岡山県2,49443217.3%743851.4%2,56847018.3%
18愛媛県1,70642625.0%35411432.2%2,06054026.2%
19奈良県1,11642538.1%---1,11642538.1%
20熊本県2,09840519.3%2817326.0%2,37947820.1%
21兵庫県1,57137824.1%1433423.8%1,71441224.0%
22静岡県1,20835629.5%1643219.5%1,37238828.3%
23富山県43534178.4%44818.2%47934972.9%
24福島県2,81333912.1%3326.1%2,84634112.0%
25北海道3,11133610.8%62423738.0%3,73557315.3%
26三重県43731572.1%1748548.9%61140065.5%
27福岡県92726128.2%11554.3%1,04226625.5%
28栃木県1,04325724.6%---1,04325724.6%
29岩手県2,02125412.6%1946030.9%2,21531414.2%
30長崎県1,25223618.8%63919129.9%1,89142722.6%
31福井県99820920.9%975354.6%1,09526223.9%
32佐賀県58618832.1%1111715.3%69720529.4%
33埼玉県51517333.6%---51517333.6%
34石川県42116940.1%1743017.2%59519933.4%
35香川県79815719.7%1062220.8%90417919.8%
36鹿児島県1,9541568.0%3373711.0%2,2911938.4%
37青森県32315548.0%2103918.6%53319436.4%
38宮城県53914526.9%2219643.4%76024131.7%
39秋田県1,08513012.0%481225.0%1,13314212.5%
40大阪府19812060.6%2200.0%22012054.5%
41滋賀県36711932.4%---36711932.4%
42鳥取県89811713.0%3100.0%92911712.6%
43神奈川県14411277.8%831113.3%22712354.2%
44東京都1629759.9%341544.1%19611257.1%
45茨城県3758121.6%3700.0%4128119.7%
46千葉県733547.9%17600.0%2493514.1%
47沖縄県10110.0%12521.6%13532.2%
全国59,54717,40629.2%6,2671,80528.8%65,81419,21129.2%

出典:内閣府政策統括官(防災担当)
「中山間地等の集落散在地域における孤立集落発生の可能性に関する状況フォローアップ調査 調査結果」平成22年1月
調査期間:平成21年5月14日〜8月31日

調査報告では、「農業集落と漁業集落では集落の定義が異なるため、これらの調査結果を単純に足し合わせることはできない。」としていますので、合計数についてはあくまでも参考値として扱ってください。


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。



Copyright(C) 2018 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示