『浜』地名コレクション


地名コレクション
『浜』
編集者:音無鈴鹿


浜とは、海・湖などの水ぎわに沿った平地を指す言葉である。地形学的には浜とは、地殻変動や気候変動などの要因にとり陸域が隆起することで相対的に海面が下降して生成した砂礫からなる海岸地形(離水海岸の一種)と表現することができる。陸域は起伏のない平坦な地形で対応する海域は遠浅、また土壌は凝固していない砂礫により形成され、直線的な海岸線を形成する。地形的特徴としては砂州、砂嘴、砂丘、陸繋島を形成することが多く、付近の陸域には海岸平野や海岸段丘・海食台を伴うことがある。砂浜は、波により浸食・運搬された砂が蓄積することで形成される。土壌成分である砂は凝固していないため、風や波によって容易に変化する。また塩分を含み乾燥していることなどから砂浜には独自の生態系が形成されている。また、日本海側を中心に石英質砂粒を多く含有する浜が点在しており、鳴き砂として親しまれている。近年は全国的に砂浜の砂が流失する現象が確認されているが、これは河川においてダム、護岸工事ならびに砂防ダムなどが相次いで建設されたことにより河川から供給される砂が減少したことに原因を求める説があり、近年注目を集めている。
 砂浜は、海水浴をはじめとする海洋レジャーの拠点として広く利用されており、白砂青松は美しい日本の原風景のひとつである。


コレクション数:203 件
北海道地方の浜
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
大森浜おおもりはま函館市大森町 
七重浜ななえはま上磯郡上磯町あり JR津軽海峡線・七重浜駅付近。
大安在浜おおあんざいはま檜山郡上ノ国町
内郷浜うちごうはま檜山郡上ノ国町
瀬越浜せごしはま留萌市瀬越町 
三里浜さんりはま紋別郡湧別町  キャンプ場あり
千鳥ヶ浜ちどりがはま紋別郡湧別町  サロマ湖内
月見ヶ浜つきみがはま紋別郡湧別町   サロマ湖内
豊浜とよはま常呂郡常呂町 
化石浜かせきはま目梨郡羅臼町 
崩浜くずれはま目梨郡羅臼町
昆布浜こんぶはま目梨郡羅臼町 
外浜そとはま根室市落石西 
三里浜さんりはま根室市落石西 
ガッカラ浜がっからはま根室市初田牛 
鯨浜くじらはま厚岸郡厚岸町末広 
丸一浜まるいちはま厚岸郡厚岸町末広  付近に砂利浜・小砂利浜もあり
弁天ヶ浜べんてんがはま釧路市弥生1丁目 
長節浜ちょうぶしはま中川郡豊頃町長節 
湧洞浜ゆうとうはま中川郡豊頃町湧洞 
百人浜ひゃくにんはま幌泉郡えりも町庶野 
イタンキ浜いたんきはま室蘭市みゆき町日本の渚百選
東北地方の浜(未編集)
青森県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
七里長浜しちりながはま青森県  十三湖から続く砂丘地帯の南側に位置する。海中には約8千年前のブナの埋没林が眠っている。
外ヶ浜そとがはま青森県外が浜町  外が浜町。
長浜ながはま青森県むつ市  陸奥湾
長浜ながはま青森県むつ市  津軽海峡
白浜しらはま青森県八戸市あり=海水浴場百選 八戸市種差海岸(延長約5.2㎞)の中間地点に位置する鳴き砂の浜。種差海岸は国の名勝及び県立自然公園に指定されるウミネコ繁殖地・蕪島(天然記念物)を含む海岸地帯。周辺は荒涼としたリアス式海岸が広がる。
岩手県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
沼の浜ぬまのはま岩手県宮古市あり=海水浴場百選 宮古市真崎海岸(延長約2km)の北端に位置する砂浜。ハマエンドウの群生がある。
浄土ヶ浜じょうどがはま岩手県宮古市あり=海水浴場百選(特選) 宮古市中心部からほど近い礫浜。周囲は流紋岩からなる断崖、崎山ろうそく岩に代表される岩浜が連続している。夏季の観光にのみならず、全国初の水産専門の科学館「岩手県立水産科学館」が設置運営されるなど海洋生物や生態系の保全にも積極的。
