都道府県市区町村
落書き帳

トップ > 落書き帳 >

メンバー紹介

>
MasAkaさんの記事が5件見つかりました

… スポンサーリンク …


記事番号記事日付記事タイトル・発言者
[102811]2021年10月5日
MasAka
[102797]2021年10月3日
MasAka
[102728]2021年9月29日
MasAka
[102056]2021年5月31日
MasAka
[101276]2021年1月11日
MasAka

[102811] 2021年 10月 5日(火)00:36:23MasAka さん
鉄道橋の名称
[102798] N さん
ご紹介いただいた川崎港の京浜運河で建設中の斜張橋の形は主塔の高さがかなり低く、エクストラドーズド橋の形にかなり近いですね。これをエクストラドーズド橋と呼ばないのは中央径間の桁が鋼製だからでしょう(エクストラドーズド橋はプレストレスト・コンクリート橋の一形式なので)。

ところで、十番勝負副題リンクにも使われている橋の名称は、細坪橋梁ではなく「細坪架道橋」が正式名称です(参考:鉄道・運輸機構 鉄道建設パンフレットのP.10)。三内丸山架道橋などと同じ仲間です。

参考までに、鉄道橋の命名法は、狭義の「橋りょう」は河川と交差する構造物のみを指し(したがって、原則「○○川橋りょう」となります)、道路の上を越えて交差するのは「架道橋」、他の鉄道の上を越えて交差するのは「線路橋」と呼びます。工事件名(契約上の工事名称)としてはこれら3つを合わせて(広義の)「橋りょう」という名称で統一されており、「細坪橋りょう」はあくまでも工事契約上の名称で、実際の構造物名称とは異なるということになります。

……と書きましたが、その1ページ前の九州新幹線(西九州新幹線)のところを見ると、架道橋なのに「宝町橋りょう」という記載がありますね。中の人もそこまで細かなチェックはしていないようです。

※なお、「梁」は常用漢字でないので、ここでは厳密に工事件名の書き方に従って「橋りょう」と書きましたが、単なる表記の問題なので漢字で書いても間違いではないと思います。
[102797] 2021年 10月 3日(日)19:17:27MasAka さん
十番勝負・問九(エクストラドーズド橋)について
このところすっかりROMが多くなった十番勝負ですが、今回気になったのが問九の副題リンクに掲げられていた国道8号のSV画像。たまたま今年3月、まさにこのSVに示された地点に立っていたのでここに何があるかはすぐにわかったのですが、すでに想定解は出尽くされたようでした。

そんな中、奇策として解答した高槻市は、新名神高速道路の淀川橋を意図したものでした(参考:道路構造物ジャーナルネット2021.03.18付記事)。枚方市議会議員のブログに今年9月時点の状況写真が載っていましたが(ばんしょう映仁公式ブログ)、すでに下部工までは完成しているようです。
※なお、[102728]にて「おそらく形になっているであろう2年後…」と書きましたが、契約工期は令和6(2024)年までのようなので3年後が正当でした。

なお、[102345] 出題時の【注意事項】には
(5) 問題は原則として2021年9月18日開始時点での情報を基にしています。
とあるので、淀川橋は現時点では橋として成立していない以上、これを書いてもハナから誤答なわけですが、過去には第二十三回[70941]において
4.問題は2009年7月の情報を基にしています。
としつつも、8月にならないと想定解が全て決まらない問題(問三)があったのを思い出し(ちなみにこの問題の最後の想定解は私が決め打ちで解答[71247])、ならば現時点で全体は出来ていなくても下部工が完成した時点ですでに上部工を造ることはほぼ間違いないのだから、フライングで解答してもバチは当たらないだろうという判断であえて投下してみた次第です。グリグリさんはお気に召さなかったようですが……。

というわけで、私のメンバー紹介文に
メダル至上主義とは一線を画す十番勝負の楽しみ方が伝わってくる。
とあるように、メダル獲得主義でも市盗り領主狙いでもない、それ以外の十番勝負の新たな個人的楽しみ方を模索する中での一つの実験として捉えていただければ幸いです。今回の副題が「コロナで変化する社会」ということで、このコロナ禍において生活様式が大きく変わったように、本来クイズは正答を目指すものなのにその真逆を行くという「大変化」を意図してみました(もちろん、デタラメではなくきちんと共通項を踏まえた上で解答するという方針は守った上で)。

