都道府県市区町村 > 落書き帳 > 記事検索 >このページの最後へ ▼

落書き帳ニックネーム検索結果 白桃 さんの記事が 10件 見つかりました。

記事#記事日付
記事タイトル
発言者
[92694]2017年2月9日
伊万里市章&ことばで表す問九の共通項 白桃
[92691]2017年2月8日
「連続する海岸線」の意味 白桃
[92689]2017年2月6日
一事不再理 白桃
[92685]2017年2月5日
問九再考 白桃
[92674]2017年2月3日
市盗りマル秘?情報 白桃
[92673]2017年2月2日
Re:問八の危惧 白桃
[92671]2017年2月1日
事務連絡(2016年10月1日現在推計人口の修正) 白桃
[92670]2017年1月31日
♪アケミという名で十八で 白桃
[92646]2017年1月27日
陸水、つくばみらい 白桃
[92641]2017年1月26日
自市を一周する 白桃


[92694] 2017 年 2 月 9 日 (木) 00:36:50 白桃 さん
 伊万里市章&ことばで表す問九の共通項

[92692]N さん
Web上を探しても「イマリを図案化した」以上の情報が得られないのですが、鳥(または翼)をモチーフにしたという根拠(このページに載ってる、この本に書いてあるなど)をご存知の方いましたら教えてください。
「根拠」とは言えないと思いますが、こんなページ
全体は飛鳥を表現しています。
とあります。

[92693]デスクトップ鉄 さん
「同一都府県にあって隣接する一定の領域を、他の一都府県との境界線及び分断されない海岸線とともに囲む市」
ではどうですか。
こうなったら、トコトンこだわりましょう。(笑)
「他の一都府県との境界線」ですが、「他の」はいらないのでは。「隣接する都府県のうち、一個の都府県との境界線」の意を簡単にして、「一都府県だけとの境界線」で良いのでは。
また、「分断されない海岸線」よりは「一本の海岸線」が良いと考えます。
ところで、さぬき市の場合、
1.東かがわ市との境界
2.徳島県/香川県の県境
3.(それなりに美しいと思うのですが、ほとんど注目されていない)東かがわ市の海岸線
の3つのラインによって東かがわ市を取り囲んでいるので、問九の該当市になるのですが、もし、東かがわ市との境界線を分断する形で徳島県の「飛び地」が存在したなら、該当しない市になるのでしょうね。

[92691] 2017 年 2 月 8 日 (水) 13:19:15【2】 白桃 さん
 「連続する海岸線」の意味

[92688]デスクトップ鉄 さん(追記分)
もっと屁理屈ですが、もし佐賀市と唐津市が合併すると、玄界灘と有明海の海岸線は、長崎県を介して連続しているので、連続する海岸線と長崎県境とともに、佐賀県西部の領域を囲むことになります。したがって「連続する海岸線」は「県境によって分断されない海岸線」とすべきだと気が付きました。ということで、
「同一都府県にあって隣接する一定の領域を、他の一都府県との境界線及び県境によって分断されない海岸線とともに囲む市」
ではいかがでしょう。
追記されていましたので、今まで気が付きませんでした。(後の記事にレスするのは、先の記事に追記するのではなく新規記事にしましょう。)
「県境によって分断されない海岸線」だと具合が悪いです。これだと、西海市や長崎市などが該当するようになってしまいます。西海市の場合は、長崎市との市境、佐賀県との県境、それに西海市自身によって分断された海岸線(県境によって分断された海岸線ではない)の4本の線によって、長崎県の一定の領域を囲んでいます。「連続する海岸線」の意味は「ヒトツナガリの海岸線」の意味です。まさか、「世界中すべての海岸線で、連続していない海岸線はない」などと禅問答まで出してくる方はいないでしょう… 
書いているうちに、「連続する海岸線」より「1本の海岸線」と言った方が確かに良いという考えに変わってきました。
なんだか、「ことばで表せない共通項はありえない」とほざいた自分がウラメシクなってきました。('◇')ゞ