宮城県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
九九鳴浜くくなきま宮城県気仙沼市唐桑町 唐桑半島。
十八鳴浜ぐぐなりはま宮城県気仙沼市 気仙沼大島。
夏浜なつはま宮城県女川町飯子浜字夏浜あり牡鹿半島。
小屋取浜こやどりはま宮城県女川町飯子浜字小屋取あり牡鹿半島。小屋取海水浴場。
クルミ浜くるみはま宮城県石巻市渡波  万石浦に面した砂浜。
宝浜たからはま宮城県東松島市宮戸島宝浜海水浴場 
大浜おおはま宮城県東松島市宮戸島大浜海水浴場
月浜つきはま宮城県東松島市宮戸島月浜海水浴場
蛤浜はまぐりはま宮城県東松島市宮戸島
竹浜たけはま宮城県東松島市宮戸島小野字新宮前 長さ100メートル。
西の浜にしのはま宮城県松島町磯島  近所に西の浜貝塚がある。
東宮浜とうぐうはま宮城県七ヶ浜町東宮浜  七ヶ浜のひとつ
代ヶ崎浜よがさきはま宮城県七ヶ浜町代ヶ崎浜  七ヶ浜のひとつであったが現存しない。現・東北電力仙台火力発電所。
吉田浜よしだはま宮城県七ヶ浜町吉田浜  七ヶ浜のひとつ
花渕浜はなぶちはま宮城県七ヶ浜町花渕浜  七ヶ浜のひとつ
菖蒲田浜しょうぶだはま宮城県七ヶ浜町菖蒲田浜あり 七ヶ浜のひとつ。菖蒲田浜海水浴場の開設は全国で三番目とされる。
松ヶ浜まつがはま宮城県七ヶ浜町松ヶ浜  七ヶ浜のひとつ
湊浜みなとはま宮城県七ヶ浜町湊浜  七ヶ浜のひとつ
長浜ながはま宮城県仙台市宮城野区中野  
荒浜あらはま宮城県仙台市若林区荒浜あり 深沼海水浴場
長浜ながはま宮城県仙台市若林区荒浜  
井土浜いどはま宮城県仙台市若林区井土  
閖上浜ゆりあげはま宮城県名取市閖上  
秋田県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
山形県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
福島県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
荒浜あらはま福島県亘理町荒浜あり 荒浜海水浴場
磯浜いそはま宮城県山元町坂元あり 磯浜海水浴場
釣師浜つるしはま福島県新地町谷地小屋あり 釣師浜海水浴場
大戸浜おおとはま福島県新地町大戸浜  
尾浜おばま福島県相馬市尾浜あり  原釜尾浜海水浴場
右田浜みぎたはま福島県南相馬市鹿島区南右田あり 
請戸浜うけどはま福島県浪江町請戸あり 
小良ヶ浜おらがはま福島県富岡町小良ケ浜  小良ヶ浜灯台がある。
久之浜ひさのはま福島県いわき市久之浜町あり 常磐線久ノ浜駅付近。
舞子浜まいこはま福島県いわき市平下高久あり 
小浜おばま福島県いわき市小浜あり 
関東地方の浜
茨城県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
伊師浜いしはま茨城県日立市十王町あり 砂浜はアカウミガメの産卵場所として、また南側の磯や断崖はウミウ(海鵜)の飛来地としてそれぞれ著名である。ここでは鵜飼観光地への供給を目的としたウミウの捕獲が日本で唯一許可されている。
小貝ヶ浜こかいがはま茨城県日立市川尻町  
小木津浜おぎつはま茨城県日立市小木津  
久慈浜くじはま茨城県日立市久慈町あり 
平太郎浜へいたろうはま茨城県大洗町あり 大洗海岸を代表する砂浜。遠浅の海水浴場である大洗サンビーチに隣接。
日川浜ひかわはま茨城県神栖市日川あり 
千葉県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
君ヶ浜きみがはま千葉県銚子市君ケ浜  君ヶ浜しおさい公園。銚子電鉄君ヶ浜駅付近。
九十九里浜くじゅうくりはま千葉県外房地域あり 全長約65km。全体で九十九里(ここでは一里=六町≒約660m、つまり全体で0.66×99=65.34km)あるので「九十九里浜」といわれるとされる。
豊浜とよはま千葉県勝浦市部原あり 
串浜くしはま千葉県勝浦市松部あり 勝浦湾内。
瀬戸浜せとはま千葉県千倉町瀬戸あり 千倉。
