都道府県市区町村 > 落書き帳 > 記事検索 >このページの最後へ ▼

落書き帳記事番号検索結果2 件の記事を検索しました。


記事#記事日付
記事タイトル
発言者
[92898]2017年6月12日
続・若年首長
[94095]2017年10月28日
野球の神様、十勝ワイン(赤絨毯を踏んだ若い首長) & 西伊豆町 伊豆之国



[92898] 2017 年 6 月 12 日 (月) 00:43:17【1】 N さん
 続・若年首長

[92896]グリグリさん
情報の反映ありがとうございました。
生年月日は、1984(S59).5.3生 で、32歳2ヶ月で就任と確認しました。
確かにその通りです。お手数をおかけしました。
#手元のメモでもそうなってるのになぜ9.20と打った、自分?

現役を一通り見直したので、歴代首長を北海道から見直しているところです。
とりあえず北海道が見直し終わってひと段落ついたので情報提供します。
更新していただいた直後の情報提供は心苦しいですが、お手すきの時にご確認ください。

元ネタは市町村における長の選挙結果について(北海道選挙管理委員会)で2年前にむっくんさんも参照されているデータです。

【未掲載情報】
上川郡永山村、永山町
中橋 勇四郎
1916(T5)-1917(T6).?.?生
1954(S29).7.23?永山村長就任(37歳?ヶ月)
1954(S29).11.1町制施行(37-38歳)
1957(S32).4退任(1期)

上川郡温根別村
七条 成良
1909(M42)-1910(M43).?.?生
1947(S22).4.?温根別村長就任(37歳?ヶ月)
1954(S29).7.1合併により失職(2期)
※Excelでは「七条 茂良」ですが「七条 成良」が正だと思います。

松前郡大沢村、上磯郡木古内町
山木 竹蔵
1908(M41)-1909(M42).?.?生
1947(S22).4.?大沢村長就任(38-39歳)
1954(S29).1.?大沢村長退任(2期)
1954(S29).1.?木古内町長就任(45歳?ヶ月)
1973(S48).6.?任期途中死去(5期)

茅部郡砂原村、砂原町
新谷 一男
1924(T13).3.17生地方選挙News
1962(S37).10.?砂原村長就任(38歳7?ヶ月)
1970(S45).9.1町制施行(46歳5ヶ月)
1982(S57).10.?落選(5期)
1986(S61).10.?再選(62歳7?ヶ月)
1990(H2).10.?退任(1期(通算6期))

瀬棚郡瀬棚町
畑野 仁郎
1912(M45/T1)-1913(T2).?.?生
1949(S24).4.?瀬棚町長就任(36歳?ヶ月)
1951(S26).4.?退任(1期)

岩内郡島野村
工藤 義三
1910(M43)-1911(M44).?.?生
1947(S22).4.?島野村長就任(35歳11ヶ月-36歳)
1951(S30).4.1合併により失職(2期)

空知郡南富良野村、南富良野町
新田 義男
1916(T5)-1917(T6).?.?生
1956(S31).4.?南富良野村長就任(39歳?ヶ月)
1967(S42).4.1町制施行(50歳?ヶ月)
1972(S47).4.?退任(4期)

常呂郡佐呂間村、佐呂間町
船木 長一郎
1915(T4).8.12生地方選挙News
1954(S29).8.7?佐呂間村長就任(38歳11ヶ月)
1956(S31).9.1合併により失職(1期)
1956(S31).10.29佐呂間町長就任(41歳2ヶ月)
1988(S63).8.?退任(8期)

紋別郡生田原町
伊藤 幸夫
1929(S4).10.25生地方選挙News
1969(S44).4.?生田原町長就任(39歳5-6ヶ月)
1989(H1).4.?退任(5期)

中川郡池田町
丸谷 金保(まるたに かねやす)
1919(T8).6.25生Wikipedia
1957(S32).5.?池田町長就任(37歳10-11ヶ月)
1976(S51).4.?退任(5期)

【追加情報】
鈴木慶一(臼尻村長、南茅部村長)
生年月日は1910(M43).1.27です。
北越栄三(臼尻村長)
生年月日は1915(T4).8.30です。
南茅部町史

小村義馬(阿寒町長、阿寒村長)
就任日は1947(S22).4.6です。
釧路市統合年表(PDF)