[92689] 2017 年 2 月 6 日 (月) 14:10:56【1】 白桃 さん
 一事不再理

なにから書こうかと悩み、適当にタイトルを付けました。
では、まず
誤答→参考記録扱い、について[92685]
これには釈然としないものがあります。正直、何を今さら、と言う気分です。
と書いた理由をもう一つ付け加えるならば、[92684]Nさんのように
第二十回の問九でも問題訂正があり、この時も何件か誤答があったようです。今回の誤答を参考記録扱いとするならば、こちらも同様の対応をすべきではないでしょうか。
というご意見が必ず出るだろうと懼れたからです。裁判じゃありませんが、一度判定を下したものは、明らかな誤審でもない限り、「一事不再理」で良いと考えているからです。

では次。
[92687]MasAka さん
私は共通項を文章で表現する必要を全く感じていません。出題のバリエーションを広げるには、むしろそういう方向に問題が「進化」していくのは自然な流れでしょう。共通項は常に文章で簡潔に表現できなければならない、というのは出題者にとっても解答者にとっても発想の自由を縛るだけのような気がします。
MasAkaさんがどう思われようがそれこそ発想の自由ですが、もし、出題者がそのような考えにたって問題を作るようになると、共通項の定義があいまいになり、正誤がはっきりしない解答がでてくるのではないかと危惧します。グリグリさんも[92677]でMasAkaさんほど明言はされてませんが、論理面重視で共通項に辿り着けるようなものから、フィーリング、イメージで捉えて共通項を推測するような問題に「進化」させようとお考えになっているのではないかと思われるフシがあります。それはそれで良いとしても、率直に申し上げますと、[92658][92677]を読むと、一種の「驕り」のようなものを感じてしまうのです。また、
貝塚市で金メダルを獲得したMasAkaさんが[92464]で「ほぼ直感だけで」と言われているのは、イメージで捉えたということだと思いますし、それは出題の意向に正しく共鳴した結果だと思います。
と我田引水的な言葉が発せられてますが、これには、[92684]Nさん
解答が貝塚市とあっては「出題の意向に正しく共鳴した」と言えるかは疑問符がつくように感じます。
と同感です。
大体、ことばで表せない共通項はありえないのと違いますか。それが、出来ないというのは、出題者自身が共通項を的確に把握できていない、そうでなければ、面倒で逃げてしまっていることになります。
さて、問九の共通項のことばによる定義について[92688]デスクトップ鉄さんから、
「一都府県内の一定の領域を、隣接する一都府県との境界線及び連続する海岸線とともに囲む当該都府県の市」
となかなか素晴らしいものをいただきました。
ただ、これだと屁理屈ですが、[92641]で書いたように自市を一周しても条件に反しない市(例:東かがわ)もあるので、
「同一都府県にあって隣接する一定の領域を、一つだけの都府県との境界線及び連続する海岸線とともに囲む市」
としてはどうでしょうか?

次に問九は、良問か否か
私は、発想としては面白い問題ですけど、次の2点で良問とまでは言えないと思います。(三豊市の件は論外)
1.どういう市が除外されるかが、「該当しない市」を見ても浮かび上がってこない。また、こういう市でも該当することを、お題の5市の中で臭わせていない。
※贅沢を言って申し訳ありませんが、エラリー・クイーンのように、問題の中に犯人(共通項)の手がかり(ヒント)となる伏線を張っていてほしいのです。クリスティのように、「実はこうだった。」と後になってアナグラムヒントで明かされるというものは困ります。もっとも、問九の性格からして上記を実行するのは非常に困難ではなかったかと思います。
2.例えば私のように、「海岸線と都府県境をもつが、その二つが連続しない市」という間違った共通項の想定でも80%以上正答になってしまう。
※こうなると、マグレあたりのクセに「当たらずと言えど遠からずであった。」というヘンな自己満足家を生む。

最後に
「入門コース」についてですが、その「功績」は認めますが、役割は十分果たし終えたと思います。[92688]デスクトップ鉄さんのご意見に賛同します。
個人的な意見になりますが、「一般コース」完答後に「入門コース」を答えようとなさる方がかなりいますが、第一志望の学校に合格したにもかかわらず、その後で第二志望の学校を受ける、コレ何の意味があるのでしょうか?
私には、何の意味もないどころか、「入門コース」を真剣に取り組んでいる方にとっては、迷惑千万ではないかと思います。