相浜あいはま千葉県館山市相浜あり 平砂浦海岸海水浴場。
津浜つはま千葉県富津市萩生あり 竹岡海岸海水浴場。
いなげの浜(稲毛の浜)いなげのはま千葉県千葉市遊泳禁止 埋め立て地に広がる全長1.2km・幅200mの人工の砂浜。1976年に千葉県企業庁により造成され、日本初の人工海浜として公園が開業。
検見川浜けみがわはま千葉県千葉市遊泳禁止 埋め立て地に広がる全長1.3km・幅200mの人工の砂浜。1987年に海浜公園として開業。
幕張の浜まくはりのはま千葉県千葉市遊泳禁止 1979年に一般公開された全長1.8km・幅200mの人工の砂浜。幕張新都心の中心部を含む埋め立て地に存在する。しかし予想以上に浸食がはげしく立入禁止・海水浴禁止となっている。また沖合には土砂浚渫が原因と見られる窪地を中心として夏季に青潮(浅い海域に見られる低酸素領域)が発生し、生き物が非常に少ない状態になるなど惨たんたる状態になっている。
塩浜しおはま千葉県市川市塩浜  付近は行徳塩田として、また水運の要衝として中世より栄えた。江戸時代には徳川幕府の保護政策のもと関東一円に塩を供給した。近代以降、行徳の塩業は品質ならびに価格の影響で衰退し、現在は住所とJR京葉線・市川塩浜駅にその名を残すのみである。また、江戸川放水路河口付近には東京湾に現存する干潟、三番瀬が存在する。
東京都(区内)
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
塩浜しおはま東京都江東区塩浜  東京市深川区に東京湾埋立1・2号地として誕生した埋立地深川塩崎町と深川浜園町の合成により誕生した地名。いわゆる洲崎の沖合い部分の埋立地である。洲崎も元禄時代に埋め立てられた地であるが、その沖あいの洲崎の浜は大正の頃までは潮干狩りに格好の場として人気であった。明治期には遊郭が作られ、公娼制度が廃止されるまでの間は歓楽街として賑わったが、今はその面影もない。付近には国鉄の手により越中島貨物駅が作られ首都東部の臨海部における工業・物流の拠点のひとつとして稼動したが、貨物輸送の停滞とともに廃止され、現在は江東区の医療福祉施設が集積しているほか、大規模な再開発高層マンションなどが作られている。
芝浜しばはま東京都港区芝浦付近  現存せず。芝の浜辺は、三遊亭圓朝原作の三題噺であり古典落語の中でも屈指の人情噺である「芝浜」に登場する。品川湾の遠浅な砂浜として著名であった。明治初期に鉄道建設のために海上路線が作成されたのを皮切りに埋め立てが進み、完全に陸地と化した。芝浦の地名のほか、運河に架かる「潮路橋」「藻塩橋」などに往時の面影をとどめるのみである。
鮫浜さめはま東京都品川区  現存せず。品川区鮫洲付近。立会川の河口付近には浜川の地名も。東海道の立会川に架かる浜川橋は、鈴ヶ森刑場で処刑される罪人とその家族が別れを惜んだことから別名涙橋と呼ばれた。現在は品川区立鮫浜小学校にその名を残している。
東京都(伊豆諸島)
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
前浜まえはま東京都大島町元町(伊豆大島)  保元の乱において父・源為義とともに崇徳上皇方に属して兄・源義朝と戦うも破れ、伊豆大島に流刑となった源実朝が上陸した地とされる。
泉浜いずみはま東京都大島町元町(伊豆大島)あり 泉浜遊泳場。
野田浜のだはま東京都大島町岡田(伊豆大島)  
碁石浜ごいしはま東京都大島町岡田(伊豆大島)  島の最北端、乳が崎と風早崎との間。
行者浜ぎょうじゃはま東京都大島町泉津(伊豆大島)  
砂の浜すなのはま東京都大島町野増(伊豆大島)  
王の浜おうのはま東京都大島町野増(伊豆大島)  
前浜まえはま東京都大島町野増(伊豆大島)  
湯の浜ゆのはま東京都大島町元町(伊豆大島)  
弘法浜こうぼうはま東京都大島町元町(伊豆大島)  
前浜まえはま東京都利島村(利島)  
若郷前浜わかごうまえはま東京都新島村(新島)  
