都道府県市区町村都道府県データランキング
『麦』


農林水産省が発表した2012年(平成24年)の「麦類(子実用)の収穫量(全国農業地域別・都道府県別)」のデータから、小麦、二条大麦、六条大麦、はだか麦の収穫量、および、4麦合計の策付け面積と収穫量をランキングし、さらに、都道府県の面積に対する作付面積(4麦合計)の割合を作付面積率として、また、都道府県の人口に対する収穫量(4麦合計)の割合を1人当たり収量としてランキングしました。

出典:作付面積種又は植付けをしてからおおむね1年以内に収穫され、複数年にわたる収穫ができない非永年性作物が生育している面積をいう。収穫量収穫し、収納(保存又は販売できる状態にして収納舎等に入れることをいう。)がされた一定の基準(品質・規格)以上のものの量をいう。「麦類(子実用)の収穫量(全国農業地域別・都道府県別)」2012年 農林水産省
作付面積率:作付面積をkm2に換算した上で、2012年10月1日の都道府県の面積で除し、小数点以下第2位で四捨五入(単位:%)
1人当たり収量:収穫量をkgに換算した上で、2013年10月1日の推計人口で除し、小数点以下第2位で四捨五入(単位:kg)
表中の記号:「-」事実のないもの/「x」調査対象数が2以下の場合には調査結果の秘密保護のため統計数値を公表しないもの
なお、4麦合計の収穫量は、「x」を0として合計しているため実際の収穫量よりも少なくなっている場合がある(作付面積も同じ)


(t)収穫量【4麦合計】
600,000
500,000
400,000
300,000
200,000
100,000
0















































一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県作付面積 (ha)
(4麦合計)
作付面積率収穫量 (t)1人当たり
収量(kg)
4麦合計小麦二条大麦六条大麦はだか麦
1北海道121,2001.55%592,800586,1006,710--109.15
2福岡県21,0004.22%67,00050,00015,800-1,17013.16
3佐賀県21,1008.65%66,90034,70031,700-53679.68
4栃木県14,1002.20%42,6008,16030,3004,170x21.44
5群馬県7,8101.23%32,60026,6004,4101,620-16.43
6滋賀県7,3401.83%21,20019,60012689156914.96
7埼玉県6,3901.68%20,90017,6002,3707061932.89
8愛知県5,3201.03%20,00019,700x272x2.69
9茨城県8,1301.33%18,40012,1003,3802,870x6.27
10熊本県6,5600.89%18,00013,8004,130-1049.99
11福井県5,0801.21%14,9004-14,900-18.75
12三重県6,0501.05%14,50013,600-856x7.93
13富山県3,2500.77%11,20081x11,100-10.41
14岐阜県3,2400.31%9,9509,550-402-4.85
15長野県2,5700.19%9,9308,060-1,870-4.68
16大分県4,5900.72%9,2205,4601,890x1,8607.82
17岡山県2,4600.35%8,0401,4206,530x874.16
18香川県2,4401.30%6,8204,250--2,5706.92
19宮城県2,1600.30%6,6504,480-2,170-2.86
20岩手県3,9100.26%6,2806,140xx-4.85
21兵庫県2,4500.29%4,8904,020-854160.88
22愛媛県1,8100.32%4,820565--4,2503.43
23長崎県1,8100.44%4,2501,7302,370-1473.04
24石川県1,3700.33%4,210147x4,060-3.63
25山口県1,1900.19%2,2301,610188-4351.57
26青森県1,6100.17%2,2102,210---1.65
27島根県6610.10%1,7881731,530x852.55
28千葉県7390.14%1,6201,530xx-0.26
29静岡県7940.10%1,4301,410810-0.38
30秋田県4050.03%756752xx-0.72
31新潟県2460.02%50824-484-0.22
32福島県2700.02%481474-7-0.25
33広島県2450.03%454337-11160.16
34京都府2910.06%402200202xx0.15
35徳島県1290.03%33721557-650.44
36鹿児島県1770.02%33375243x150.20
37鳥取県930.03%27423251x-0.47
38山梨県810.02%267185-82-0.32
39山形県1380.01%246212-34-0.22
40奈良県1100.03%228228-xx0.16
41宮崎県1160.01%22089122-90.20
42神奈川県430.02%112101xx-0.01
43東京都280.01%8684xx-0.01
44沖縄県110.00%1616---0.01
45高知県70.00%1313x--0.02
46和歌山県50.00%55---0.01
47大阪府00.00%0x--x0.00
全国269,5000.72%1,030,000857,800112,40047,80012,2008.09

出典:作付面積種又は植付けをしてからおおむね1年以内に収穫され、複数年にわたる収穫ができない非永年性作物が生育している面積をいう。収穫量収穫し、収納(保存又は販売できる状態にして収納舎等に入れることをいう。)がされた一定の基準(品質・規格)以上のものの量をいう。「麦類(子実用)の収穫量(全国農業地域別・都道府県別)」2012年 農林水産省
作付面積率:作付面積をkm2に換算した上で、2012年10月1日の都道府県の面積で除し、小数点以下第2位で四捨五入(単位:%)
1人当たり収量:収穫量をkgに換算した上で、2013年10月1日の推計人口で除し、小数点以下第2位で四捨五入(単位:kg)
表中の記号:「-」事実のないもの/「x」調査対象数が2以下の場合には調査結果の秘密保護のため統計数値を公表しないもの
なお、4麦合計の収穫量は、「x」を0として合計しているため実際の収穫量よりも少なくなっている場合がある(作付面積も同じ)


特定の都道府県のデータやグラフに注目できるように黄色で強調表示します。



Copyright(C) 2018 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示