ついで:[92687]MasAka さん
私が答えるとはおそらく誰も思わなかったでしょうね。
失礼ながら、本当にノー・マークでした。まさに、まさか!、いや、「さすがはMasAkaさん」だと思いました。

※2月7日11時頃、不適切な表現、意味のつながらない文脈、余計な文言等を変更、削除いたしました。
また、「入門コース」については書き加えたものです。

[92685] 2017 年 2 月 5 日 (日) 09:52:24【1】 白桃 さん
 問九再考

「十番勝負に関連することは夏まで書かない。」その舌の根もかわかないうちに恥ずかしいのですが、オーナーの昨日の問九に関する一連の書き込みにムラッムラッときましたので…
[92677]
赤い線(市境)と青い線(海岸線)と緑の線(県境)の3つの線に囲まれた領域(自治体群)の存在が共通項であり、該当する市は赤い線を構成する外側の市になります。
確かに地図上で表現するとわかりやすいですが、共通項をことばで表す努力を怠らないでください。
今、共通項は
その市と一つの海岸線と特定の都道府県の都道府県境で自治体群を囲む市
となっていますが、これだとまったく不完全ですので、
「その市の境界線と、連続する海岸線と、一種類の都道府県境界線、の3つの線でその市が属する都道府県のその市以外の領域を囲む市」
やはり、ややこしいですが、こうしない限り、
囲まれている自治体群に離島部分や鹿児島市の桜島以外の部分が含まれるのかどうかということを考える必要は元々ありません。
がなんの説得力をもたない詭弁に近いものに終わってしまうのではないでしょうか。
※書いていて気が付いたのですが、
「その市の境界線と、連続する海岸線と、一種類の都道府県境界線、の3つの線でその市以外の領域を囲む市」
にしてしまうと、阿讃県境、さぬき市との市境、と四国をぐるっとまわる海岸線で、四国四県の殆んどを囲む東かがわ市なんかも該当することになりますネ。

[92681]
該当しない市の三豊市を仙台市に変更するまでの8件の誤答に関してはすべて参考記録扱いとしました。
これには釈然としないものがあります。正直、何を今さら、と言う気分です。なにか、今回の不手際に後ろめたさを感じておられるのでしょうか。
しっかり考えて解答した市が問題のミスで誤答となるのは正直腑に落ちません。
というNさんの気持ちはよくわかりますが、三豊市が非該当市とされている段階では真の共通項を見出すのは不可能なのです。ということは、三豊市が非該当市を外される前に出された解答は、しっかり考えているか、あてずっぽうなのかにかかわらず全てギャンブルなのです。ギャンブルである以上、運・不運、つまり「誤答」になることは覚悟しなければなりません。出題ミスのせいもあって運悪く誤答になったものと出題ミスとは関係なく実力?で誤答になったものを区別することは実際難しいので、一律に「参考記録扱い」にするな、というのではありません。「参考記録扱い」にするのなら、三豊市のミスが発覚した時点で参考記録扱いにすべきだったのです。
言うまでもありませんが、「参考記録扱い」を「誤答」に戻せと主張しているわけではありません。そうすれば、不手際の三乗、四乗になってしまいますから。

[92674] 2017 年 2 月 3 日 (金) 13:29:27【2】 白桃 さん
 市盗りマル秘?情報

連続投稿、しかも十番勝負関係なので、気が引けます。('◇')ゞ
これをもって、夏までは十番勝負の話題は控えようと考えています。

本題に入る前に、
[92669]デスクトップ鉄 さん
一方白桃さんは、金メダル47個のうち確定時間ラスト88位までのメダルが16個と最多で、その過半がD・E難度の問題です。マラソンランナー型といえます。
緻密な考察有難うございます。なにか褒められ過ぎのようです。私の場合、高難度の問題に強いというよりも、十番勝負がスローペースの展開になったときに好成績をおさめているように思います。ある程度先行して、直線チョロット差す。 これでも昔は、スプリンターでならしたのですが、瞬発力は20歳過ぎからかげをひそめ、今では、ステイヤーどころか、ジョギングしててもスグ♪足も重たくなりまする。←何の話かな

グリグリさんへ
「市盗り」領国編に各市の「獲得石高グラフ」がありますが、これは、「保有石高グラフ」ではないでしょうか?