和田浜わだはま東京都新島村(新島)  
前浜まえはま東京都新島村(新島)  
多幸浜たこうはま東京都神津島村多幸(神津島)  
前浜まえはま東京都神津島村(神津島)  島中心部。神津島港の南側。
長浜ながはま東京都神津島村(神津島)  阿波命神社は阿波出身の海遊民族と関連か?
返浜かえしはま東京都神津島村穴の山(神津島)  
大久保浜おおくぼはま東京都三宅村伊豆(三宅島)  
湯の浜ゆのはま東京都三宅村神着(三宅島)  
三池浜みいけはま東京都三宅村坪田(三宅島)  
錆が浜さびがはま東京都三宅村阿古(三宅島)  
前ノ浜まえのはま東京都御蔵島村大久保(御蔵島)  
東京都(小笠原諸島)
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
宮之浜みやのはま東京都小笠原村(父島)  
箱浜はこはま東京都小笠原村(父島)  
釣浜つりはま東京都小笠原村(父島)  
鹿ノ浜しかのはま東京都小笠原村(弟島)  
黒浜くろはま東京都小笠原村(弟島)  
ウグイス浜うぐいすはま東京都小笠原村(兄島)  
万作浜まんさくはま東京都小笠原村(兄島)  
椰子浜やしはま東京都小笠原村(母島)  
桐浜きりはま東京都小笠原村(母島)  
長浜ながはま東京都小笠原村(母島)  
南京浜ナンキンはま東京都小笠原村(母島)  
万年青浜まんねんあおはま東京都小笠原村(母島)  
井戸ヶ浜いどがはま東京都小笠原支庁(硫黄島)  硫黄島は水深200m以深からそびえる直径40km以上の火山体の頂上部にある島であり、現在も島の隆起が続いている。島の各地には硫気と地熱地域がみられ、井戸ヶ浜周囲にも活発な噴気孔が存在する。近年も水蒸気爆発を繰り返している。
千鳥ヶ浜ちどりがはま東京都小笠原支庁(硫黄島)  島の西側海岸。自衛隊の物資陸揚げ場がある。
二ッ根浜ふたつねはま東京都小笠原支庁(硫黄島)  島の南端。1945年2月19日、米軍が上陸した地点。
翁浜おきなはま東京都小笠原支庁(硫黄島)  島の南側、二ッ根浜の北側。
日の出浜ひのではま東京都小笠原支庁(硫黄島)  島の東側。
神奈川県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
長浜ながはま神奈川県横浜市金沢区長浜  現存せず。付近はかつて風光明媚な砂洲が広がっていたが、現在は埋め立てられ住宅地ならびに工業用地となっている。埋立地の地名は福浦、幸浦と名づけられた。スピカさん[62002]の指摘により浜情報を修正。
追浜おっぱま神奈川県横須賀市追浜  現存せず。周囲は現在埋め立てられ工業用地となっている。日産自動車・追浜工場が有名。
多々羅浜たたらはま神奈川県横須賀市鴨居  県立観音崎公園内、観音崎自然博物館の前に広がる岩礁海岸であり、東京湾に残された貴重な自然海岸である。多々羅浜の名の由来は、古代にこの付近で砂鉄を原料とした”たたら製鉄”が行われたからとも、 中世にこの地を支配した三浦義明の四男・多々良四郎義春が館を構えていたためとも云われている。きまぐれさん[61532]より情報提供。
久里浜くりはま神奈川県横須賀市久里浜  地名のみ存在。ペリー公園付近、平作川を挟んだ両岸に砂浜が広がっている。遊泳禁止。
津久井浜つくいはま神奈川県横須賀市津久井あり 金田湾・野比海岸から三浦海岸にかけて広がる砂浜のうち津久井部分。
荒井浜あらいはま神奈川県三浦市小網代あり いわゆる油壺。
長浜ながはま神奈川県横須賀市長井あり 長浜海岸。隣接する和田海岸とあわせて和田長浜とも。きまぐれさん[61532]より情報提供。
葉山大浜はやまおおはま神奈川県葉山町あり 付近は長者が崎として知られる風光明媚な海岸。葉山御用邸がある。
葛ヶ浜くずがはま神奈川県逗子市小坪  逗子市。半分が国道134号線により埋め立てられてしまった小さな岩場。ウィンドサーフィンには絶好の海域とか。スピカさん[62002]より情報提供。