藤谷軍一(音江村長)
生年月日は1911(M44).7.10です。
深川市HP

坂本富雄(小島村長)
1963(S38).4.30?(49歳?ヶ月)から松前町長を5期務められています。

吉田角三(久遠村長)
1969(S44).9.10?(55歳?ヶ月)から大成町長を1期務められています。

西尾六七(美深町長)
読みは「にしお むな」です。
生年月日は1909(M42).9.25です。
北海道議会議員名簿(PDF)

佐野清(利尻町長)
1967(S42).4.?(43歳?ヶ月)から幌延町長を4期務められています。

桐山修(若佐村長)
1952(S27).4.?に落選していますが、1952(S27).8.?(42歳?ヶ月)に再選(1期?)しています。
1956(S31).9.?合併により失職し、通算2期?です。

【修正依頼】
広井 彌平次(上川村長)
「広本 彌平次」の誤りではないでしょうか。

斉藤吉平(中川村長)
北海道中川郡中川村 (旧)
となっていますが、「(旧)」は不要ではないでしょうか。(中川村→中川町は合併の絡まない単なる町制施行では?)

加藤 利彦(御影村長)
「加納 利彦」の誤りではないでしょうか。

あと、以下は北海道の情報ではありませんが、たまたま見つけたので書いておきます。

三村申吾(青森県知事、百石町長)
百石町長就任日は1992(H3).2.2です。おいらせ町要覧

藤井浩人(美濃加茂市長)
現役のはずですが、現役の背景色になっていません。

[94095] 2017 年 10 月 28 日 (土) 14:21:33 伊豆之国 さん
 野球の神様、十勝ワイン(赤絨毯を踏んだ若い首長) & 西伊豆町

[94069] オーナー グリグリさん
若年で当選した首長(更新)
先日の衆議院選挙結果による任期更新も行っています。衛藤征士郎(12)、鳩山二郎(2)、逢坂誠二(2+2)の3名
ですが、選挙結果を新聞で見て、落選した前議員に「元・若い首長」が見つかりました。

元・東松山市長 坂本祐之輔氏
平成24年12月の総選挙で初当選、2期務めましたが、今回の選挙で惜しくも落選しています。
「若い首長」のリストにある坂本氏の経歴に漏れていますので、追加記入をお願いいたします。

今回の選挙とは関係ありませんが、リストに載っている元首長の中に、国会議員の経験者が見つかりました。

元・北海道池田町長 丸谷金保氏
町長退任後、昭和52年に参議院議員に当選、2期務めて引退。平成26年に逝去されています。

…話は変わって、「ご当地」の話題から。
[94081] 特急とりあたまさん
伊豆半島が神奈川扱いされていました。る◯ぶでも「箱根伊豆」など一緒くたにされやすい
[94083] Takashiさん
東海道本線(東京・熱海間)と伊東線がJR東日本の路線である一方で静岡県のその他のエリアがJR東海のエリア(中略)厳密に言えば熱海から西の東海道本線はJR東海の路線なのでそこから分かれる伊豆箱根鉄道駿豆線沿線はJR東日本の営業エリアといっていいのかどうか疑問がありますが

「伊豆の東西」については、[93963]でもちょっと触れていますが、親父の田舎・西伊豆町の田子地区([83026])に行くのに、伊豆急下田からのバスで、「バサラ峠」を越えて松崎か堂ヶ島で乗り換えて入るルートと、修善寺からのバスで「船原峠」を越えて土肥を経由して入るルートがあって、前者のルートを使うことが圧倒的に多かったのですが、たまに後者のルートで行くと、海沿いを走る伊豆急と、田方平野の田園を走る駿豆線の沿線風景の違いを見ていると、やはり「電波の壁」と同様、天城山〜丹那トンネル〜十国峠のラインを境に、東側と西側とでは同じ伊豆でも結構違う印象があるように見えるような気がしたものです。東京のTVが綺麗に映り、神奈川県を通り越して東京指向が強そうな東海岸と、まず沼津や三島へと、ワンクッション置いているように思える西海岸や田方平野とは、やはり住民の気質も違うのでしょうか。



都道府県市区町村 > 落書き帳 > 記事検索 >このページのトップへ ▲

検索結果参照用リンクを編集 Copyright(C) 2019 M.Higashide 検索条件を変更