さて、本題ですが…
十番勝負に「市盗り」が導入されて、解答市の選択にも変化が生じたかどうかを、人口30万人以上の市プラス県庁所在市、計84市を対象として調べてみました。
第44回を終了した段階で、1万石以上の保有者数が30名を超えるのが、仙台(37)、名古屋(36)、静岡(34)、京都(33)、富山、長崎(31)、横浜、和歌山(30)と8市あります。富山と和歌山は少し意外な気もしますが、この8市は「市盗り」に関係なく、十番勝負においては人気のある市なのでしょう。この中で、「市盗り」が導入された第41回以降、保有者数が全く増えていないのが、仙台、京都、富山です。仙台と京都は領主不在ですが、領主狙いを真剣に考えているごく一部の方を除いて、ちょっとやそっとの石高では領主は夢のまた夢なので、解答市として選択されなくなったのでしょうか?。3市の他に、保有者数増加ゼロの市は、姫路、豊田、いわき、大阪、高崎、山口、岡山、柏、川口、東大阪、川越、大分、藤沢、松江、船橋、豊中ですが、大阪と岡山以外はねらい目だと思うのですが、どうしてでしょうか?
逆に、第41回以降4人も増えたのが、長野、鳥取、宇都宮、一宮。この4市は第41回以降に領主交代や領主誕生があったところで、次回も目を離すことが出来ません。このように「市盗り」の影響もあるのかと思えば、あんまり関係ないのではと思わせるのが、保有者が5人も増えた高知です。はっきり言いますけど、金沢、福岡、広島、岡山、神戸、高知、奈良、千葉の8市の領主交代は半永久的にないでしょう。結局のところ、「市盗り」の導入によって解答市の選択に変化が多少あったかもしれませんが、大都市については考えていたほどでもなかったようです。「市盗り」導入より前にも、特定の方の十八番の市を他の方が選ぶことも少なかったように思えます。
調べていて面白かったのは、1万石保有者数が15人未満と人気の無い、越谷、所沢、豊中(11)、枚方(12)、市川、松戸(13)、吹田、船橋、高槻、尼崎、久留米(14)の殆んどが所謂、「衛星都市」だということ。これらは、ある意味で「お買い得市」です。そして、今なお領主のいない筑西、久喜、調布、西東京、八尾、羽曳野あたりも。さらに、バットを短く持てば誰でも1万石領主になれるのが59市もあります。でも、そのうち24市が白桃とその領友が治める市なので、これには触れないようにしましょう。( ´∀` )

[92673] 2017 年 2 月 2 日 (木) 01:31:35 白桃 さん
 Re:問八の危惧

[92672]スカンデルベクの鷲 さん
端的に言えば、一部の公式発表の推計人口が速報値基準のものであった市の推計人口は、単純計算を用いて確報値基準にしても、正確な値にならなかったということです。
この発言は二つの点において間違っています。
まず、一点目は、差異が生じたのは単純計算を用いたからではないということ。
2015年11月1日現在以降の推計人口を、2010年国勢調査確報値基準から2015年確報値基準に変更した場合は、2015年10月1日生まれの人の扱い方によって、単純計算で出した数値と差異が生じることがあります。(今回の例では、長野県)
しかしながら、2015年速報値基準から2015年確報値基準に変更した場合は、福岡県のように、県から公式発表される前に単純計算で出した数値と理屈上では異なるはずがないのです。では、どうして福井や佐賀のように差異が生じたかと言うと、速報値基準で発表された推計人口がもともと「間違っていた」からなのです。「間違っていた」というのは語弊がありますね。正確に言うと、毎月県内の市町村から県に報告された住民登録の異動数が後になって訂正されたのです。

二点目は、「都府県から公式に発表となった推計人口を用いないといけない。」というのは理解できますが、公表された推計人口が「正確」であるかどうか誰もわからないのです。そもそも「推計」人口ですから、正確もへったくれもないのです。また、北海道においては「推計人口」自体、発表されないのです。