由比ガ浜ゆいがはま神奈川県鎌倉市あり 鎌倉市の有名な砂浜で稲村ガ崎よりも東側を指す。付近は鎌倉海浜公園として整備され、夏季の花火大会が盛大であることで著名。夏季のみならず冬季においてもサーフィンを楽しむ客で盛況である。
七里ガ浜しちりがはま神奈川県鎌倉市  鎌倉の有名な砂浜で稲村ガ崎よりも西側を指す。遠浅ではないため海水浴には不向きである一方、サーフィンを楽しむ客で盛況である。
片瀬東浜かたせひがしはま神奈川県藤沢市あり 陸繋島である江ノ島の地形作用と片瀬川から流入する砂によって、片瀬川河口の東側に形成された砂浜。
片瀬西浜かたせにしはま神奈川県藤沢市あり 片瀬東浜と同様に、片瀬川河口の西側に形成された砂浜。
小和田浜こわだはま神奈川県茅ヶ崎市  辻堂海岸の一部。
袖ヶ浜そでがはま神奈川県平塚市  相模川河口西側に広がる砂浜。相模川の影響で水深が急激に深くなっており海水浴には不適である一方、鯛類の良好な漁場として知られる。
小淘綾ノ浜こゆるぎのはま神奈川県大磯町あり 周囲には大磯プリンスホテル(大磯ロングビーチ)があることで有名。砂浜は国府津海水浴場の南、小田原市御幸ノ浜まで連続して広がっている。しかし海岸ぎりぎりを走る西湘バイパスの高架道路が存在するため、海岸に出ることができる箇所が限られている。
※2007年9月7日未明、大型の台風9号が小田原市付近に上陸。この影響により西湘バイパスでは擁壁が高波により崩落し路面が消失する被害が発生した。
御幸ノ浜みゆきのはま神奈川県小田原市あり 砂浜は国府津海水浴場の北へ大磯まで連続して広がっている。しかし海岸ぎりぎりを走る西湘バイパスの高架道路が存在するため、海岸に出ることができる箇所が限られている。
赤浜あかはま神奈川県真鶴町   
岩浜・前の浜いわはま・まえのはま神奈川県真鶴町あり 岩海岸とも。源頼朝が石橋山の合戦に敗れて房州に向け渡船した場所とされる。現在は沖合いに真鶴道路(新道)・岩大橋が架橋されている。
琴ヶ浜ことがはま神奈川県真鶴町  名前は琴ヶ浜であるが、実際は岩場。
吉浜よしはま神奈川県湯河原町あり 遠浅で年間を通じサーフィンを楽しむ客が絶えない。
東海地方の浜
静岡県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
長浜ながはま静岡県熱海市下多賀あり 長浜海水浴場。
見高浜みたかはま静岡県河津町見高  
今井浜いまいはま静岡県河津町見高あり 今井浜海水浴場。
河津浜かわづはま静岡県河津町浜あり 河津浜海水浴場。
白浜しらはま下田市白浜あり 白浜海水浴場。
九十浜くじゅっぱま下田市須崎あり 須崎九十浜海水浴場。
まどが浜まどがはま下田市柿崎  まどが浜海遊公園。
武ガ浜たけがはま下田市武ガ浜  
多々戸浜たたとはま下田市吉佐美あり 多々戸浜海水浴場。
入田浜浜いりたはま下田市吉佐美あり 入田浜海水浴場。
大浜(吉佐美大浜)おおはま(きさみおおはま)下田市吉佐美あり 吉佐美大浜海水浴場。
碁石浜ごいしはま下田市田牛あり 田牛(とうじ)海水浴場。
弓ヶ浜くじゅっぱま南伊豆町湊あり 弓ヶ浜海水浴場。
富戸ノ浜ふとのはま南伊豆町入間  周囲に道路なし。
伊浜いはま南伊豆町伊浜  
大浜おおはま西伊豆町仁科あり 大浜海水浴場。仁科川河口の国道136号に架かる橋は浜橋。
乗浜のりはま西伊豆町仁科あり 乗浜海水浴場。伊豆堂ヶ島温泉の中心部。
瀬浜せばま西伊豆町仁科  伊豆堂ヶ島温泉の中心部。
田子瀬浜たごせはま西伊豆町田子あり 田子瀬浜海水浴場。大田子海水浴場。田子港。田子験潮所あり。
土肥浜といはま伊豆市土肥あり 土肥海水浴場。
小土肥浜おといはま伊豆市小土肥あり 土肥海水浴場。
御浜みはま沼津市戸田あり 御浜海水浴場。御浜岬の砂嘴に形成された砂浜。
長浜ながはま沼津市内浦重須  付近に長浜城あり。
千本浜せんぼんはま沼津市本あり 千本浜海水浴場。千本浜公園あり。
片浜かたはま沼津市  JR東海道本線片浜駅付近。いわゆる千本松原。
吹上ノ浜ふきあげのはま静岡市清水区蒲原  富士川河口付近に形成された砂浜。
