都道府県市区町村
落書き帳

トップ > 落書き帳 >

メンバー紹介

>
右左府さんの記事が5件見つかりました



記事番号記事日付記事タイトル・発言者
[100368]2020年10月7日
右左府
[100363]2020年10月6日
右左府
[99986]2020年7月15日
右左府
[96972]2018年11月3日
右左府
[95067]2018年1月8日
右左府

[100368] 2020年 10月 7日(水)22:38:21右左府 さん
中学校のない市町村、新庁舎開庁予定
[100364] 未開人 さん
過去記事 および 他事例のご紹介、ありがとうございます。既出の話題でしたか……。
現状、事務委託は西目屋村と平谷村の2例のみなのですね。過去には他にもあったのか気になるところです。

中学校のない市町村、平成の大合併前の旧市町村単位で見ると事例は年々増えているでしょうね。


[100366] グリグリ さん
新庁舎・移転情報、落書き帳未出で他にも把握しているものが幾つかありましたので、併せて情報提供いたします。
既出・把握済みでしたらすみません。いずれも昨年以降に現地訪問したものです。


新庁舎建設工事中

福島県伊達郡桑折町
令和3年1月供用開始予定 ストリートビュー

千葉県旭市
令和2年度末?供用開始予定 ストリートビュー

京都府向日市
令和2年度末?供用開始予定(現庁舎敷地内)

京都府長岡京市
令和5年4月供用開始予定(1期庁舎/現庁舎敷地内)

香川県丸亀市
令和3年3月供用開始予定 ストリートビュー


新庁舎建設予定

大阪府三島郡島本町
令和4年度末供用開始予定(現庁舎敷地内)


庁舎仮移転中

埼玉県志木市
令和元年末をもって旧庁舎での業務終了、令和2年1月より仮庁舎業務開始、令和4年5月新庁舎供用開始予定(旧庁舎地内)


志木市の仮移転については、条例上の事務所の位置は旧庁舎のままとなっておりHPでも「仮庁舎」の表現となっていますし、役場一覧の反映対象外でしょうか。
主たる機能は志木駅前の複合商業ビル フォーシーズンズ志木 内に置かれており、見た目 はマルイです。
(そういえば最近、「居抜き役所」が Twitter上で話題 になっていました。)

旭市の現庁舎は見た目にもかなり老朽化していますね。
首都圏に住んでいると東日本大震災関連のニュースで旭市役所の映像を見かけることもしばしばあり、いつになったら建て替わるのだろう……と気になっていました。
[100363] 2020年 10月 6日(火)22:14:44右左府 さん
秋田県の人口
だいぶ遅くなってしまいましたが……
落書き帳記事番号100000達成おめでとうございます。
私の初書き込みがもう15年半前、記事番号はまだ3万番台でした。
当時まだ16歳でしたから、もう人生の半分近くのお付き合いになるんですね。
貴重な学びの場を提供して下さった グリグリさん 初めメンバーの皆様に改めて感謝申し上げます。


さて、先日 秋田県の9月1日現在の推計人口が公表 されましたが、
我が地元・能代市 の人口が遂に 5万人 を割ってしまいました。
地元紙の 秋田魁新報 9月26日付の記事でも報じられております。
能代市の人口5万人割れ、1日現在 合併から1万2千人減

また、北秋田市の人口も3万人を割り、にかほ市・仙北市・男鹿市・鹿角市に続いて2万人台突入です。
平成の大合併直後は10万人を超えていた横手市も今や8万5千人ほど。
県全体で人口減少のスピードが著しく、この先どこまで減るのかと気がかりです。私もそのマイナスの中の1人ではありますが……。


話は変わりまして、先日青森県は津軽を訪ねてきました。
地元からは白神山地を隔て遠い存在だった西目屋村にも初訪問。
この村、現在は村内に中学校がないんですね。隣の弘前市にある東目屋中学校に通っているとのこと。
組合立になったのかな?と思いきや、同校は弘前市立。
調べてみると、西目屋村が弘前市に 中学校教育事務を委託 していると知りました。
こちらの 東奥日報の記事 にも「全国的にも珍しい中学校教育の事務委託」とありますが、他に同様の事例はどれだけあるのでしょうか。

