都道府県市区町村
落書き帳から選び抜いた珠玉の記事集

最も多くの県と接する自治体はどこか?

トップ > 落書き帳アーカイブズ > 最も多くの県と接する自治体はどこか?
記事数=5件/登録日:2005年6月26日/編集者:YSK

合併により、埼玉県秩父市(群馬、東京、山梨、長野)と岐阜県高山市(富山・石川・福井・長野)が4つの県と接するようになりました。今後も合併の進捗によりこのような例が増えていくようです。


★推奨します★(元祖いいね) 優ちゃん 北神

記事番号記事日付記事タイトル・発言者
[27218]2004年4月12日
BEAN
[42586]2005年6月26日
さすらい
[42587]2005年6月26日
中島悟
[42588]2005年6月26日
YSK
[42594]2005年6月26日
KMKZ

[27218] 2004年 4月 12日(月)21:01:01BEAN さん
四国で初めて、全国で10ヶ所
[26081]なお さん
~四国中央市~
愛媛県の東端に位置し、東は香川県・徳島県南は高知県に接しております。
※【四国で唯一4県が接する自治体です。】

4県以上が近接している(3県までは当たり前)ところは、四国ではもちろんここだけですが、本州には他にもあります。1つの市町村が、自身の属する県を含めて4県以上に隣接しているのは以下の通りです。

福島県檜枝岐村新潟・群馬・栃木
群馬県片品村新潟・福島・栃木
栃木県藤岡町群馬・埼玉・茨城
埼玉県北川辺町群馬・栃木・茨城
埼玉県大滝村群馬・長野・山梨・東京
長野県川上村群馬・埼玉・山梨
三重県島ヶ原村滋賀・京都・奈良
京都府南山城村滋賀・三重・奈良
鳥取県日南町島根・広島・岡山
愛媛県四国中央市香川・徳島・高知

四国中央市は「市としては唯一」の4県隣接の例でもあったのです。過去には東京市が埼玉・千葉・神奈川県に隣接していたので「初めて」ではありません。
[42586] 2005年 6月 26日(日)14:29:38さすらい さん
四府県にまたがる市
いつも楽しく拝見させていただいています。また勉強になっています。
さて

来年1月に合併する京都府・南丹市(船井郡園部町、八木町、日吉町、北桑田郡美山町)はなんと大阪府、兵庫県、福井県と滋賀県に隣接する市になるのですが全国的に見てひとつの市で4府県にまたがる所は他には無いのではないかと思い書き込みしました。

たいした話題ではないのですが。
[42587] 2005年 6月 26日(日)14:38:36【3】中島悟 さん
四県に接する市
「またがる」じゃなくて「接する」ですよね
[42586]さすらいさん
高山市
長野・富山・石川・福井と接してます。
しかしさすがにもう無さそうです。

(あぁぁぁ YSKさん すみません。早まってしまった。)


更に追加:KMKZさんの[42594]で秩父市も該当するとのこと。迂闊でした。
(珍しく即答したらロクなことないなぁ)
[42588] 2005年 6月 26日(日)14:42:46【2】YSK さん
高山市
[42586]さすらいさん
四府県にまたがる(接する)市
現・高山市は長野・富山・石川・福井の4県に接しています。[27241]熊虎さんに言及がありますね。
4「府」県となると、他に例は無いかもしれませんね。

あれ、中島悟さんが先にお答えになってますね。
※お気遣いありがとうございます。私は投稿を遠慮すべきでした。ただ熊虎さんからの言及が既にあったことをお伝えしたかっただけなんです。
[42594] 2005年 6月 26日(日)21:37:16KMKZ さん
四都県に接する市
[42586]さすらい さん他
来年1月に合併する京都府・南丹市(船井郡園部町、八木町、日吉町、北桑田郡美山町)はなんと大阪府、兵庫県、福井県と滋賀県に隣接する市

[27218]BEAN さんの投稿にあるように、4つの都道府県に接する唯一の市町村は埼玉県大滝村(群馬・長野・山梨・東京)だったのですが、その後、4県に接する新・高山市が発足する一方で大滝村は秩父市に編入され現在では埼玉県秩父市が4都県に接する市になっています。

期間4都道府県に接する市町村隣接都道府県備考
2005年3月31日以前埼玉県大滝村群馬・長野・山梨・東京
2005年2月1日以降岐阜県高山市長野・富山・石川・福井
2005年4月1日以降埼玉県秩父市群馬・長野・山梨・東京大滝村を編入
2006年1月1日以降京都府南丹市大阪・兵庫・福井・滋賀

この特集記事はあなたのお気に召しましたか。よろしければ推奨してください。→ ★推奨します★(元祖いいね)
推奨するためには、メンバー登録が必要です。→ メンバー登録のご案内

… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳から選び抜いた珠玉の記事集

Copyright(C) 2020 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示