三保内浜みほのうちはま静岡市清水区三保あり 三保内浜海水浴場。三保の松原を形成する砂洲の内湾がわの砂浜。
石津浜いしづはま静岡県焼津市田尻北  石津浜公園。
片浜かたはま牧之原市片浜あり片浜海水浴場。
遠州浜えんしゅうはま静岡県浜松市付近  浜松市南区には遠州浜の地名も
米津の浜よねづのはま 浜松市南区法枝町  
愛知県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
恋路ヶ浜こいじがはま田原市伊良湖町  
西ノ浜にしのはま田原市中山町  
千鳥ヶ浜ちどりがはま南知多町内海あり 内海海水浴場
お吉が浜おきちがはま南知多町内海  「唐人お吉」の名で知られる看護婦・斉藤きち(1841-1891)の出身地付近。きちは17際のとき伊豆下田において、当時のアメリカ総領事タウンゼント・ハリスの献身的な看病をするも、その後外国人との交流を嫌った世間の罵声と嘲笑のなか、投身自殺したとされる。日米交流に尽力しながらも悲劇的な生涯を送った。
三重県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
千鳥ヶ浜ちどりがはま鳥羽市相差町あり 千鳥ヶ浜海水浴場
国府白浜こうしらはま志摩市阿児町国府あり 阿児松原海水浴場。付近には阿児町営志摩パークゴルフ場も。
市後浜いちごはま志摩市阿児町志島  
船越浜ふなこしはま志摩市大王町船越  
大野浜おおのはま志摩市志摩町片田  
広浜ひろはま志摩市志摩町布施田  広の浜キャンプ場あり。
御座白浜ござしらはま志摩市志摩町御座あり 御座白浜海水浴場。
城の浜きのはま紀北町紀伊長島区東長島あり 城の浜海水浴場
七里御浜しちりみはま熊野市・御浜町  
北陸地方の浜(未編集)
新潟県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
富山県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
石川県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
福井県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
近畿地方の浜(未編集)
和歌山県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
大阪府
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
京都府
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
琴引浜ことびきはま京都府京丹後市網野町あり鳴き砂が見られる砂浜。
五色浜ごしきはま京都府京丹後市網野町塩江    小松原ラガーさん[53380]より情報提供
http://maps.google.com/?ie=UTF8&t=h&om=1&z=14&ll=35.680865,134.978027&spn=0.048315,0.07905
兵庫県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
五色浜ごしきはま兵庫県洲本市五色町あり   小松原ラガーさん[53380]より情報提供
http://maps.google.com/?ie=UTF8&z=14&ll=34.36271,134.744053&spn=0.0491,0.07905&t=h&om=1
新五色浜しんごしきはま兵庫県洲本市五色町鳥飼浦あり 新五色浜海水浴場小松原ラガーさん[53380]より情報提供
中国四国地方の浜(未編集)
岡山県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
広島県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