ちなみに、西目屋村役場の向かいにある旧津軽ダム工事事務所では何やら改修工事をしていました。
工事内容を知らせる看板には「西目屋村役場電気工事」などと書かれており、今後役場がこちらへ移転するようです。
東奥日報 によると今年12月移転予定とのこと。)
[99986] 2020年 7月 15日(水)00:07:38右左府 さん
生存・近況報告
ご無沙汰しております。前回書き込みから1年半以上経ってしまいました。
このところは不定期にさーっと流し読みする程度でしたが、[99957] hmt さん に名前を出していただき恐縮しているところです。

ご紹介いただいた大潟村・小笠原村の村制施行に関する記事 [53892] 、高校生の時分に小さな頭でよく調べたものだなあ……と我ながら感心いたしました(^^;)
内容は既に忘却の彼方、改めておさらいしております。

能代工業高校の統合について、個人的には名前がどうこう以上に能代市内の高校が半減してしまうことの衝撃が大きいですね。
旧二ツ井町を含め市内に6校あった高校は、既に能代北・能代商業が統合して能代松陽に、来春には話題の能代工業・能代西が統合して能代科学技術に、二ツ井は能代の定時制分校に変わります。
背景には、全国的に見ても著しいペースで進む本県の人口減少や少子化の進行があるでしょう。県人口は既に100万人を割り、能代市の人口も旧市域どころか合併後の新市域で5万人割れが近づいています。

* * * * * * * *

前回の近況報告以降も全市町村踏破の旅や役場巡りは細々と続けておりますが、平成の大合併から十数年の経った旧市町村を訪ねると以前にまして時間の経過を感じさせられます。

昨春には改称直前の篠山市を訪ねましたが、旧丹南町役場の跡地が分譲宅地となっており、もはや痕跡も見出すことの困難な状態には驚かされました。(現地を訪ねるまで知らず……)
市中心部は城下町の風情漂う街並みが印象深く、観光地としても魅力を感じる町でした。宿場町の街並みが残る福住地区にも足を延ばしたかったのですが、時間の都合で断念。遠くないうちに再訪したいなと思っております。

震災発生以降なかなか行けずにいた岩手・宮城・福島の沿岸部市町村も、この2年でようやく大半を訪ねることができました。
震災以前に訪ねたことのある気仙沼や宮古などはいずれも9年ぶりの訪問。当時見た市街地が跡形もなくなった南気仙沼駅前の景色を前に立ち尽くすとともに、当時宿泊したホテルが現地に再建した姿を確認した際には嬉しさがこみ上げてきました。
いわき市は旧5市をそれぞれ訪ねましたが、こちらは平市以外の旧市庁舎が現存するなど旧市の痕跡を随所に見出すことができ興味深かったです。

近場で未訪問の市町村もまだまだ多く、昨年は相模原市の旧津久井町など、今年もふじみ野市などを初めて訪ねました。落書き帳の聖地巡礼をまた2か所果たしたことに感無量です(笑)

今春以降はコロナ禍で満足に旅行もできない状態になってしまいましたが、早く以前のような日々が戻ってくることを願ってやみません。

以上、雑多な内容になってしまいましたが近況報告ということで……。
[96972] 2018年 11月 3日(土)10:39:51右左府 さん
市町村名の字体
予てより気になっているのですが、 福岡県須恵町 の町名表記でしばしば 「須惠町」 という旧字体表記が見られるのは何なのでしょう。

現在町としては新字体を使用しているように見受けられ、 公式HP の大半は新字体表記、 過去の町の広報紙 を見ても一貫して新字体が用いられているようです。

但し、須惠町広報メディア のページ下部には役場所在地が「福岡県糟屋郡須惠町大字須惠771番地」と旧字体で表記されていました。

参考までに、この件に言及した記事をまとめておきました。
「須恵町/須惠町」の表記について
[95067] 2018年 1月 8日(月)23:09:13右左府 さん
第四十七回十番勝負 解答
問一:湯沢市
問三:潟上市
問六:大船渡市
問七:郡山市
問九:男鹿市
問十:米沢市


… スポンサーリンク …


都道府県市区町村
落書き帳

Copyright(C) 2020 M.Higashide from 2002.3.10
パソコン表示スマホ表示