さて、話をエクストラドーズド橋に戻しますが、上記で紹介した新名神高速道路淀川橋のほか、今後建設予定のものとしては、平成26(2014)年8月にJR東海から公表された中央新幹線の環境影響評価書の中で、山梨県中央市の新山梨環状道路交差部においてエクストラドーズド橋に関する記述やフォトモンタージュが見られます(参考:山梨県資料本編第8章・「8-5 人と自然との触れ合い」の8-5-1-70~71ページ)。こちらの工事はまだ始まっておらず、影も形もない状況ですが、数年先には道路の上を越えて疾走する超電導リニア新幹線車両を見ることができるかも知れません。
[102728] 2021年 9月 29日(水)23:26:49MasAka さん
十番勝負
問九のラストを狙おうと思ったらすでに売り切れですか……。こうなったからにはおそらく形になっているであろう2年後に忘れず更新していただくべく、将来への備忘録としてわざと十番勝負の解答形式で以下の市を書いておきます(想定解終了後の誤答は目立つので忘れにくい(笑))。

問九:高槻市
[102056] 2021年 5月 31日(月)23:17:19【1】MasAka さん
謎の飛び地~水上中学校と浅間園~
[102033] 未開人さん
12年も前に書いた話が今頃引用されて出てくるとは思いませんでした(←しかも自分で書いたことを忘れてる)。
それはさておき、水上村立水上中学校の所在地について、
両町の間に意見の食い違いがあるようです。
ということですが、広報ゆのまえのほうは「(もともと)湯前町(だった場所)にあることになります」と補って読めば矛盾はしないのかな、と。厳密には現地なり役場なりで状況を確認しないとわかりませんが。

これで1つ同じような例を思い出したのですが、群馬県の嬬恋村には浅間火山観光のための施設「長野原町営浅間園」があります。しかし、これの公式Webサイトのアクセスの「所在地・連絡先」の欄に書かれている住所はどういうわけか「長野原町北軽井沢」なのです。広報ながのはら平成29年4月号についている浅間火山博物館(現在は閉館)の無料招待券の裏面の住所もそうなっていますし、群馬県が制作した平成30年度群馬県民の日記念事業一覧でも同様です。しかしその一方、浅間園の郵便番号である〒377-1405は、日本郵便の郵便番号検索では「群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原(モロシコ「浅間園」)」となっています。そもそも、長野原町が定めている長野原町営浅間園の設置及び管理に関する条例では、
嬬恋村大字鎌原字モロシコ1,053番地26に設置する。
と、思いっきり嬬恋村の住所が書かれているのですね。あと、浅間園の公式Webサイトのドメインは長野原町営の施設なのにhttp://www.asamaen.tsumagoi.gunma.jp/
となっていて、嬬恋村(https://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/ )と同じサブドメインが使われているのも不思議です。

ちなみに、オーストラリアのカウラという町には日本人墓地があり、そこは日本の領土とされているというトリビアがありますが([70031]じゃごたろさん)、水上中学校と浅間園はこれの日本国内版とも言える事例なのでしょうか。
[101276] 2021年 1月 11日(月)19:12:42MasAka さん
Re: 行政機関の管轄区域
[101272]にまんさん

国の出先機関(正確には「地方支分部局」と言います)は所管業務によっても地域区分が異なる場合がありますね。

<例>
経済産業省経済産業局:電力に関することについては新潟県は東北経済産業局、長野県・静岡県は中部経済産業局の管轄
国土交通省地方整備局:福井県の敦賀港、長野県内の信濃川水系に関することについては北陸地方整備局、長野県内の天竜川・矢作川・木曽川水系に関することについては中部地方整備局の管轄
環境省地方環境事務所:磐梯朝日国立公園の新潟県区域は東北地方環境事務所、上信越高原国立公園・中部山岳国立公園の新潟県区域は中部地方環境事務所、秩父多摩甲斐国立公園・南アルプス国立公園の長野県区域は関東地方環境事務所の管轄

電力は電力会社の地域区分、港はどちらの海に面しているか、河川は最下流の都道府県、国立公園は主要な区域がどちらにあるか、で例外を設けていることになりますが、一見するとわかりづらいです。

本題から話が逸れましたが、個人的には同じ報道機関がそれぞれのニュースごとに地域の定義がバラバラになっているのは困るので、報道機関の中で表現が統一できていればどちらでも良いという考えです。「新潟・北陸」の表現はおそらく全国統一組織で厳密に地域ブロック分けがされているNHK固有の話であり、民放の場合は基本的に県域ごとの別会社なので(地域ごとのつながりがNHKほどではない)、おそらくあまり意識されないのでしょう。ちなみに、全国紙である読売新聞の記事にも同じ表現が見られます(2021年1月10日付「分岐した寒気が日本海上で合流、雪雲の連続発生で記録的大雪に」)。

あと、過去に[90505]でも書きましたが、日本応用地質学会という学術団体の各地域支部は学会規則によると北陸支部は新潟県1県の会員のみで構成され、富山・石川・福井の3県の会員は中部支部に属するという不思議な区分になっています。


… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳

Copyright(C) 2021 M.Higashide from 2002.3.10
パソコン表示スマホ表示