山口県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
香川県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
徳島県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
高知県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
桂浜かつらはま高知県  一帯は公園として整備されている。坂本龍馬像で有名。
愛媛県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
五色浜ごしきはま伊予市米湊  五色姫海浜公園に隣接。小松原ラガーさん[53380]より情報提供
鳥取県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
東浜ひがしはま鳥取県  JR山陰線東浜駅 
弓ヶ浜ゆみがはま鳥取県西部あり。日本の渚百選。日本の白砂青松百選。日本海(美保湾)と中海を隔てる弓ヶ浜半島の東側海岸にある全長約20kmの砂浜。夜見ヶ浜とも。鳴き砂海岸としても有名。周辺には皆生温泉など。 
島根県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
稲佐の浜いなさのはま島根県出雲市大社町杵築北  全長300m。出雲大社の西側にある海岸。記紀神話では高天原からの使者・タケミカヅチと出雲の支配者・オオクニヌシによる「国譲り」の交渉の場とされる。沖合に弁天島という小島がある。
九州地方の浜(未編集)
福岡県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
百道浜ももちはま福岡県福岡市  福岡タワーや福岡ドーム、シーホークホテルなどがある福岡市のウォーターフロント観光スポット。大規模埋め立てにより海岸線自体は北へ後退している。
佐賀県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
長崎県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
熊本県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
大分県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
宮崎県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
鹿児島県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
吹上浜ふきあげはま鹿児島県西海岸 全長47km。日本三大砂丘のひとつに数えられることもある。ウミガメの産卵が有名。
沖縄県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
湖水の浜(未編集)
栃木県
名称読み所在地海水浴場鳴き砂浜情報参照記事
菖蒲ヶ浜しょうぶがはま栃木県日光市中宮祠  中禅寺湖の湖畔、湯川が湖に流入する付近に形成された浜。一帯には菖蒲ヶ浜キャンプ場、(独)水産総合研究センター中央水産研究所の養魚場がある。[60591]きまぐれさんより情報提供
千手ヶ浜せんじゅがはま栃木県日光市中宮祠  中禅寺湖の西側湖畔、千手ヶ原とよばれるクリンソウの群落で知られる一帯。外山沢川・柳沢川など河川が湖に流入し陸化したため、砂浜が存在する。付近には千手ヶ浜キャンプ村などがある。[60591]きまぐれさんより情報提供




Copyright(C) 2017 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示