都道府県市区町村
落書き帳から選び抜いた珠玉の記事集

合併により市名がなくなる清水市について

トップ > 落書き帳アーカイブズ > 合併により市名がなくなる清水市について
記事数=4件/更新日:2005年4月24日/編集者:YSK

新・静岡市の成立により市名の無くなった旧清水市について、これに注目した発言を整理しました。なお、2005年4月1日の静岡市の政令指定都市移行に伴い、旧清水市の区域を持って「清水区」が発足しています。

… スポンサーリンク …

★推奨します★(元祖いいね) BANDALGOM

記事番号記事日付記事タイトル・発言者
[3605]2002年10月6日
あっちゃん
[3923]2002年10月16日
taka
[7560]2003年1月11日
special-week
[7836]2003年1月17日
special-week

[3605] 2002年 10月 6日(日)17:13:16あっちゃん[実は小学生] さん
ふざけるな!静清合併
静岡市誕生まであと半年になりましたね。

僕は、静清合併は、「強制合併」のイメージが強いです。
住民が住民投票など、いくら公式に請求しても「否決」「否決」で、
「可決」の文字は見たことがありません。
静岡市という市名も石川県知事の意向で決まったそうで、本当に腹が立ちます。
清水市の全町名の頭に「清水」をつけることが決まったそうです。
これも、まったくおかしいことだと思います。
清水市内でも、つけたいところとつけたくないところがあると思います。
特に、興津地区は駅もありますし、住所表記でも頭に「興津」がついているので、
「清水」という地名に愛着はあまりないと予想します。

静清合併については、少々清水側の意見が強いですが、
下記のホームページが大変役立ちます。
http://www.iso-ya.com/
[3923] 2002年 10月 16日(水)15:09:02taka さん
清水市とちびまるこちゃん
確かに・・・。
たとえば本が発売したとしたら
「清水市」と書くのでしょうか。
それとも「静岡市」になるのでしょうか・・・。
でもアニメには「清水市」に関係あるものが出たのかがわかりません。
そのまま昔をなぞって「清水市」にするのか
「静岡市」にするのか・・・。
[7560] 2003年 1月 11日(土)01:58:42special-week[ヒロオ] さん
消えゆく清水市に捧ぐ、清水市が今までの歩んできた道と今後を考える
 新「静岡市」についての記述は多いのですが、清水市についての記述がないのは寂しいなあと思ったので、清水市について書いてみたいと思います。(清水市に思い入れのある人の書き込みも楽しみにしています)

 何を隠そう(隠さなくてもいいし、隠してても何も得しないけれど・・・)、私の母は、清水市の出身です。清水市の「袖師」というまちです。そのせいか、幼少時は、母の実家である袖師に頻繁に行く機会がありました。国道一号線と東海道線から少し入った場所にあった祖母の家は、袖師港のそばにあり、よく袖師港の石油タンクや大型船、材木を運ぶ大型トラックが走る姿が子供心にも覚えています。
 祖母の家から歩いてすぐのところに旧袖師駅跡があり、その荒廃ぶりも子供心に焼きついています。子供の頃なので、どうして袖師駅が廃駅になってしまったのかは分かりませんでした。今でもその理由は分かりません。政令指定都市に移行したら、もしかしたら袖師駅の復活があるかもしれません。昨今、東海道線(東京~名古屋間)には新駅が乱造されていることからも復活の可能性は高いように思ういます。もし袖師駅が再興されたら、かなり乗降客数はかなり多いだろうから。ただ、袖師駅の場合、駅前広場のような場所がなく、車の送迎やタクシー乗り場、バスターミナルなどの整備が必要になるかもしれないけれど、現清水市の東方地域活性化の起爆剤となるとも思う。
 新「静岡市」の人口が急増して、再び清水市になるべく分市する!ぐらいの気合で清水市にはがんばってほしいと思う。
 清水市がんばれ!
[7836] 2003年 1月 17日(金)23:18:23special-week[ヒロオ] さん
市制78年の歩みとともに清水市を考える
 清水市が閉市イベントなるものを年明け早々からかなり連発しています。
 広報を比べてみても清水市の広報には、78年間市制施行していたものが終焉するといった感じでかかれています。それに対して、静岡市はというとまったく閉市といった感覚がなく、そえにまつわるイベントや式典もほぼ皆無です。
 やはり新市名が静岡市というゆえんなのか、どうしても編集合併という感覚にとらわれてしまうのでしょうね。いまだに、合併後の庁舎位置として議論してきた東静岡駅地区に建設する予定の庁舎は姿を見せていませんし、どうも清水市側は「消滅する」といった感慨を拭えないようです。
 今後の動向にも注目される新「静岡市」ですが、清水市側も発展してこその合併効果であって、静岡市側だけが発展するための合併ではないということを考えていただきたい。
 だからといって、東静岡駅地区に市庁舎を移すべきか?と問われると答えは難しい。現在の行財政を考えれば、新庁舎の建設には賛成しかねる。静岡市役所は現在のものでも十分立派だし、新幹線が停車する静岡駅との交通アクセスを考えるとやはり既存の静岡市役所を使用するべきでは?と思う。
 ただ、それでは清水市は納得しないでしょうから、静岡市にはいろいろと考えてもらいたい。このままでは、本当に「編入合併」ととられてもおかしくない。

この特集記事はあなたのお気に召しましたか。よろしければ推奨してください。→ ★推奨します★(元祖いいね)
推奨するためには、メンバー登録が必要です。→ メンバー登録のご案内

… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳から選び抜いた珠玉の記事集

Copyright(C) 2021 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示