最後に;
十番勝負においては、いつものことですが出題時に
問題は原則として2017年1月1日の情報を基にしています。
となっております。ですから、推計人口に限らずその情報がウソであったとしても出題された以上は文句をつけられません。

[92671] 2017 年 2 月 1 日 (水) 13:49:07 白桃 さん
 事務連絡(2016年10月1日現在推計人口の修正)

昨日から本日にかけて、福井、福岡、佐賀の3県より2017年1月1日現在の推計人口が発表となり、同時に、今まで2015年国勢調査速報値を基準としていた推計人口を、確報値基準に変更したものに遡及修正が行われました。
遡及修正された2016年10月1日現在推計人口について、先に結果から申し上げますと
福岡県については、既にオーナーにお送りしているものと全く変更がありません。
佐賀県については、西松浦郡有田町が19,973人→19,971人に変更となっています。
福井県については、鯖江市、勝山市、高浜町、おおい町、池田町以外の、市町で変更となっています。
速報値基準から確報値基準に変更することは、単純な計算で済むことであり、私が前もって出したものと差異が生じるはずがないと考えていたので、福井、佐賀の両県の担当者に確認をとったところ、佐賀県では、変更の際に県下の市町から出されたものを再チェックをしたところ2名違っていたということでした。
福井県からは明確な返答をもらえませんでしたが、おそらく佐賀県同様の再チェックの結果だと考えられます。
グリグリさんには、両県から発表となったものをこの後お送りいたしますので、お手数をかけて申し訳ありませんが、修正して頂きますようお願い申し上げます。

[92670] 2017 年 1 月 31 日 (火) 23:11:57 白桃 さん
 ♪アケミという名で十八で

という流行歌がありましたが、それとは関係ない話。
浦安に住んで36〜37年になるのですけど、今でもよくわからないのが、明海(めいかい)大学があるところ(大字)が明海(あけみ)なのですが、その両者の関係。
9年前に[63032]EMM さんが
でも、キャンパスが今の位置にできたのと、大学の名前が変わったのとキャンパスが豊田・岡崎ができたのとどっちが先かわからない。
似たような事例で城西歯科大学が明海大学に変わってから浦安にキャンパスができた、と言うのがあり、よーく考えると条件的に大差ないじゃないの…と言うことで自滅したのでした。
と書かれていますが、大学名変更のモトは「明海」という地名のようなのですが、明海大学が進出することが決定していたから埋立地の地名を「明海」にしたという考えも決して否定できないような気がします。
明快ではない明海のハナシ申し訳ありませんでした。

[92646] 2017 年 1 月 27 日 (金) 05:37:51 白桃 さん
 陸水、つくばみらい

[92645]スカンデルベクの鷲 さん
"陸地"にこだわる理由があれば教えて頂きたいです。中海は汽水湖ですが、立派な陸水域であり、陸水を排除したいのであれば、例えば東京千葉都県境が旧江戸川となっているため市川市も排除しなくてはならなくなってしまいます。
言われてみれば、仰る通りです。米子×は撤回いたします。
私は海と湖は同類で、川と湖は異質のものであるという間違った認識がそのままになっているようです。水文地理を習っとけば良かったのですが…

全く関係ない話になりますが、茨城県から発表された2017年1月1日現在の推計人口によりますと、つくばみらい市が5万人を突破いたしました。2015年国勢調査以降、笠岡、志摩、さぬき、諏訪、岡谷、高島の6市が5万人割れとなっておりますが、逆に5万人突破を記録したのは野洲に次いで2番目です。

[92641] 2017 年 1 月 26 日 (木) 19:43:28 白桃 さん
 自市を一周する

[92640]N さん
「市境→海岸線→県境」の順に地図を鉛筆でなぞったら、元の地点に戻ってくるような「市境」を持つ市
これでは、東かがわ市も該当することになります。
理由:自市の周りをたどれば、この要件には反しませんよ。


次の10件を検索する 次の1件 次の5件 次の10件 次の20件 次の50件 次の100件

都道府県市区町村 > 落書き帳 > 記事検索 >このページのトップへ ▲

検索結果参照用リンクを編集 Copyright(C) 2017 M.Higashide 検索条件を変更